« めざせ!年のコウ! | トップページ | 競技会 »

2006/02/12

目がさめたらトリノ

始まりましたねえ。オリンピック。
やっぱり競技はオンタイムで競技と競技の間の解説も含めて見るのが正しい見方だと思うし、臨場感があるもんです。

が。そんな時間はないのが誰しも現状。
時差の関係で大体夜遅くだし。

私が今回観たいのはフィギュアスケートだけです。
夕べからペアの規定が始まりました。
3時に寝たので、寝る前に録画セット!

朝起きると「HDD不足により全部録画できませんでした」の表示。
ナニ~~ッ。
WOWOWで録画したまま見てない映画とか正月からのドラマとかでいい加減HDDが満杯状態だったのです。

でも、一番楽しみにしていた井上怜奈・ボールドウィン組はしっかり録れてました!
このカップルの逸話はすでに報道されているとおりなんですが、番組で取り上げかけたことがあって、井上選手の半生についての資料は読みまくった関係上、とっても思い入れがあるんです。

五輪史上初めてのスロー・トリプルアクセルが決まった瞬間は、鳥肌もんでした。
縁起が終わったあとのボールドウィン選手の優しい抱擁とか……

父の死、みずからの肺ガン、卵巣破裂と、これでもかってぐらいの苦労をして12年ぶりに立った五輪の舞台。
しかも、この二人、シングルのままだったらまずトリノに来ることはできなかった選手なわけで。
二人が1つになってかちえた栄光の場ってわけです。

予選は残念ながら6位通過だったけど、このあとも頑張ってほしいなあ。

その前にいくつか映画をあきらめて削除してHDDに空きをつくらなきゃ!

« めざせ!年のコウ! | トップページ | 競技会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

井上怜奈さんの記事は今日新聞で読みました。
これでもかの苦難の人生、それでも舞台に立つための努力と運をつかむ前向きな姿勢。
見習うべき強さと、自分の人生の生きかた。
がんばってほしいです。
人生のハッピーは自分が決める、はじめ方も生き方も自分が決めることができるのだなあと思いました。

>よしぴーさん
ホントにそうですね。井上選手は「努力する才能」が優れていると子供の頃から言われていたそうですし。
たまたま今日届いたメルマガに「死ぬ気で努力した人間」だけが成功をつかめる、とあったんですが、彼女の努力はそれはそれは並大抵じゃなかったわけですしね。

それと同時に彼との出会いですよ、なんたって。
相乗効果というか、まるで化学反応みたいに一人じゃダメだったのが世界で彼らだけという技を生み出せるカップルになっちゃったんですからね。

社交ダンスと一緒で、一人ではできない動きができるのがペアやアイスダンスの魅力なんで、ぜひぜひ見続けたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/8619798

この記事へのトラックバック一覧です: 目がさめたらトリノ:

« めざせ!年のコウ! | トップページ | 競技会 »