« ものぐさなのかエラソーなのか | トップページ | めざせ!年のコウ! »

2006/02/11

ハナキン

私はこれでも8年近い会社勤めというカタギの時代があるのですが、その頃一番好きだったのは、やっぱり金曜日でした。
花金という言葉、今でもあるのかな。
わーい、これから2日休める~♪という開放的な気持ちの高揚は忘れられませんね。

ほとんど毎週金曜は19時から数時間の会議が恒例になっている今でさえ、金曜になるとなんだか嬉しくなってしまうのです。
全然休みの前触れなんかじゃないのに。

だいたいこの仕事は週の後半に打合せだと、「じゃ、週明けに原稿ね」となって、、「テメエ、それは週末休むなってことかよっ(心の叫び)」という世界なんですが、それでも金曜だけは「まだあと2日あるしィ」なわけです。

だから金曜は全く仕事がはかどらない。
会社員辞めてからもうかれこれ10年以上経つのに、習慣?経験?刷り込み?とはオソロイものです。

えーそんなだらけモードの金曜日。
3週間ぶりにアメリカから戻ってきたT先生のレッスン。

「硬いねえ。一人で踊ってんじゃん。それじゃボクいらないじゃん」とキビシイお言葉。
うまく踊ろうとするあまり、相手のこと考えてませんでした。
ホールドとボディを徹底的に直される。
あーなるほどな目からウロコのレッスンでした。

社交ダンスはスタンダードもラテンもとにかく男性の「リード」を「聞かなければならない」仕組みになってます。
次にどう動くか、男性の動きをちゃんと聞かないとダメなんですねえ。
やれやれ道は遠い……

と、ダンスには出かけたくせにPを出先まで呼び出した金曜日の夜が更けていきます。
ええ、もちろん週明けには締め切りの山です……でも、今日はもうなんにもしないぞー!

« ものぐさなのかエラソーなのか | トップページ | めざせ!年のコウ! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうそう、よくわかります。
でも男性は男性で最初大変なんですよ~。
会話で言うと、男性は最初に話さないといけない。しかも女性が聞いてくれるタイミングで。
聞いてもらうには、一定の手続きがあるんですよ。それに気がつくまでどれだけの時間を費やしたか・・。

ダンスって役割分担。女性は、聞いた後に何をするかは女性の仕事で男性はずっとフォローで、その次のリードがフォローの間にスタートで・・。男性は黒子でもあり舞台でもありタイムキーパーでもあり。女性は舞台の役者って気がします。だから聞いてね~。

>よしぴーさん
そーですよね~。男性の方が3倍大変なんですもんね。
でも、男性が舞台で女性は役者、っていい表現ですね。
女性にしてみれば、キレイに踊らせてね~って感じですもんね。

今日は女性の先生にホールドを直してもらいました。
これまた目からウロコの連続で。
果てしないですか、キレイに踊れるようになりたいですう(^o^)

えへへ、金曜何もしないで、今頃青くなってんじゃないの~?

>eriちゃん
へへ~ん。まだ青くなってないよー。
っていばってどーする!?
夜は長い!……のか……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/8602141

この記事へのトラックバック一覧です: ハナキン:

« ものぐさなのかエラソーなのか | トップページ | めざせ!年のコウ! »