« シンセキという名の鬼門 | トップページ | 白いもん »

2006/03/11

猫が焦げた

私はいつも眠くなる寸前までベッドサイドライトをつけて読書してるんですが……
枕許の右側のスペースは猫のアリーの指定席です。
そこで丸くなって寝てます。
つまりライトの真下。

夕べは本を読んでいると、なんか焦げ臭い……
ん?ん?

げ。
猫の背中から煙がっっ!

ライトにくっつき過ぎて焦げてました。
が、本人は涼しい顔。
毛皮が厚いせいで何も感じないらしい。

よく見ると、シルバーグレイ(猫ギョーカイではブルーといいますが)のジマンの毛皮に茶色い焦げ目が(T_T)
ま、火傷しなかったからいいけど。
ショーに出るわけでもないしね。

よくストーブで尻尾を焦がしている猫なんかもいますが、案外本人たちは鈍感らしい。
ライトはもうちょっと上に上げておこう。051207_095107_M

« シンセキという名の鬼門 | トップページ | 白いもん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
思わず微笑んで読んじゃいました。動物って案外、危険回避しないですよね。。うちのネコも危ないです。。気が気じゃない。

>鈴さん
いらっしゃいませ~。
猫ちゃん飼ってらっしゃるんですね。
ホントにあいつらときたらこっちがハラハラするようなこと平気でやってますからね。
うちにはとうとう観葉植物はなくなりました。(T_T)
いや、これはよじ登られるから枯れちゃったって話ですが。

今日は近所でどっかの飼い猫と戯れました。
鈴付きというのがクラシカルでよかった。
しかし、雑草をかじっているのはなぜ?(^^;

>健探人さん
猫が草を食べるのは、胃を刺激して毛玉を吐き出すためです。
うちの猫は首輪をしてないので、今さら鈴をつけたらノイローゼになるでしょうね。ってかうるさくてこっちがまいってしまうでしょう。

ひぃ~~えぇ~~

ななな、なんてこと!
世界のネコを愛するネコ同好会総長ローズとしては、見て見ぬフリは出来ない事態です。
すぐさまアリーちゃま宛にお洋服を郵送せねば!
もちろん私の手縫い制作にて。

うちの近所でも、焼け焦げたネコがいましたが、それは誰かのイタズラでした。
ムゴイ話ですよね…
(アリーちゃんは焦げてない!)

アリーちゃん。どうぞお大事に。。。

追伸:この画面、すごく読みやすいです♪

>ローズちゃん
いやいや、うちの猫はな~んとも感じてないようで。(飼い主に似て鈍感なのかも)
でも、いたずらで焼くなんて許せんですっ。
私、何がキライって動物虐待と児童虐待のニュースだけは、聞いてて気持ちが悪くなるほど許せんのです……ああ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/9045731

この記事へのトラックバック一覧です: 猫が焦げた:

« シンセキという名の鬼門 | トップページ | 白いもん »