« 舞台「渡る世間は鬼ばかり」 | トップページ | 実は京都へ行ってました »

2006/01/16

猫年がない理由

先日、猫年がないのは、干支を決める時に猫の尻尾にねずみがしがみついていて……という話を書きましたが、間違ってました。
すみません。うろ覚えで勘違いしてました。

正確には、神様が干支を決める時、「元旦に挨拶に来た順番に決める。ただし先着12匹まで」とお触れを出し、その日にちを忘れてしまった猫がねずみに聞いたそうです。
ねずみはライバルは少ない方がいいと考え、「1月2日だちゅ~」と答えました。
で、自分は一番に駆けつけたウシの背中に乗っかっていて、ゴール寸前に飛び込んだので子年が一番になった、というわけです。

当然ウソを教えられ猫は12着に入ることができず、それ以来ねずみを恨んで追いかけ回すのだそうで。

« 舞台「渡る世間は鬼ばかり」 | トップページ | 実は京都へ行ってました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

つまりネズミは意地悪いヤツってことですかね?

まんが日本昔話で見ましたw

誰が考えたかわかりませんが、面白いお話ですよね^^

>kenken
ねずみは意地悪なんですかねえ。
世間的なイメージは猫の方が意地悪そうですけどね。単に目がつり上がってるからかもだけど。

>ひなたさん
あ、あの番組で取り上げてたんですか!?
結構有名な民話なんですねえ。
しかし、寅よりも丑の方が速かった、っていうのも信じがたいですけどね(笑)

トムとジェリーでも、大きくなってみてみればジェリーの方が結構意地悪かったりしますよね。

>よしぴーさん
あはは。確かにトムジェリもそうでしたね。
トムはかなりマヌケに描かれてましたっけ。
人間でもいますよねえ。
一見かわいらしくトロそうに見えるんだけど、すごーく計算が上手な人って(笑)

おう!?ちょっと見ない間にお正月ムードじゃないですか!!かなり素敵です。

で、13番目の干支、『猫』ですが、我が家にも可愛いメス猫が1匹ほどいます。

今年の、お正月は戌年だったせいか、年賀状には親バカぶりが発揮されていました。

そこで、愛猫家の私にも親バカぶりをと…。

来年は『亥』ですがその次の年は『猫年』ですよね??

ははは。ネズミなんかに負けてたまるかー!!

再来年の年賀状をお楽しみに~♪

>saori先生
もうお正月じゃないですよねー。また模様替えしなきゃ。
そうそう。年賀状、今年はかなり愛犬のが多かったです。私も猫を犬だと言い張って作ればよかった!
亥年の次は猫年に決定!?
ちなみにワタクシ、来年の年賀状はダンスの写真にできないか……と秘かにすんごい野望を抱いているんですが(笑)

先生ンちの猫ちゃんはいつもレッスン着についてる毛でお会いしているので他人って気がしません(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/8185256

この記事へのトラックバック一覧です: 猫年がない理由:

» 猫年 [sach a pretty house. such a pretty garden.]
(画像をクリックで拡大できます) なぜ干支に猫年がないのか? 調べてみました。 「なぜ干支に猫年がないのか」 昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出したそうな。 「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く....... [続きを読む]

« 舞台「渡る世間は鬼ばかり」 | トップページ | 実は京都へ行ってました »