« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/31

今年もお世話になりました

年内の話題は年内のうちにというわけで、更新が珍しく続いております。
これがただの週またぎなら関係ないんですけどねー。

2005年も暮れていきます。
いつもながら1年あっという間でした。
今年はいい年でした。
なんといっても人との出会いに恵まれました。公私ともども。

去年来いろいろ続けてきた自分の能力(脳力)開発の結果がいろいろ出てきたのは感じました。
春先までなんとなくパッとしない気分が続いてたんですが、私が一番信頼しているインド占星術で秋以降の運気上昇を言われていたので、焦らずに待つことができました。
実際言われたとおりの展開になっていきましたし。

仕事は、楽しいことばかりでした。(締め切り前の苦しさは別として)
書きたいものを書きたいように書かせていただくなんて、ちょっとないくらいハッピーでしたねえ。
出会ったスタッフもみんないい人ばかりだったし。
この勢いは来年以降も続いてほしいものです。

プライベートでは、毎年呪文のように言ってるダイエットと貯金。
これは全然。たまらなくていい脂肪ばかりたまってお金は出て行くばかり。くう~逆になったらいいのに!

そして、ソシアルダンスを始めたこと。
健康のためだけでなく、仕事とは全然違う人間関係が広がったこと。
そして、考え方そのものが自分の中で変化しました。
細かいことにこだわらなくなったというか(それは前からだろ?と思われるかもしれないけど、結構つまんないことでくよくよすることあったんですよ)、人は人、私は私、と特に家庭内においていい意味での不干渉が可能になったといいますか。
長く続けられる楽しみを見つけられてよかったなーと思ってます。

それから、ネット上ではたくさんのステキな人と知り合ったり、懐かしい人たちとの再会を果たしたりと楽しかったですねえ。

メディアはどんどん進化していきます。
仕事も数年前では考えられなかった展開が出てくるようになったり、個人の電脳生活も多様化していきますよね。
2006年は果たしてどんな年になるのでしょうか。
わくわくしながら臨みたいと思います。
051229_190743


来年もどうぞよろしく!

今年最後の寿司

051230_202357昨日、映画の前に腹ごしらえ@西麻布「若井」にて。
仕切りのあるカウンターなのでとても落ち着いた店内。

これはとっても上物だというウニ。崩れたところが全然なくて、しっかりしていて、それでいて舌にとろけました。
何を食べてもおいしかったです。

まだ入ってなかったけど、戦後2番目という300キロのマグロが築地に上がったそうですね。
ついた値段は1000万ちょいとか。
トロの握りはいくらになるのかと思ったら、この店では意外にも1カン1800円。
同じマグロが銀座の清太なんかにも行くそうで、あちらでは倍以上のお値段になるので、「うちはお得だよー」と親方。

お寿司じゃないけど、ししゃもの一夜干しが最高に美味でした。

実は今日大晦日はワタシの誕生日です。
戸籍は元旦ですけどね。
だから、絶対忘れていたに違いない同行者に「一日早い誕生祝いだよねっ」と念を押して無理やりおごらせました。

しかし、おいしいものを食べてる時は幸せ~♪
2005年もあと8時間になりました。

「Open Water」

新作DVDレンタルが始まった映画「Open Water」(公式HP紹介しようと思いましたが、異常に重たくて開かないので断念)を観ました。

13万ドルで制作され、大ヒットした海の恐怖ものです。
カリブの海に休暇で訪れた夫婦がダイビング船に取り残され……というストーリー。
ストーリー自体は単純極まりないし、サメもなまじ本物(エサをばらまいて呼び寄せたとか)なので、逆に「ジョーズ」みたいな演出がない分リアル過ぎて迫ってくるアップなんかはないんですけどね。

怖いんですわ。

ただし、私が一番怖かったのは、取り残されてからじゃなくて、今まさに置いていかれるところ。
だって海外のダイビング船ってホントにああいう雑然とした感じなんですよねえ。
英語が母国語じゃないガイドは大抵陽気で大雑把。
ホントにありそうなんだもの。

私、ダイビングはほとんどペーパーで、ハワイとサイパンでしか潜ったことないし、潜る時もイストラクターがつきっきりという状況なので、まあ置いてかれる心配はなかったですが、一度だけ海の中でインストラクターとはぐれちゃったことがあって、あの時の恐怖ったら!
見渡す限り海ですよ!海!(←当たり前)

その時は海岸からたった10数メートルしか離れてない場所だったのに、瞬間的にパニックになりました。
もちろんすぐ見つけてもらえたし問題もなかったけど、その2~3分の間に酸素4分の1も使っちゃいましたからね。人間焦ると呼吸が速くなるらしいです。

そんなわけで、来月オープンウォーターCカードのライセンスをとりに行く友達に「見た方がいいよ」と言ったら、
あっさり「いやっ」と断られました。
ホントに見た方がいいのにな……

2005/12/29

対外的仕事納め

海外だとクリスマスツリーは25日が過ぎても平気で年明けまで飾ってたりしますが、日本は26日になるとさっさと門松に取り替えちゃいますねー。

051229_114938これは渋谷の東急ホテルセルリアンタワーのロビーのお正月飾りです。
なんで私がこんなところにいたかというと……

昨日一本の電話がかかってきて、
「あなた、今スケジュール、どうなってたっけ?」
「えーとあれがこうで、年明けにうんたらかんたら……」
「そ。じゃ、精神的に余裕あるよね」
「へっ?」
「明日何してる?」
「……えーと2時に加圧トレーニングが」
「じゃ、12時に渋谷で打合せね」
「え、あ、う……は、はい」(そ、それは正月も働けということですかい。が、貧乏性なので断れず)

てなわけで、年の瀬に新しいお仕事に突入。
これが今までやったこともない分野だけど、メチャメチャかわいい!(って何のことやらですね)
かわいくて夢があって誰も死なないし、血も出ない!(そこが好みと違うだろーと突っ込んだ人、いますね)

それやこれやで対外的な打合せ、締め切りは今年はこれで終了。
やることはあるけど、よくある大晦日打合せとか元旦締め切りはないのでかなり気分的には平和なお正月が過ごせそうです。

2005/12/27

Dance Party

先日のダンスパーティーです。
仕事が全然終わらなくて1時間半も遅刻して行きました。

ダンスを始めて半年。パーティーも初めて、ナマで見るのも初めて。
初めて尽くしで何を見ても楽しく勉強になりました。
特に女性のドレスは息をのむ美しさ。

ただ、ドレスが美しくてもシェイプラインがキレイじゃないと台無しだなあというのも学びました。
月曜レッスンのS先生は女性がいかに美しく見えるかというのを徹底して教えてくれるので、来年に向けていい目標ができました。
目標?それは人前で踊ること!

_308私の先生(男性の方)のワルツのデモ。
あえて顔のわからない画像で失礼。

_305オーナーのN先生ご夫妻。
数年前のショーダンス世界選手権6位のお二人。
迫力~。

いろいろ学んだことの1つに、男性の燕尾服って、ダンスの場合、踊っている時に一番美しく見えるようにつくられているそうで。小さな豆知識。

あと動きが早過ぎて私のデジカメでは全然シャッターチャンスが間に合わず、いい写真は一枚も撮れませんでした。
ピクチャーポーズも離れたところだとダメだし。

懸案のダンスタイムはなんたって参加者の9割が女性なので、ほとんど逃げきることができました。
「お願いだから私に申し込まないで~」オーラ出しまくってたし。
先生にも「チャチャだけは何があっても踊るな。相手が相手に迷惑だから」と言われてた私。
先生が一度ジルバを、あと見知らぬ男性に申し込まれて、鬼門のルンバをごまかし、さらにブルースはなんとか。
そんな感じで。

しかし、もっと上手になりたーいというモチベーションがアップした一夜でした。

2005/12/26

Xマスは静かに過ぎ去って

怒濤のクリスマス3連休が終わりました。
スタッフに迷惑かけないように原稿をアップする、そう思いつつ、やっぱりギリギリ。

ダンスパーティーもその合間に1時間半遅刻しつつも行ってきました。
(この件はまた改めて)
帰ってきてドレスを脱ぎ捨て、すぐに机に向かい、結局徹夜。
原稿を送って10時からの打合せへ。
「聖夜にお疲れさま」というディレクターからのメールに泣きそうになったのでした。

打合せの後は、監督・プロデューサーとともに渋谷のイタリアンに移動。
おいしいランチとワインにすっかり酔って取材。
岩中豚というポークソテーが美味でした。
ええ、共食いですとも!
なんかこの仕事ではホントにおいしいもんばかりいただいてます。
役得!?
食べちゃったからにはいいホン書かないといけないというプレッシャーもありますが。

この時期、人と別れ際には大抵「じゃ、よいお年を」というのが決まり文句になってきました。
2005年もいよいよ終りだなあという押し迫った感じです。

2005/12/24

クリスマス・イブ

クリスマス・イブだ?それがなにか?
私は仏教徒よっ。
いじけたくなるほど時間がなーーーい。
集中力もなーーーい(>_<)(←これは自分が悪い)

終わるんですか?人に迷惑かけずに?
しかも明日はパーティー。それまでに終わるんですかー。
時間どおりになんて絶対無理だと今からあきらめて美容院の予約を1時間ずらす。
私の先生の出番は20時からなので、最悪それに間に合えば、ぐらいの勢いになってきました。
今から24時間後、私はどこにいるのかしら~。

051224_182013どーでもいいですが、うちの玄関。もう3年も同じリース。芸がない。

2005/12/23

あぶないっ

先日、携帯電話のメモリーの話でコメント欄が盛り上がりましたが、ホントに今日はあぶなく用もない人にかけてしまいそうになりました。

私、覚えておかなきゃいけない数字をダイヤル→通話ボタン→すぐ切る、こうやって携帯に残しておくクセがあります。
つまり発信記録としてです。
チケット予約の時の4ケタの数字が一番多い使い方です。
メール画面にすればいいんでしょうが、呼び出すのが面倒なんで。

今日は「明日のレッスンは12時に予約」というのを覚えておくために「12→通話ボタン」と押したら……な、なんと勝手に電話が発信し始めるじゃあありませんか!
なんとメモリーナンバー12番の人への短縮のダイヤルの仕方だったんですねー。
知らなかった!

ちなみに12番の人は、5年ぐらい会ってない映画監督Tさん。
一緒にやりかけていた企画から彼だけがサヨナラして私だけが残った、という経緯があった人。
別に会いたくないとか話しづらいってワケじゃないですけどね。

すぐ切ったけど、向こうには着信履歴は残ったはず。
????と思ったことでしょう。
別に用はありません。って彼がここを見ている可能性はほぼゼロですけど。

携帯の使い方をいまだにマスターしていない私です。
ぼちぼち機種変更をしなきゃと考えているのに、また1からマニュアル覚えるのかと思うだけで萎えますが。

2005/12/22

師走

すっかり原稿が上がり、メデタク準備稿の白台本まで上がりました。
と、思ったら、夢でした(T_T)
プロデューサーや監督のダメ出しがあって、直しを書き入れてるところまであまりにもリアルだったんで、よもや夢だとは思わず。
目がさめたら一文字も進んでなかったので悲しかったです。

日本では師走、海外はクリスマスシーズン。
海外の動きはなく、日本は慌ただしいという年末ですね。

今日の夕方まで仕事は1本+企画だけと思ってのんびりしていたら、いきなり2本増えました。うっ。
別に新しい仕事を受けちゃったんじゃなくて、止まっていたのが動き出した、とかそういう理由。
1本は止まっていた理由が、私はてっきり企画自体が流れたのかと思ってたら、今世の中を騒がしているアノ事件の影響だというから驚きました。

そんなわけで、今さらクリスマスだからと浮かれるわけにもいかず、3連休は仕事です。
あ、ダンスパーティーには行きますけどね。

こういう時は机の前とテレビの前を時間を決めて移動します。
眠くならないように。
今は録画しておいた「イン・ザ・カット」を見ています。
メグ・ライアン、ちょっと……な感じで見てると明るい気持ちにはなりませんけど。
これってホントはニコール・キッドマンがやるはずだったものをメグが「どうしても私がやりたいっ」と言ってかわったとかで、ニコールはプロデューサーで名前を連ねてます。
ううむ。ニコールだとまた全然違った印象だったでしょうね。
細切れでおまけに二倍速で見ているので、印象はメチャクチャですけど。

発掘

今週に入って少しノンビリしていたらやることがたまってきてしまいました。ヤバッ。

やることリストの中の1つに「パーティーに着ていくもんそろえる」というのがあります。
日曜のダンスパーティー。私にとってはパーティーデビューです。
が、これが全然気合が入らない~。
なぜなら、出席者の中で間違いなく一番の初心者だし、個人レッスンしか受けてない方のスタジオのだから知り合いもいない。
楽しみなのは先生たちのデモだけ。

ダンスタイムなるものがあるんですが、まだ全然踊れないしィ、ルンバ・チャチャに至ってはゼロ。
「先生、私、見てるだけでいいよう」と言ったんですが、
「ナニいってんの。周りは60-70-80歳だよ。そんなとこにあなたみたいなコムスメ(!)が行ったらおぢさんたちがほっとかないよ」だって。
こ、こ、こ、こ、小娘!このアタクシが!
何十年ぶりでしょ、ンなこと言われたの。

で、このなんちゃってコムスメは何着ていくか悩むわけです。
裸で行くワケにもいかんし。
ドレス。これはまだ新調したくない。
もっと踊れるようになってからでいい。
と、昔のドレスを引っ張り出す。果たして入るのか!?
入った!これでよしってことにしよう。

アクセサリー。
これまた古いけどドレスに合わせて買ったのがあるはず……とゴソゴソと開かずの引き出しを探していたら、実に多くのものを発掘したのでした。
20代のOLだった頃つけていた指輪やブローチがザックザク。
もちろん高価なもんはひとっつもないけど、買った時の想い出とかよみがえるもんです。
最近はシルバー系のものばかりだけど、当時はゴールドが基本だったっけ、とか。
なくしたと思ってたパールのピアスも発見、とかね。
いくつか今でも使えそうなものは通常使いのアクセサリーボックスに移動させる。

もちろんドレスに合わせたチョーカーとブレスレットとピアスも発掘しました。
靴はレッスンで使っている中で一番ハデなダンスシューズ。
はい、なんとか出来上がり。

余談ですが、このスタジオの私の先生、最近トシを聞いてびっくり。
てっきり35ぐらいだろうと思ってたら、なんとまだ20代半ばだというじゃありませんか。
ふだんチョー年配の方ばかり相手にしているから、妙に落ち着いてるんですよねえ。
どんなおばあちゃんにも「はーい。ミツコちゃん(仮名)、右足出してっていって左出すのやめようね」って感じなんです。
あんたはみのもんたか!
そんな感じ。
テレビ業界で25なんていったら、一番怒られまくっているAD君ってとこ。
仕事によって貫祿が違うというのか、「先生」と呼ばれているうちに先生らしくなってくるのか。

2005/12/21

横浜でジーンズを買う

051220_141623今年もあとわずか。日頃なかなか会えない友人たちと忘年会ランチをちょこちょこしてます。
昨日は横浜在住のKさんとこへ。
みなとみらい線ができて中華街へのアクセスがぐんとラクになりました。
よくテレビで紹介されるという小さいけどおいしいお店でランチ。
中華街を散策して、関羽廟参拝。
私のオンボロ携帯ではあのすばらしい色が全然出てませんが。

しかし、実在の人物がこうして祀られちゃうって本人的にはどうなんでしょうね。
日本だと菅原道真なんかがそうですが。
「オレはただの人間だよ。拝むなよ」とか思ったりしないのかしらん。
それとも、そんなの超越してるぐらい大人物だったからいいのかな。
と、凡人はつまらんことを考えるのでした。

051220_161332これはおやつにいただいたパンダまん。カスタードクリームのチョコ味が美味でした。

で、今回の横浜訪問の目的の1つはジーンズを買うこと。
お客を見ただけでピタリと似合うものを見つけてくれる店主のお店ということで、前々からK子さんに聞いていたのでぜひ行きたいと思ってたんですねー。
日頃仕事だってジーンズで行っちゃう私なんですが、いいモノは全然持ってなくて。
ジーンズ・バターフィールド

「ちょっと失礼」と腰の両脇を軽く触れただけで「うん。わかった」。
そして、「こんなの好き?あ、そう」と私の好みをササッと聞き出してくれて出してきてくれる。
履いてみると、おや、ピッタリ。
いや、正確にはボタンのものだと自力で全部留めるのは無理!というのでよいそうです。
それを手伝ってもらって(←情けねー)とにかく一度履いちゃう。
それから、二三度屈伸して生地を伸ばしていきます。(買わないかもしれないのにいいのかっ)
すると、いい具合にフィットしてくるんですねー。

どうしたら足が長くカッコよく見えるか。
実に細かい計算がされてるんですねー。
うまく説明できないけど。
私が選んだのは、バイソンという昔の商品の型紙が発見されたとかでつくられた復刻版。
下半身デブだけど、意外なほど目がごまかせます。
しかも安い!
今回はブルーとブラックを2本ゲット。あとブラウス2枚とベルト。

横浜は海のそばでもあり、いい「気」に満ちているので、おいしいもの、お買い物、おしゃべりと楽しめば、それだけで運気がアップするような気がします。

2005/12/20

脂肪<筋肉

「こんなに苦しいトレーニングしてるのに痩せないんですけど」
なかば脅かすように加圧トレーニングのS先生に言ったら、「筋肉は脂肪の3倍の重さがありますからね。体重が変わらないってだけでも確実に変化してるんですよ」と返されました。

ううむ。
確かにちょっと前よりはサイズダウンはしているけど、自分ではまだまだまだまだ納得できてません。
体重だって全然変わってな~い。

あれだけ苦しい思いをしてるんだから、ササッとカッコよくなれるもの……と思っていた私が間違ってたんでしょう。
ラクして太ってたくせにラクして痩せようなんて甘いのか。
全く太るのは簡単なのに、痩せるのはなんでこんなに大変なんでしょ。

元競馬関係者の友人に言ったら、「あー、それはゴク減らすしかないね」と言われました。
ゴク?はて?
と思ったら、「穀」のことだそうで。
つまり食べる量を減らすってこと。
そーなの。わかっちゃいるけど、食べることに幸せを感じてしまうのが私が本当に痩せられない理由なのです。

2005/12/19

つながっているということ

先日、ある方にとあるご挨拶をする必要があって電話をかけました。
3年ぶりぐらいだったので、ちょっと緊張。

でも、携帯に登録しているので、呼び出しさえすれば3秒でつながるわけです。
なんか不思議な感じでしたね。

私は携帯の登録は232件ですが、この232人たちと3秒でつながる環境を常に持ち歩いているわけです。
(中には会社もあるけど)
それでも疎遠になっちゃってる人、もう二度と会わないであろう人もいるわけで。

それでちょいと思い出しました。
私のデビュー作はオムニバスのショートドラマだったんですが、その1本が、結婚式場でばったり出くわした男女の話でした。

それぞれ結婚式の打合せでそれぞれの現在の婚約者と来ている。
(女性は水野真紀さんが演じてくれた)

すれ違う瞬間、別れの時を思い出し、少し離れたところでお互いの婚約者の目を盗んで携帯で話をする。
そして「幸せに」と言い合って、メモリーを消去する、というもの。

……たしかそうだったよな、とここで古い台本を確認。(黄ばんでるゾ)

ひー。穴がなかったら掘ってでも入りたいほどの稚拙なホンだ。

今だったら昔のオトコのメモリーをクリアなんてしませんやね。
だって何があるかわかんないじゃーん。
なんて思う私はケガれてしまったのかしらん。ま、いーけど。

話はまたまた変わって。
今友達がハワイに行ってるんですが、買い物をいろいろ頼んだんです。
そしたらまあこまめに電話がかかってくること。

彼女の携帯は世界でつながるボーダフォン。
料金は安くはないとはいえ、かけるのもかかってくるのもメールも国内と一緒。

だから「ねえねえ。頼まれてたカットソーさあ、ボレロもついてるけど買っとく?」とか「Vuittonって今スペイン製になってるんだって。フランス製じゃなくても欲しい?」とか、1分100円も払って話す必要があるとは思えないことで気軽に電話くれちゃうんです。

こっちは頼んでる手前、気が気じゃなくて「あーそうね。お願い」「スペイン製?いいよ、本物なら」とかなるべく早く切ろうとするんですが、「こっち寒いよー」などと話は続く続く。
ほとんど国内にいるのと変わらない感覚。

携帯の普及でホントに“つながってる”感じが強くなりました。
と同時に、メモリーに入れてあっても、いや、入れてあるからこそ、二度とかけない、かかってほしくない関係っていうのも際立ちますね。

2005/12/18

カモメ?

051218_114659いいお天気だけど空気が冷えきってました。そんな日曜日。
レッスンに行く途中、水道橋の橋のところに山ほど白い鳥が群れてました。
これってカモメ?
ちなみにここの川は覗き込むと化け物のように大きく育った鯉がうじゃうじゃいます。
東京の川もキレイになってきたってことか。

さて。12月も押し迫ってきて、世の中はパーティーシーズンです。
ダンスの先生たちもイベントが多いとかで、どこのスタジオでも運がいいと先生たちがステキに髪を結い上げてるところや練習している場面に出くわします。
男性の先生が美容師の資格を持っているとかで女性の髪をつくってあげている、なんてことも。
それより何より先生たちが踊っているところはため息が出来るほどステキ♪

私はまだ間近でプロの本格的なデモを拝見したことがないので、次の日曜のパーティーが楽しみなところ。
ただし、ダンスタイムで自分が恥をかかない程度に、いや人サマに迷惑かけないように踊れるのかが目下の大問題なんではありますが。

酷使の日

これは土曜日の日記です。

朝10時から打合せ。
うちのギョーカイでは、10時では「早朝」といいます。眠かった……。
でも、25時とか26時からの打合せよりは私は好きですけど。

早朝から2時間ほどノーミソを酷使し、夕方は加圧トレーニングへ。
最近雑誌に載ったので問い合わせが増えているそうです。

いやあ、これがまたキツかった~。
持ってるダンベルで先生を殴りたくなるほどつらいんです。
でも、加圧を緩めてもらった瞬間にすべてがウソみたいにラクになる。
この瞬間の快感が忘れられずに続けている人もいるそうで。
私はひたすら「う~痩せたーい。踊れるカラダになりたーい」と頑張ってますが。

ノーミソとカラダを酷使して、夕飯には焼き肉なんぞ食べて早寝してしまった土曜日でした。

2005/12/16

忠臣蔵から302年

カゼがぶり返したり仕事が詰まってたりでしばし更新があきました。
とりあえず今は元気です。

火曜日に「忠臣の義」という舞台を見に行きました。
同じ区内在住の人間国宝・一龍斎貞水さんの講談にジャズダンスを組み合わせた斬新なものです。
高座50周年記念ということで、今年の夏に恒例の夏の怪談を聞きに行った時にチケットを買っておいたのですが、なんと最前列のど真ん中!
大好きな貞水さんの話を間近で聞けてハッピーでした。

舞台中央に大きな大きな「義」という白い文字が浮かんでいるのが舞台装置。
まずは忠臣蔵の講談を聞かせるのですが、背景で三代真史さんというジャズダンスの世界では第一人者の方とその劇団の踊りがあります。

討ち入りの場面は47人が舞台へ。
ただし、なんか??と思ったら、プロのダンサーは10人だけであとは文京区民有志やら講釈師の方たち。
やっぱりね、動きが全然違うから。
それでも要になる部分をプロが踊っていたので見応えはありましたけど。

講談はすばらしかったのですが、やっぱり大ホーム向けじゃないかも。
声が反響しちゃって聞き取りづらい部分も。
後ろの席では表情も見えなかったことでしょう。

50年なんてまだまだという貞水さん。
生の舞台を聞き始めてまだ3年。これからも凄味のある話をたくさん聞きたいなあ。

ところで、今年は討ち入りから302年なんだそうで。
四十七士は有名だけど、逆に言えば赤穂藩では200数十名がこれに参加しなかったことになる。
先日、NHKで両者の言い分についての番組をやっていたようです。(見られなかったけど)
今だったら短気な上司が専務に逆らって飛ばされてもついていく部下はいないですね。
いや、たとえがハゲしく違いますけど。
江戸時代の絶対的な忠義の心は今はもう失われてしまったものでしょう。
親の仇と思えばまた違うのかな。
自分が当時の武士だったらどうする?思わず考えてしまいました。

2005/12/13

町内

今週はおシゴトウィーク。
月曜までだった「男たちの大和」のマスコミ試写会もパス、友達・知人とのランチも来週以降に。
いや、それでもダンスだけは行くんですけどね(^_^;)
気分転換と言い張って。
だから今週はすべて町内だけで済まそうという週です。引きこもり。

今日は徒歩2分のスタジオでレッスン。
ダンスパーティーが近いので最近はルーティンでなく、先生のリードについていくというレッスン。
1曲なんとか踊るとゼエゼエ息切れしてしまう。
体力ないなあ。

しかし、今日は鬼門のRumbaで1時間。
なんか全然ダメなんですわ。これが。
曲は大好きなのに、全くステップが踏めない。
「あなたの音楽性とルンバって合わないんじゃない?」とまで言われてしまう。くやしい~。

話はかわって。
私の仕事部屋には企画ごとに資料がいっぱい詰まった大きな紙袋がゴロンゴロンしてます。
完全に通らなかった企画の資料の束だけど、捨てるわけにはいかないし、テレビ局に送り返してやろうかしらんと思いながらそのまんま。

そんな資料の束が1つ、昨日お嫁に行きました。
出した時は通らなかったけど、どうやら来年はなんとかなるらしい。
ただし、私は最初からプロットのみと決まっていたので、復活以降は関係ないのです。
現在進行中の資料の束は、私の作業が終わった段階で監督に送りつける予定。

さて、なんとかすばらしいアイデアがおりてきてくれるといいんだけど。

セキ止めシール

夕べは夜中に咳き込んでほとんど眠れなかったので、病院へ。
熱はないし、声が枯れてるわけでも鼻がグズグズってわけでもないし、見た目は全然カゼをひいているようではないのだけど、たまに止まらないセキが苦しくて薬をもらおうと出かけたわけです。

そこで出してもらったのが、セキ止め用のシール。
びっくりしました。
こんなのってあるんですねえ。
3センチ四方くらいの半透明のシール。
これを胸か背中か上腕に貼る、と。

お風呂上がりにと言われたけど、お風呂は一日2回だからいいやと、もらってすぐ胸のあたりにペタッ。
おおっ。不思議。
あんなにコンコン出てたのに、止まりました~。

ついでにインフルエンザの予防注射もしてもらっちゃう。
もーやだもん。こないだみたいに寝込むのは。
それでも「カゼには効きませんからね」とクギを刺されました。

激しい運動と長風呂はダメですよと言われたものの、夜はダンスのレッスンへ。
ゼエゼエいうほどの運動じゃないからいいや、と。
そこはかとない筋肉痛だから大丈夫……のはず。

2005/12/12

スタジオ見学

051209_164334現在新作が公開中で、次回作を撮影中のS監督の現場に見学にいきました。都内の某撮影所。
ちなみに私がご一緒するのは、次々回作。
これはセットの一部分です。

主役のEさんを間近でたっぷり拝見。精悍でした。声がステキ。
最近恋人だった女優Yさんと別れたのよねえ、とかいらんことを考える私。

困ったのは本番中。能登から帰ってセキが止まらない昨今。本番になるとヒーターすら止めて静寂をつくるのに、ほこりっぽくて寒いスタジオでは咳き込みたくなるんです。
私ごときお邪魔虫が雑音立てたら大変だ。
場面はあたかも主人公が死地に赴こうという緊迫のシーン。
なんとかノド飴なめて必死に我慢しました。

ドラマでは、ドライ→カメリハ→本番ですが、映画では、テスト→本テスト→本番というそうで。
その他、今回はフラッと遊びにいっただけなのにとても勉強になることがいっぱいでした。

セットの潜水艦の中で小道具のトランプで手品をやっているおじさんがいて、「誰、この人?」と思ってたら、日本映画美術界の重鎮Wさんでした。
次回作でお世話になる方で、いきなり「あんたさあ、草鞋編むシーンで『笹』って書いてただろ。笹でどーやって草鞋編むんだよっ」とカウンターパンチ。
げっ。確かに……。前の方のシーンで竹の皮を集めると書いてたくせにうっかり編むシーンでは笹になってたのでした。
ひーすみませんすみません。

夜、居酒屋に場所を移してS監督も合流、終電まで楽しく飲んだのですが、ホント~に勉強になりました。
テレビドラマのマルチカメラと映画のフィルム、質感の差だけじゃなく、現場で何がどう違ってくるのか、ホンに直接関係するわけでもないけど、知ってると知らないとじゃまた違ってきます。
「あんたらが気軽に書くト書きでこっちはどれだけ右往左往すると思ってんだよッ。まあ、いざとなりゃ無視するけどな。ガハハハハ」
以後、よーく考えて書きます。ハイ。

そして何よりWさんの一見豪快だけれど、こちらの立ち居振る舞いの隅々までササッと見ている目のつけどころ、何でも知らなきゃ映画はつくれねえんだよ、という言葉に深く納得。
こういう方たちがいて映画はより輝きを増すんだなと思いました。
Wさんの最新作「単騎、千里を走る」を見なきゃ。

2005/12/11

能登シナハン(景色編)

能登の印象的な景色をアトランダムに。

_294七尾湾。内海なので、風の強い日にもかかわらず、海はかなり穏やかでした。このコバルト色!なんともいえません。

_292→ちなみにこれは飛行機の中から眺めた富士山です。羽田は快晴でしたが、長野上空あたりから曇り始め、機体は大きく揺れ始めたのでした(__;)

_394わかりにくいですが、これが外海です。まさに日本海の荒波。同じ海でも全く正反対の顔を持っています。南国の海が好きですが、冬の日本海というのは独特の厳しさを持っていて、身が引き締まる思いです。(思いだけで実際はおいしいものが多くて身は太るのですが)

_413輪島の朝市にて。冬だということと、海が荒れていたため船が出ないことでお店も観光客の姿も少なかったですが、たくさんの味のあるおばちゃんたちに出会えました。同じような商品を並べていても、買いたくなるおばちゃんとスッと逃げたくなるおばちゃんがいます。売り方、営業っていうんでしょうか、本人の魅力なんでしょうか、いろんな差があるんですよね。
天然塩と鷹の爪と草鞋のマスコットとお菓子を買いました。


2005/12/10

能登シナハン(グルメ編)

山ほど写真は撮ってきたのですが、腕が悪いので現物・現地のすばらしさが全然再現されてませんが、まあ大雑把に。

_301能登で2軒だけというイタリアンのお店でランチ。これは香箱ガニのパスタです。シェフはオーストラリアからやってきたフラット氏。陽気なオージーでした。お料理はどれもすばらしくおいしかったです。素材も地元の魚介類中心。
着いたばかりなので、アルコールはみんなで我慢。お水を「シャブリ」だと言い張ってました(笑)

_319今回の旅の目的の1つ(なのか!?)寒ブリのお刺身。もーとろけそう。聞きしにまさるうまさでした。

_321今回のヒットの1つ、なまこ。今まで食わず嫌いだったのですが、生臭さが全くなく、コリコリしゅるしゅるした食感が絶妙でした。

_409これは二日目の宿(民宿)のお料理。民宿といっても、改装されたばかりで、木材はすべてあての木(あすなろ)、やさしい肌触りなのでスリッパはありません。
手前はブリ大根。ここの食器はすべて輪島塗り(家具塗り)なのです。軽くて温かな手触りです。お料理はどれもすばらしかったです。

_387恋路海岸のレストランのラーメン。海草たっぷり、ミネラルたっぷりでした。ここは間もなく雪の季節になると3月ぐらいまで閉めてしまうとかで、お客も我々だけでした。
冬の海を見ながらいただくラーメンも格別でした。

その他、もっといろいろおいしいものもありましたが、いい画像がないので、こんなもんで。
とにかくこの時期、お魚が最高でしたね。ブリ、牡蠣、カニ、アオリイカ、甘エビ……エトセトラ。
ほっぺた落ちそうとはこのことで。
よい食材といい腕で食卓は何倍にも豊かになるものなのですね。


2005/12/07

能登より戻りました

二泊三日能登グルメツアー……じゃなかった、シナリオハンティングの旅から戻りました。
いや、でもホントにグルメツアーと呼んでもいいほど、何から何までおいしかったです。
景色もお料理も。

我々一行(監督+プロデューサー2名と私)は、たぶん傍から見たら若くはない2組のカップルが温泉旅行をしているように見えたでしょうね(^_^;)
行く先々全部で正体と目的を話したわけではないので。

すでに能登は5度目であり、舌の超えたグルメな監督のチョイスは宿もお店もグッド!
画像はおいおいアップします。

こんだけおいしいもん食べてすばらしい景色を堪能しちゃったからには、いいホン書かなきゃと決意も新たになるのでした。

3食しっかり食べていた割には、お魚中心だったために意外と胃にももたれてないし、ブヨブヨになった感はないのですが、ずっと車で移動していたために運動不足は間違いなし。
帰ってきたひと休みしてレッスンは休まず行きました♪
進歩したようでもやればやるほど課題が見えてきてキリがない。
ああ、うまくなりたい。

仕事もダンスも「もっと!」という欲が大事なのかも。

2005/12/05

猫の手貸して

オファーがあった時にはたっぷり時間があったはずなのに、どうしていつもこうなんですか、私は。
締め切り延ばしてもらって、挙げ句の果てにそれもあぶないってどーゆーこと!?

今なんとかネット携帯小説、連載8本分、耳を揃えて送りました。ぜえぜえ。
しかし、別件の宿題ができてません。
宿題をせずに学校に行くのです。明日。いや、もう今日だ。

なにやら北陸地方は「」降ってるらしいじゃないですか。
冬の海を見て夏の話を考える……そーいや、このパターン、以前にもあったな。
北海道のドラマで。
私がもっとサクサクと進めていれば、もっとあったかいうちに行けたのに。
ごめんなさいごめんなさい。(誰に謝っている!?)

ま、とにかく行ってきます。
やっぱりね、現地を見ると違うんですわ。
いっくら資料をひっくり返してもわかんないことが発見できたりしますから。
宿題は現地でやらせてもらうことにしましょう。

051204_224613←仕事の遅い飼い主を見かね猫の手貸してくれるの図

2005/12/04

雪!?

珍しく夜更かしなのは、仕事がたまりにたまっているせいでございます。
え?映画観てただろ?
あれも仕事でございます。

月曜からシナハンで日本海に面したところに行くのですが、今日監督から「初雪が降ったそうです。寒いですよ」とメールが……。
東京も今日あたりはかなり寒いなと感じましたが、日本海の寒さは想像がつきません。
何着ていきゃいいいんだ。
カゼぶり返したら困る。

さて。今やっている作品のキャラの中で70代の男性が出てくるんですが、さてどんな魅力的なおじいちゃんにしようかと考えた時、周りを見渡すと……。
いる!
たくさんいる!
それはダンス教室の先輩の方たち!
先日、「リチャード・ギアはいない」とかなんとか失礼なこと書いてたワタシですが、それは単にオトコ目当てではなく純粋にダンスに恋している、というだけの話であって、実は魅力的なおじさまたちはいっぱいいるんです。

上手に踊れるってだけでなく、話していてめちゃめちゃ楽しい。
明るくて、笑わせ上手で女性の扱いがうまい。(後家ごろしと言われるゆえん)
魅力的なおじいちゃんってちょっとトボけていてかわいいとこがある。

自分が70代になった時、こんな人たちが周りにいたら、やっぱりときめいちゃったりするだろうな、と。
秘かに勝手にモデルにさせてもらっちゃおうと思ってます。

しかし、肝心のレッスンにはさすがに病み上がりなのとたまった仕事のおかげで行けそうもなく。
ううむ。悔しい……。

映画のハシゴ

今日は立て続けに2本の映画を見てきました。
日比谷スカラ座で「エリザベス・タウン」、有楽座で「イン・ハー・シューズ」を。

今回はノートとペンを持ち込んで、暗闇で全部構成をメモ。
後で見ると字が重なっちゃってエライことになってましたが。

こうして改めて書きだすと、ハリウッド映画ってホントに笑っちゃうぐらいセオリーどおりに作られてる。
それでも当たる当たらないがあるのは物語だけは計算じゃできないってことなんでしょう。

続きを読む "映画のハシゴ" »

2005/12/03

クリスマスシーズン

051202_130842なんとか今日から社会復帰しました。久しぶりに外へ出たら太陽がまぶしかったです。

私が寝ている間に銀座はすっかりクリスマスムードになってました。
これはソニービルの前のCHANELのクリスマスツリーです。
アメリカでは感謝祭が終わったらもうクリスマスシーズンなんですってね。
うちのマンションでもご近所はドアにリースをつけ始めました。
うちも引っ張り出さなきゃ!

仕事は、打合せ+会議で5時間半。
よかった今日は短くて。途中でちょっと頭がフラつきましたが持ちこたえました。
冬眠からさめたクマの気分です。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »