« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/29

満開

桜が満開ですね。
毎年思うんですが、満開の桜を見ると、「あー生きててよかった。つまんないことはまあどうでもいいや」と。
幻想的な夜桜なんて見てると、ホントに樹の根元には死体が埋まってそう……とも思ったりして。
今年はもっぱら歩きながら道端のお花見って感じです。

プロデューサーから「○○○組・撮影予定表」が送られてきました。
満開の桜のシーンの撮影が明日行われるので、ヒマだったらおいでというお誘いです。
行きたいケド……ううむ。さすがに締め切り3本+担当1本を抱え込んでしまったので断念です。

今回の撮影はもちろん春のシーンですが、役者は入れずに撮っておいて後に合成するのです。
さすがに本物の桜の迫力は作り物では無理でしょうから。

昨年来苦労してきたホンがちょっとずつ形になっていくのはうれしいもんです。
お天気に恵まれていい画が撮れるといいのですが。

2006/03/28

同期会

会社員時代の同期会がありました。
誰も住所を知らない1名を除いて全員参加。
たった2カ月で辞めちゃったI君までしっかり連絡がついて出席。
そのことにまずちょっと感動。

指折り数えて、全員が揃うのは20年ぶりぐらいと気付いてまたまた感動。

今も同じ会社に勤務しているのは1人だけ。
誰よりも早く辞めそうだったS君。
人ってわかんないもんです。

女子は私以外の3人でしたが、全然変わってませんでした。
私が一番デブになっていて「肥えたな……」とボソっと言われたりして(T_T)
S子さんは相変わらず色白でスリム、A子はモデル体型変わらず(一体ナゼ!?)、Cちゃんは主婦だというのに、どう見ても高校生の娘がいるようには見えない。
ますますダイエットしようと思ったのでした。

それでも顔を合わせると、あの頃の気分に戻っちゃうのが昔の友達のいいところ。
みんないろんな業界に散ってるから、話も楽しい。

ちなみに同期の中では私が偏差値的に一番アホでした。
入社前のパーティーでみんなが当たり前のように英語を使いこなしているのに焦って、NOVAだのラジオ英会話だのに励んだものでした。
入社してからも英語は当然、損保の勉強も通勤の行き帰りの電車の中でもやってたし、学生時代よりよほど勉強していたのがあの頃。

いっつもそうなんだけど、私はまず実力以上の環境が向こうからやってきて、焦ってそれに追い付くために必死になるというのがパターン。
今の仕事もそうでした。

今各分野で頑張ってるみんなに会って、新鮮でうれしい気分がよみがえってきて、明日への活力がわいてきた感じです。


2006/03/27

東北へ行ってきました

去年の年末から今年にかけてなんだかやたらに亡くなった父が夢に出てきてました。
別にナニってことはなくて、普通に元気よく(?)出てきてたんですけど。

実は去年の3月から墓参りしてなくて、命日もお盆もお彼岸もサボりっぱなし。
そこで実家の用もあったので、スケジュールを無理やり調整して木曜に仙台に向かい、他の親戚のお墓も含めて墓参りのハシゴしてきました。
この日程を決めた途端に夢に出なくなったんで、やっぱり「来い」と言ってたのか……?

まあいずれにしてもご先祖サマを大事にするのは悪いことではないので、気分はスッキリしました。

これは仙台で泊まった老舗旅館の私設博物館にあったダルマさん。
梁の近く、つまりかなり上に祀ってありました。
ここには江戸時代から決して絶やしてはならぬという囲炉裏の火が燃え続けていて趣があります。

義妹の友達がその旅館の娘と付き合った時には、まだ学生だったのに「で?いずれはうちに婿として入ってくれるお気持ちはあるのね」と親に言われたとか。
その娘さんはきっと今頃若女将になってるんでしょうね。
会ってないからわかんないけど。

旅館の女将……カッコいいけど、えらく苦労しそうだ。
朝早くから夜遅くまで働いて、気が利かなきゃいけないし、着物着なきゃいけないし、私には絶対できそうもない。
ってだれもやってくれとはいいませんけどね。

TS330032

2006/03/22

初体験

ダンススタジオの「課外授業」で先生に引率してもらって東宝ダンスホールへ。

一歩足を踏み入れれば、そこは不思議の世界です……
こ、濃い……(深くは説明しませんが)

今回の目的は、世界ランキング4位のジョナサン・ウィルキンス&カチューシャ・デミドヴァ組のデモも見るため。
このカップルは前から好きで、この間のアジアンオープンでも目が釘付けだったんですが、今回はまた一段と間近で見られて幸せ~♪

とにかくすごいです。。
勉強になるなんていったらおこがましいけど。
とにかくカチューシャの美しいこと!ため息が出ます。
後で写真を撮ってもらいましたが、後ろの列にいる私の方が顔がデカイってどーゆーこと!?

ネックや足運びだけじゃなく、ドレス(4着ぐらいチェンジあり)も見とれて、さらにはネイルまでしっかり見てました。
そしたら、S先生も彼女がフレンチネイルだって気付いてたって……女性は見るとこが違います。

ダンスの方は、先生や上手な人に相手をしてもらって、ほとんどスタジオレッスンと変わらぬハードさ……ひー。

なんか濃い~一夜でした。

アンチョコ

TS330026今キャスティングに入っているPに「ヒロインの恋人役、カッコいい人お願いしますね~」といったら、「だったら候補出しなさいよ」と言われ慌てる。
この仕事しててナンですが、あんまり役者さん知らなくて。
仕方なくアンチョコを買いに走る。

そしたら、別件の仕事でもキャスト案が宿題になり、ちょうどよかった。
パラパラ見てると、「おーそうだ。この人いいじゃん」と浮かんでくる。

さて。今日はさらに別件の打合せ@パレスホテルラウンジにて。
「シャシンが多くてねえ、コヤが決まんなくて」とPの言葉。
ん?
脳内変換に1秒を要する。

翻訳すれば「(最近つくられている)映画が多くて上映館が決まらない」ということ。
「コヤ」はわかるけど、「シャシン」はなかなか使えないです、テレビの仕事が多い私には。

2006/03/20

芝で豆腐

TS330021
TS330023芝公園にできた「とうふ屋うかい」へ。
店の真後ろにそびえたつ東京タワー。
純和風の造りになんともアンバランスな彩りがかえってグーです。

個室が全部で53もあるそうですが、予約でいっぱいとのこと。
まあ大広間でもテーブルの間はかなり離れているので窮屈な感じはしません。
とにかく出来立てなのでキレイ。

お料理もおいしかったです。
看板料理のお豆腐もまったりしていてよかったし。
非日常が味わいたい時にはおススメです。

しかし。こうして見ると、私の写真ってヘタくそだなあ。
日頃ドラマや映画を見て「演出がヘン」なんてよくもいえたもんだと思います。
すいません。もういいません。

さて。今週は公私ともに超ハードスケジュールです。
一日に2つ以上アポが入ってると、それだけでグッタリ疲れちゃう根性なしですから。
どうも追われて生活するのは性に合ってないようで。

2006/03/19

春……?

whitedayI先生にいただいたホワイトデーのお返し。
お菓子じゃないってことは、つまり「それ以上、太るなよ!」というメッセージと見た……(__;)
そりゃあねえ、デモで一緒に踊っていただくのに、あちらはスリム、こちらは……では申し訳ないっ。
が、頑張っているのに、ダイエットは全然進まない。なぜ~。(だから食うなよ)

えー。この2~3日引きこもっていました。
体調崩して会議もお休みしちゃったし、余裕があったはずの締め切りも思い切り遅れて……。

それでもなんとか原稿を送って久しぶりにレッスンへ。
おお、いつの間にか外は暖かい。春になっていたのですね。
ときどき見かける近所の猫に綱つけてお散歩しているおじさんも心なしか足どりが軽かった。

で、レッスンでは汗びっしょり。
薄手のレッスンウエア1枚の私が汗だくで、シャツにネクタイにベストまで着込んでいる先生は涼しい顔。
なんでやねん。
どうも私は疲れる踊り方をしてるらしいです。
軽やかじゃないっていうか。
でも、汗だくになるとちょっとは痩せる気がして嬉しかったりして……

2006/03/16

48

いろんなサイトによくあるバナー広告にこんな一文が。

「好きな人の携帯番号を登録ナンバー48にすると両思いになれる」

お。私の48番は誰だろう……

……義妹だ(__;)
別に両思いになんなくていいんだが。

みなさんの48番は誰ですか~。

たまには携帯メモリーの掃除はしなくちゃですね。
とっくに辞めたAD君の番号とかいくつも残ってたりします。
サクジョ、サクジョ~。

2006/03/14

白いもん

年が明けてからなんだか忙しくて美容院の予約を入れてはキャンセル、入れてはキャンセルを続けること5回。
そうなるとどうなるか。
髪がボッサボッサになってきて、カラーした部分が伸び放題になって、若い人ならプリンだけど、私の場合はコーヒーゼリーになっちゃう。

そうなると人前に出たくなくなります。
ましてや打合せなんぞ。
もちろん仕事相手は私がどんなヘアスタイルだろうが、何着てようが、書くもんちゃんと書けば気にも留めませんけどね。
自分がイヤなんですよね。

これはマニキュアがはげてる時なんかも同じ。
人前に手を出したくなくなるカンジ。
あとメイクポーチを忘れて化粧直しができなかった時とか。

そんなことが続いて打合せがあった時、担当美容師さんがおやすみだったけど、無理やり予約を入れてカラー。
そうでもしないとちゃんと闘えない気がして……
(えーえー。Pも監督も気にしないのはわかってますけどね)

……なんてことがあったのはすでに1カ月前。
そろそろヤバくなってきました。

抜くわけにもいかんしね。ンなことしたら毛がなくなる!
なんて思ってたら、今日レッスンで会った先生(25歳)の髪に白いもんが。
「あ、先生。白髪だよ」といったら、「あんた教えて苦労してるから」と言われたけど、「抜いて」と頼まれプチッ。
いいなあ、若白髪なんていって抜いてた頃が懐かしい。

しかし、こう考えると女はかなりいろんな面で武装してるんだなあ。
スッピン勝負してる男性はエライ!と思いますよ。

2006/03/11

猫が焦げた

私はいつも眠くなる寸前までベッドサイドライトをつけて読書してるんですが……
枕許の右側のスペースは猫のアリーの指定席です。
そこで丸くなって寝てます。
つまりライトの真下。

夕べは本を読んでいると、なんか焦げ臭い……
ん?ん?

げ。
猫の背中から煙がっっ!

ライトにくっつき過ぎて焦げてました。
が、本人は涼しい顔。
毛皮が厚いせいで何も感じないらしい。

よく見ると、シルバーグレイ(猫ギョーカイではブルーといいますが)のジマンの毛皮に茶色い焦げ目が(T_T)
ま、火傷しなかったからいいけど。
ショーに出るわけでもないしね。

よくストーブで尻尾を焦がしている猫なんかもいますが、案外本人たちは鈍感らしい。
ライトはもうちょっと上に上げておこう。051207_095107_M

2006/03/10

シンセキという名の鬼門

えー。ノーテンキにネイルの話なんぞしてましたが、疲れました……通夜と告別式。
親族席に座って、数えきれないほどお辞儀もしたし、お骨も拾わせていただきました。

今回は私の親戚じゃないです。正確には。
“ヨメ”の立場だったんで、勝手に帰るわけにもいかないし。(←当たり前)
猫100匹ぐらいかぶって大人しく目立たないようにしてたんですけど……

アレですね、口さがない親戚っていうのはどこにでもいるもんで、覚悟はしてたけど、やっぱり攻撃されましたねえ。
ナニがって、コドモがいないことについてですわ。

いや、私の場合、別に欲しくて欲しくてできなかったとかじゃないし、子供がいない分だけ自分に振り向けた時間や経験に何の後悔もないし、老後誰も面倒見てくれないことだって覚悟しとります。

だからね。言われたくないのね。他人にとやかく。

今回はうっかり猫好きの叔母にうちの猫の写メなんて見せてたもんだから、「猫なんかにかまけてる場合じゃないだろ」という発言を引き出してしまった。
うかつだった!

私は、新婚当時「子供はまだか」と毎週電話してくるシュウトメに「そんなにゃ欲しけりゃ自分で産めば」とか言っちゃうようなオニヨメですから、何言われたって陰でヨヨヨと涙するようなヤワな女じゃございません。
逆に「大きなお世話。デリカシーのないコメントありがとー」とかってケンカ売っちゃいそうで自分がコワかった。
我慢しましたけどね。
ケンカしたら一生尾を引きますから。

でも、考えてみれば、独身なら「結婚はまだか」、結婚してても子供がいなけりゃ「まだか」、一人しかいなきゃ「2番目はまだか」、女の子しかいなきゃ「次は男を」……挨拶代わりのように無神経な発言はあるわけで、シンセキというコミュニティーの中で、無敵なのは『子供が男女それぞれ合計2人以上いる』夫婦だけかもしれませんね。

まあ今回は得体の知れない私の職業の話には至らなかったので、その部分に関してはホッ……です。

2006/03/08

束の間のキラキラ

急に通夜+葬儀に出席しなきゃいけなくなりました。
いや、葬式は急なもんに決まってるケド。

仕事のやりくりはなんとかするとして……

問題は爪!
きのうネイルサロンでパール入りさくら色+シルバーラメ、やったばっかし……(__;)
やっぱまずいよねえ、キラキラは……。

持病の関連で爪が異常に薄い私は、最近アクリルを載せてるんですわ。
スカルプの長さを出さないヤツです。
これだと爪が欠けなくなってとってもいい&色もちがいい!
2週間は平気でもつ!

でも、色を落としただけだと、なんか不自然なんですよね。
白っぽくて。

てなわけで、慌ててネイルサロンに電話したんだけど、明日は予約がいっぱい。
仕方ないからベージュのマニキュアを買ってきました。
明日出かけるギリギリに塗り直そう。

……なんてノーテンキなことを書いてますが、遺族の方は悲しみの中ですね。すいません。
故人は80過ぎの大往生だったようです。
冥福を心より祈ってます。それだけはホントです。

2006/03/07

かかか……

かかかか、確定申告です。
うーーー。面倒くさーい。
よいこの自営業のみなさんは終わったのでしょうか。

税理士に丸投げっていう同業者も多いですが、私の場合、そんなに稼いでないし、相談会で十分。
でも、見てもらわないと自分じゃ書けないです。何年たっても。

去年はよく働いたけど、振り込みはみーんな今年だから全然少ない少ない。

1つ考えてること。
去年からハマッたダンス。
作品中にダンスシーンが登場するのが2本!
1本は設定中の決められた必然、でも1本は完全に趣味!(超ベテラン俳優さんにルンバを踊ってもらおうと画策中)

これって経費じゃん?
取材費って名の。
へへへ。
税務署なんていうかしらん……?

励ましてはいけない

私、ちょっと面白そうだなと思うとすぐ登録しちゃって、毎日結構な数のメルマガが送られてくるんですが……

最近届いたなかで「へえ」と思ったこと。

限界まで落ち込んでいる人、ウツの人に「頑張って」といってはいけない、というのは昔からよく言われていましたが、それってプレッシャーになるから、だと思ってたのですが、その心理というのは、

頑張れ=「頑張ってない」今の自分を受け入れてくれないのね

と感じてしまうからなんだそうで。

同様に、よく専業主婦の奥さんが会社から帰った夫が「話を聞いてくれない」とこぼすケースがありますが、それを反省した夫としては「今日ったらこんなことがあったのよ」と言われたら、「そうか。じゃあ、こうすれば」とよかれと思って口にする。

が、これもよくないことが多い。

なぜなら奥さんはただ聞いてほしいだけだから。

聞いてくれればいいのに解決策を出されたら、今の現状ではよくないと言われているのと同様に感じてしまう。
(そりゃ、解決策が必要だし有効な場合は多々あるでしょうが)

悩んでいる人にはまず寄り添うこと、これが大事らしいです。

2006/03/06

香港みやげ

hongkongこの前中国のポッキーを送ってくれたいとこが今度は香港に行ってきたから、とまたまた山ほどお菓子を送ってくれました。

これは……おしるこでしょう。
レトルトなのであっためて食べればいいみたい。
おやつにしよう。

おやみげについてた手紙が旅のレポートみたいでおもしろかったので、一部勝手に引用させてもらいます。
著作権はないのか?ないです。(笑)

香港は食べて、歩いて、買物して、夜景見て、深夜まで賑やかで、国際色豊かで……大陸とは全く違い、総体的な繁栄がどこからも感じ取れる街でした。
その意味で、制度上、国の枠組みは中国であるとはいえ、別物の社会という印象を受けます。
確かに長い間、イギリスの支配下にあったからという事情もあるのでしょうが、でもだからといって欧米的かといえば、またそれも違う空気です。
香港(人)は香港(人)であって、それ以上でもそれ以下でもない……そんなメッセージを感じるとることができました。
アイデンティティは側面では決して中国人とは言わない、でも文化的な側面もイギリスではない。
教育システムも経済も、そして人々の日常も、広東語、広東文化を中心に自分たち独自のアレンジがほどこされていて、外からも大いに影響を受けている……現在進行形の香港は玉虫色のとてもおもしろいところでした。

まだ前後あるんですが、こんな感じで。大学院の留学生のお友達との旅行だったらしく、違う視点も交えていろいろ見聞きしてきたようです。

香港は、私にとっては、まだ父が生きていた時に兄弟全員とその連れ合いというメンバーで訪れた、あの時の両親の嬉しそうな顔は一生の想い出かな、という国です。
そのうちまた行きたいな。

2006/03/04

肩こりしなくなった

去年までの私はものすごい肩こりで、ひどいときには腕が上がらなくなり、頭痛がして目がチカチカ……で3日おきに鍼治療に通わないと生きていけないほどでした。

職業病かとあきらめてたのだけど……

ふと気付いたら全然治療にいかなくてよくなっていた!
なんでだろーと考えて、いくつか考えられるのは、

★ダンスを始めた(ホールドで腕を上げているうちに筋肉が発達した)
★加圧トレーニング(全身の筋肉をまんべんなく鍛えている)
★レーシック手術(近眼を治してコンタクトが不要になった)

どうやらこれ全部が複合的によい方向になってるんじゃないか、と。
もちろん締め切り前とかで一日中パソコンの前にいた時なんかは、疲労感を感じるんですが、以前みたいにもうダメ~ってほどにはならない。

ま、いずれにしても運動不足はいかんってことですね。
てなわけで、今日はダンスの方は先生が九州の試合に行っちゃったからレッスンなしだけど、夕方から加圧トレーニング、明日はダンスの個人レッスン+サークルレッスンの予定。

我ながら運動嫌いの一昨年までとは驚くほどの変貌……かも。

梅は咲いたか桜はまだかいな

ume小石川後楽園の梅です。
私なんかよりはるかに忙しい友人たちと無理やり忙中閑つくって梅見。
ここはもと水戸藩の屋敷跡で、庭園のそここに京都の名所を模した趣向が凝らしてあります。
八橋とか清水の舞台とかね。(跡だけだけど)
水戸の光圀公もかつてここを歩いたんだなあと思うと感慨深い。

いつも名所旧跡を歩くと思うけど、ふと時空がゆがんで、その頃にタイムスリップしちゃったらどうしよう……なんて。
絶対ないけど、本気で考えちゃう。

ランチはドームホテルで京料理を。
みんな日頃は締め切りに追われてチャチャッとパソコンの前で済ませちゃうような貧しい食生活だと暴露し合う。
それに疲れてくるとカツ丼食べたくなるのが私だけでないと知ってかなり安心しました!

梅はそろそろ終り。
次は桜だなあ。その次はつつじで、その次が菖蒲。
花よりダンゴだけど気軽にイベントつくるのっていいかもと思った半日でした。

2006/03/01

弥生

ややっ。気がつけば3月になっているではないですかっ!?
年明けからずっとバタバタしていたら春の足音もすぐそこって感じです。
あー温泉行きたい……休みたい……。

テレビっていうのは、チャンネル回せば必ずなんかしらやってて、観るのもお気楽だけど、作ってる方もチャッチャッとやっているように思われるかもしれないけど、舞台裏じゃ大変です。
「どーーーすんだよー。放送するものがねえじゃねえかっ」
なんていうのは日常茶飯事。

かくして今週はそんな怒濤のスケジュールと相成りまして、ダンスのレッスンまでキャンセルして(涙)、台本書いてます。
ロケは週末です。えーん。
いや、一番泣きたいのはディレクターさんだけど。

そろそろこの追われる感じで仕事するのがつらくなってきたお年頃です。ハイ。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »