« 人前に出せないワタシ | トップページ | 切羽詰まるとなぜ眠い? »

2006/01/24

スターひばり

_331先週の京都旅行のハイライトの1つ、美空ひばり館の外壁です。

美空ひばりというと、親の世代のスターで唄も映画もいっぱいやった人ぐらいのイメージしかなかったのですが、その足跡をたどるこの地下一階地上3階建ての立派な記念館を隅々まで見て、本当の意味で彼女がスターだったのだとよーくわかりました。

“魚屋の唄の上手なカズコちゃん”がいかにして大スターの座に上り詰めていったのか、そして輝くスポットライトを浴び続けたその栄光の光が強い分だけ、私生活の影は濃かったり、全く人生そのものが映画のようでした。

圧倒的な歌唱力とメリハリのある演技力。
今白黒のフィルムで見ても「すごい」と素直に思います。
あれだけの存在感の出せる役者は今そうはいないですもんね。

驚いたのは、ステージで見る印象とは違って、ひばりさんの身長はわずか150.4センチだったということ。
あれほどまでのスターってもう出てこないのかもしれませんね。
亡くなっても決して忘れ去られることはないでしょう。

« 人前に出せないワタシ | トップページ | 切羽詰まるとなぜ眠い? »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント


はじめまして、私もひばりさんを尊敬するひとりです!
あの素晴らしい歌声や俳優としての才能には脱帽ですね、女王ひばりはこれからも人々を魅了し続けることでしょう~、私もブログでひばりさんについてふれました、よかったら遊びにいらして下さいね~、ではまた!

>ルーシーさん
いらっしゃいませ。
亡くなってもなお人の心に残り続けるスターはそう多くはありません。
いつまでも人の心の中に生き続けてほしいと思います。
ブログの絵、ステキですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/8320344

この記事へのトラックバック一覧です: スターひばり:

« 人前に出せないワタシ | トップページ | 切羽詰まるとなぜ眠い? »