« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/30

鬼の攪乱

年に何回かこのタイトルが出現しますが、今回はかなり弱ってます。
ほぼこの24時間、ペッドにいる時間の方が長いです。

時々むっくり起き上がっては机に向かって仕事にとりかかるんですが、ちょっと書き始めると激しい頭痛と寒けで起きてられず……。
この繰り返しです。

薬が効かないので病院行きました。
「先生。これってインフルエンザですかね?それともカゼですかー」
すると、
「大人の人で今年はインフルエンザにかかった人はまだ一人も来てないですよ。調べてみましょう」
というわけで、鼻に綿棒を突っ込まれて検査。

結果は、「よかったねー。第一号じゃなくて」
扁桃腺の腫れからくる熱だったようです。

ホントは2日前に竜田揚げなんか食べちゃったから、鳥インフルエンザだったらどうしよ~と思ったりもして。
(ないって)

帰りにお蕎麦屋さんであったかいけんちんうどんなんて食べてたんだけど、その間ですら寒けでコートが脱げず。

あとはとにかくひたすら寝てます。よくこんなに眠れるもんだっていうくらい。
ウォーターベッドの水温を最大にしても寒けがあったんですが、ようやく落ち着いてきました。

私がベッドにもぐり込むたびにシャム猫のアランが添い寝してくれるんで、(めちゃ重たいが)こいつを湯たんぽがわりに抱っこしてうつらうつらしてます。

今日はすんごく楽しみにしていた予定があったのだけど、38度を大きく超えた体温計を見た瞬間に断念。
仕事もたまってしまったし……。

皆さんもくれぐれもお気をつけ下さいまし。

カゼの季節

周りにカゼひきさんが多かったけど、私は大丈夫!なんてなんの根拠もなく思ってましたが、ついにカゼひきました。
言い訳じゃありません>関係各位

今締め切りを無理やり延ばしてもらった仕事が2本。
結構切羽詰まっていて、でも今日は会議があるし、どうしようとギリギリまで机にしがみついて赤坂へ。
会議中から寒けがしているな~と思っていたら、帰ってきたらノドの痛みと激しい頭痛。
前に医者でもらった抗生物質を飲んでガーッと寝て、さっき起きたとこです。
やっぱり気になっていることがあると寝てられないみたい。

そんなわけで今週はダンスのレッスンにも行けず。
電話でレッスンをキャンセルした時に先生に「先生にうつされました!」と余計な一言を言ってしまう私でした。

ところで。
この運動嫌いの私があまりに熱心にダンスのレッスンに行っているものだから、周囲があやしみ出しました。
「教室にイイ人がいるんじゃないか」と。
家人及び友人から問い詰められましたッ。

ガハハハハ。
大笑いしちまいました。いや、それは失礼か。

まず、先生は確かに若くてカッコいいです。
でも、多分私と踊っているところをハタから見たら母と息子でしょう(T_T)
それに先生は一人じゃなくて3人。
(1人は女性。中身は誰よりも男らしいですが。ねえ、S先生(笑))
おまけにスクールも2つも掛け持ちしてます。
一人の先生に下心あったら毎日レッスン入れますわ。

で、クラスメート。
えーと。お若い方でも還暦迎えてらっしゃいますね。ハイ。
リチャード・ギアも役所広司もいませ~ん。
いくら年上好きの私でも2回り上はキツイっす。

続くのは、
たぶんね、達成感があるからです。
こないだまでできなかったステップができるようになる、相手との協調で生れる和とかね。
というわけで、ワタシは純粋にダンスに恋してるんですわ。
人間じゃなくて。(*^^*)

2005/11/28

特典映像

レンタルDVDでも最近は結構な特典映像がついてます。
これがあなどれないくらい楽しくて、本編を見た後にもついつい見入っちゃって時間かかるのなんのって。

最近見た中では、「ビッグフィッシュ」のメイキング、「ステップフォード・ ワイフ」のNG集、「ブリジット・ジョーンズ~きれうそな私の12カ月」のインタビュー集が面白かったですね。
仕事がらもあるけど、やっぱり映画制作の舞台裏って興味あるし、楽しい。

……なあんて、ダンスのレッスンやら映画やら遊んでると思われるかもしれませんけど、実は悶々としている今日この頃です。
ゼロからストーリーをでっち上げなきゃ……じゃなかった、創り出さなきゃいけない仕事が2本。
そのためにどんな方向からでもいいからインスパイアされたくて、いろんな映画を見たり本を読んだりしてます。
ううう~苦しい。いや、楽しくもあるんだけど。

その合間に直しが飛び込んできたりして。
こっちは今日出したホンにPから「よくなった。グッときたよ」という感想をもらったのでホッ。
めったに褒められないのでうれしいです。(小学生か、私は)

とにかく今は一人ブレスト状態なので、カレンダーの裏側に色とりどりに思いつくままキーワードを書きつらねていくマインドマップ方式でぐちゃぐちゃ考えているところです。
まあ特典映像と違って私の舞台裏なんぞ誰も興味ないですね(^_^;)

2005/11/27

割り勘考

某大手メーカーで働くOLの友達が嘆いてた。
「うちの会社の飲み会って男性も女性も均等割り勘なのよっっ。ワタシは全然飲まないのに~」
そりゃ確かに割り勘負けかも。

男性とお食事やお茶をする時の割り勘ってどうするか?
私はケース・バイ・ケースかなと思ってます。

相手が明らかに年齢も立場も収入も上ってわかっていれば、遠慮なく「ごちそうさま」だし、
友達だったら相手が精算して「○○円でいいよ」ってこともあるし、
どっちかが出して「次回は私が」とか、
年下だったら「いいよ。今日は私が」ってこともある。

誘われたのに300円のお茶がカンペキ割り勘だったこともありますけどね。

ちなみにギョーカイの男性とお茶やご飯して私が出したことは一度もありませんが。

女性だからご馳走されて当たり前とは思いませんけどね。
いつもいつもだと負担に感じるようなら、何か別な形でお返しすることもあるし。

まあ、要はカッコよくスマートに誘い、誘われたいもんです。

2005/11/26

ワルツは何拍子?

忙しくなっちゃったらレッスンに行けなくなっちゃうなあと思っていたんですが、時間ってやり繰りすればなんとか作れるもんで、19時からのレッスンこそ欠席することが多いものの、個人レッスンは相変わらずのペースで行ってます。

さてダンスで一番大事なのは、リズムだと言われています。
どんなにステップが正しくても音楽に合ってなければ、見てて気持ち悪いというわけで。
で、このリズム感、どうも私には欠けているようで(^_^;)

レッスンの中で先生がワルツ、タンゴ、クイック、スロー、ルンバ……と次々と曲をかけて「はい、この曲のリズムとってみて」というテストされます。
「えーと、これはワルツだから、よん……」
「ナニっっっっ!?」

いや、私だってね、ちゃんと聞いてればリズムはとれるんですよー。
でも、踊る方に必死だと耳と頭がついていかなくって。
なんて言ってちゃいつまでも上達しないので、慣れなくては。

そんなことを思って今日近所の量販店に出かけたら、社交ダンスの音楽シリーズのCDみっけ。
まずはワルツとタンゴを買ってみました。
今流れているのは『アンジェリカ』
といっているうちに『スケーター・ワルツ』に変わりました。
ズンチャッチャッ♪ズンチャッチャッ♪

ああ~優雅に踊れるようになるのはいつの日かっ!?

それにしてもダンス始めて不思議で仕方ないのは、「若いんだから覚えるのが早い」とか「若いからパーティーに行ったらモテるよ」って言葉。
若い?ワタシが!?
人の集まりに行って最年少だったことなんて何年ぶりでしょ。
それくらいダンス愛好者の年齢層が高いってことなんでしょうか。

もちろん競技選手バリバリの先生方は全然お若いんですけどね。
ちなみに私は先生たちが踊っているのを見るのが大好き。
ため息が出ます。
スタイルからして違うんで、決して同じようにできることはないんですが、「ここはこう」とお手本見せてもらえるのは正しいイメージを持てるんで大事だなと思いますね。
やっぱり美しいものはイイ!

まずはリズム感……ズンチャッチャ♪ズンチャッチャッ♪

2005/11/25

タクシーにテレビ

051121_114917最近のタクシーにはテレビがついてるんです!驚きました。
といっても、流れているのはCMだけだけど。
テレビで流れているような商品のものもあれば、映画の予告もあったりして、ほんの短い距離だったけど、飽きませんでした。
なんでもメーターのスイッチがオンになると始まって、精算が終わると止まるらしいですけど。
ボタンがいろいろある割りには選べず。
そのうち番組選択までできるようになるのかしらん。

2005/11/24

お酒が飲みたい

お酒が飲みたい。
といっても、アル中チックな意味じゃないですよ。
飲めないんです、お酒。
アルコール分解酵素がなくて。
ビール、ワイン、日本酒、カクテル……味は好きなんだけど、1杯か2杯でフラフラになっちまいます。
それ以上飲むと、今度は寒けがしてきて、体中に気持ち悪いまだら模様が現れます。
さらに飲むと、気持ち悪くなる。

飲める人といるとカッコ悪くて。
新しいワインなんか開けられると、一口でいいから味見した~いと思うのだけど、どうも無理しているように見られちゃって、「もうやめときなさい。お茶頼んであげるから」と言われる始末。
とほほ。情けない。

若い時の理想は、カウンターでカッコよくグラスを傾けるオトナのオンナだったんだけど、現実はただの酔っぱらいおばさんに成り果てたのでした。

原稿送った午前2時。
疲れてるんだけど、頭が冴えちゃって眠れない。
でも、こんな時には飲まないぞー。
だって寝る前のアルコールなんてデブのモトだもの。

お酒とは関係ないですが、足が痛いです。
ヒザがどうも痛むのはダンスの時の姿勢が悪いから。
ヒザにしてみりゃいい迷惑でしょう。
この重さをウググと耐えさせられてるんだから。

……なんて意味のないことを書いているうちにいい具合に眠くなってきました。
この眠気をつかまえたままベッドに直行!
同業者の皆さんはギンギンにお仕事してる時間だと思いますけどね。
おやすみなさい。

2005/11/23

チョコレートの香り

仕事で「チャーリーとチョコレート工場」を観ておく必要が生じてあわてました。
まだやってるのか!?
探したら、六本木ヒルズのプレミアシートがありました。ホッ。
今日こそたまったマイレージを使ってやるゾ!
ラッキーにもおかげで無料に。
でも、プレミアシートはリクライニングできるし、飲み物までサービスしてくれちゃうんで、眠くなっちゃうんだよなあ。
(寝るなっっ!)

入るとすぐに場内はチョコレートの香りでいっぱいなことに気付きます。
そう。ここではチョコの香りを流しているのでした。
特にチャーリーがチョコレート工場に入るシーンになると一段と香りが強くなります。
うう。チョコ食べたい。

平日の夕方前、観客は私以外は全部カップルで7人のみ。

映画は色鮮やかで楽しくて。
ティム・バートンワールド、好きだなあ。
ジョニー・ディップは、どちらかというと、無精髭のワイルドな彼の方が好きだけど、やっぱりモトは美形だなあと、ヘンテコな役であっても思っちゃいます。

ウンパ・ルンパがかわいいっ!一人でいいから欲しい~~!

瞬間的に眠りに落ちた箇所も2箇所ぐらいあったけど、無事鑑賞。
DVDになってからでいいやと思ってた作品だけど、やっぱり映画はスクリーンで観るに限るなあと思いました。

なんか子供の絵日記みたいな日記ですけど。(^_^;)

2005/11/20

アイデアマラソンセミナーのお知らせ

毎日アイデアを出し続けることでより柔軟な発想と能力アップが図れるアイデアマラソン。
どんな仕事をしている人、学生さんと立場を問わず有効な発想方法です。

11月26日(土曜)に第2回のセミナーが開かれるそうです。

樋口健夫先生のお話は本当に楽しいですし、ノート一冊あれば明日から、いや今日からでも始められるアイデアマラソン、興味のある方はぜひ参加してみてください。

くわしいことはこちらをご覧になってください。
ホントに楽しいですよ~。

中毒

今抱えている仕事の本数と書かなきゃいけない分量とか責任の重さを考えると、ひ~~ってなくらいにもかかわらず、ダンスのレッスンは休まないワタシ。

おまけにレッスンの後、納得できないもんだから(=できないことが多過ぎる)、締め切りとスケジュールをササッと頭の中で計算して、「先生、お時間あいてますかー」とカゼ気味の先生を引っ張り出して個人レッスン。
さらには翌日のレッスンの予約もしちゃう。
きっと先生は「このオバハン、またかよ」とうんざりしているとは思うんですが(--;)

これは一種の中毒なんでしょうね、たぶん。

ちょうどビデオDVDレンタルの始まった「Shall we dance」なんて2回も見ちゃいました。
監督のコメンタリーまで。
最初に見た時はダンスのダの字も関わりがなかったのに、今見ると「お、あれは○○というステップだ」ぐらいはわかるんで、もー楽しくて。

ジェニファー・ロペスが少女時代にダンスに魅せられるシーン、美しい女性ダンサーがワルツを踊りながらウィンクして見せるのは、コントラチェックというピクチャーポーズで……なんてことも先生に確認しました。

おかげでもう一本借りた仕事用のDVDが期限までに見終わらず追加料金を払うハメに。あほです。

とはいえ、さすがに今週はスケジュールがめいっぱいなのでレッスンは最低限かなあ。
働かざる者踊るべからずデス。

2005/11/19

狭い世界

ここ1カ月のダンス三昧の日々がウソのように、いろんなことが動き始めました。
その合間にお葬式もあったりして。
ちょっと目が回りそうです。

最近、あまりにも“世界が狭い”と痛感する出来事が続いていてコワイくらいです。
新しい仕事のスタッフと前にやった仕事のスタッフが一緒、なんていうのから、同時並行で動いている企画の関係者が微妙にかぶっていたり、知人と友人が一緒に仕事してたり……
今に始まったことじゃないですが、狭い世界です。

つくづく不義理をしちゃいかんなと思いますね。
あと人の悪口は言わないこと。
周り回って必ず本人の耳に入るから。

それから、ケンカをするなら先の先まで考えてすること。
特に男性相手に彼らのプライドを傷つけるようなことを言ってその時溜飲を下げたとしても、必ず仕返しされるから。
まだまだ男社会ゆえ。
かといって言いたいことも言わずに我慢するってことじゃないですけどね。

しかし、我々ライターはまだいいです。
仕事相手が限られているから。
今日女性プロデューサーと打合せしていて、周囲のやっかみやら足を引っ張られるやらで、身体を壊すくらい苦労しているのを聞いて大変だよなあと思いました。

最後のシメは「いろいろあるけど頑張ろうね」に落ち着くわけですが。

2005/11/16

母の名刺

未亡人になって3年。
立ち直りの早い人だとは思っていたが、母がさみしいとか「お父さんに会いたい」なんて殊勝なことを言ったことを聞いたことがない。
本心ではどうかしらないけど。

あんまり丈夫じゃないので独り暮らしは心配は心配なのだけど、とりあえずフラダンスや英会話やボランティアで忙しくしているし、いいお友達もたくさんできたようなので遠く見守っているというところなのです。

そんな母が最近フラワーセラピストの資格取得の勉強を始めました。
ワイルドフラワーなどをつかったアレンジメントを老人ホームや知的障害者の人たちの施設で教える、というもの。
この勉強自体は1年以上前からやっていたようだけど、どういう風の吹き回しか資格までとっちゃうことにしたようで。

そこで、まだ正式には資格取得してないけど、ちょっと早めに「フラワーセラピスト」の肩書で名刺を作ってあげた。
新しい人間関係も広がっているようだったから。
今は海外に発注すると安いしフルカラーでキレイにつくってくれます。

いや、これが、私が驚くくらい感激されちゃって。
思えばずーっと専業主婦だから名刺を持つなんて初めてなんですよね。
へえ、と思いました。

で、思い出したのが私が一番最初に名刺をつくってもらった時のこと。
当時、外資系保険会社の営業だった私がもらったのは小ぶりの角を丸くしたもの。
今だったらそんな形、ホステスさんぐらいしか持ってないでしょうね。
いかにも女性、って感じで。
確かに嬉しかったですね。一人前になったみたいで。

今は自営業なんで自分であれこれ……といっても印刷屋さんのデザインを選ぶだけですが……つくってます。
肩書は、writerにしたこともあるし、シナリオライター、脚本家、なくなるたびに変えて、今はとりあえず「脚本家」と。
ホントに大御所で誰でも名前を知っているような方の名刺は名前と連絡先しかないですが、私がそれをやっちゃうと「で?何する人?」ですから。

日本は世界でも有数の名刺国家らしいので、いろんな人の名刺をいただくのは楽しいですね。
最近は材質、デザインともホントに豊富ですから。
専業主婦だって持てばいいと思うんですよね。
コミュニケーションの一歩になるかも。

2005/11/15

グルメなお仕事

しばらくモラトリアムのようなダンス三昧の日々を送ってきましたが、働かざる者食うべからず、というわけで、そろそろキリギリス期からアリ期へ移行です。

夕方のレッスンに行けないのがわかっていたので、無理やり12時に繰り上げていただく。
しかし、11時半からネイルの予約を入れていたので、乾くか!?というのが最大の課題(大げさな)。
レッスンが終わってみると、着替えの時にひっかけちゃったようでちょっとだけはげてしまっていた。
まあ、いっか、これくらい……と思ったら、なんとS先生が直して下さったのです。
何しろ自分で両手のスカルプまでやっちゃうくらい器用な方ですから。
ああ。感謝。

さて。新しい仕事に入りました。
これがまた大変だけど楽しそうなお話で。
おいしいものがふんだんに出てきそうなストーリー。
はてさてどう料理したものでしょう。
グルメじゃなくグルマンな私がグルメを書くのだから、周囲の食通たちのお知恵を借りねばって感じです。
近々すんごくおいしそうな、じゃなかった興味深いシナハンに出かける予定です。

そうこうしているうちに2005年も終わっちゃうんだろうなあ。

2005/11/12

故障次々

電化製品って1つ壊れると次々と、というのは割と通説ですが、なんだか我が家でも本格的に始まりました。

テレビの調子が悪いというのは書きましたけど、翌日にはいきなりネットにつなげなくなっていました!
いろいろ調べた結果、ADSLのモデムが壊れたのです。
お弁当箱型のものですが、ちゃんと立てずに転がしていたら、猫がよくその上で暖をとってるな~と思ってたんですが、それがいけなかったんでしょうか?
すぐに新しいものを送ってもらって間もなく届くのですが、肝心のIDとパスワードを失くしてしまったためにしばらく元に戻せませ~ん。

今は、恐ろしく遅いダイヤルアップでつないでいます。ふう。
これはきっとネットで遊んでばかりいないで仕事しろ!という神様の思し召しでございましょう。

さて、次に壊れたのは、なんと車!
表参道の駐車場から出そうとしたら、エンジンがかからな~い。
JAFに来てもらうまで小一時間……。

これでおしまいかと思いきや、家に帰って台所であれこれしていると、いきなり冷蔵庫の電気が消えた!
うっそ~。まだ3年しか使ってないのに。
さらには炊飯器も動かない!
と思ったら、1つのコンセントのブレーカーが落ちてたんでした。
湯沸かししながら食洗機を回し、さらにご飯を炊こうとしたのが間違いでした。

てなわけで、次は何が壊れるのかと戦々恐々の毎日でございます。

パーティー

今日は母校のシナリオ・センターの創立35周年記念パーティーでした。
友人・知り合いとおしゃべりするためだけに出かける。
いるわ、いるわ。

まず春に書いた映画のプロデューサーと顔を合わせ、いきなり打合せ。
制作体制やら監督やらキャスティングのことやら。

次に別な人と今度は来週から始まる仕事の打合せ時間の取り決め。

さらにフラフラしているとデビュー直後に書いたドラマの監督に再会。
当時保育園に行ってたお子さんがもう小学生だとか……
うう。時の経つのは早い。

受講生たちにサイン責めになっていた大先輩Oさんににご挨拶をすると、「頑張ろうね」と握手をしてくださった。
「頑張ってね」じゃなくて。感激。

夏合宿のパネラーで好き勝手なことをしゃべった時の受講生何人かの人たちから声をかけられる。
やっぱり早口だったらしい……ごめんなさい。
でも、私の話を聞いてフォトリーディングのセミナーを受けたりマインドマップを勉強し始めたという話はちょっと嬉しい。

あとは同業ライターの友人たちと次々と再会しおしゃべりに花が咲く。
パーティーが終わっても話が尽きず、ティーラウンジへ場所を移し、女ばかり6人でうるさいうるさい。
普段はそれぞれ孤独に頑張っている同業者と他愛のない話をするのはホントに楽しい。
私も頑張ろうって思えるのでした。
皆さん、お疲れさま。

2005/11/10

テレビが~

うちのリビングのテレビの映りがヒジョーに悪くなってきました。
特にNHK。
人の顔はジム・キャリーのマスクみたいな気持ち悪い黄緑色です。
他の局もかなりちらついてます。
が、録画したものはキレイ。
もしかしてアンテナのせいかしらん?

しかし、買ったのはたしか11年ぐらい前なので、寿命といえば寿命かも。
テレビはショーバイ道具だからなあ。
新調するかぁと思いつつ、いろいろ比較検討したり設置手配したりが面倒くさい。
火吹くまで使ってやるかーとも思うのです。

話かわって。
最近乾燥しているせいか、風邪ひきさんが多いですね。
お願いだから私にうつさないで!
今日は会議室がミョ~に蒸し暑くて(人も多いから)だんだん気分が悪くなってきました。
もちろん帰宅して速攻で手洗いとうがい。
これは基本です。

11月に入ってモラトリアムのようにのんびり過ごしてきましたが、そろそろまた次の波が始まります。
カゼひいてる場合じゃなーい!

2005/11/08

フォトリーから1年

フォトリーディングのセミナーを受講してからちょうど1年が経ちました。
この1年で読んだ本は129冊。
私の場合、小説が多いので、マインドマップにまで起こしたのは1割程度です。

積ん読になったままの本をなんとかしたい、という目標はあんまり変わらず。
なぜならまたまた次から次へと購入しちゃうからです。

フォトリーを学んで何が変わった?と言われれば、まあ読むのが早くなった、早く読んでも(スーパーリーディング)意外と印象に残っている、資料をまとめるのが早くできるようになった、といったことの他に感じるのは、原稿を書いていて、「あれっ?私のボキャブラリーにこんな表現あったんだ」と感じることでしょうか。
知らないうちに潜在意識に取り込まれているみたいです。

その他、セミナーを通じて、仕事とは関係ない人間関係が広がったことですね。
ホントに世の中には多才な人たちがいるんだなあというのがわかって感動的ですらあります。

スキルは覚えてもまだまだ使いこなせているとはいえないので、前進あるのみです。

2005/11/06

体育の日

ゼエゼエ……
今日はちょっとばっかし疲れました。

「だいじょぶだいじょぶ」というS先生の口車(!?)に乗って、上級者の方ばかりのクラスレッスンに足を踏み入れてしまったワタシ。
まるで大学生の中の幼稚園児のよう。
ひー。ついていけませ~ん。
おじさまたちの優雅なこと!
ウワサの「後家殺し」さんにもお目にかかれました。
納得。
軽やかなステップだけじゃなく、性格がキュートなんですねえ。

13時から1時間ダンスのレッスンで15時から加圧トレーニング。
いた~い。苦し~い。

運動量としては、十代の頃だったら準備運動程度なのに、今じゃもう足がもつれるんですケド!
つくづく社会人になってから運動してなかったなあと深く反省しました。
で、ダンスの上手な人やジムに来てる人の体型を見て実感したんですよねえ。

みんな引き締まったカラダを維持するためには努力してるわ!
ラクして痩せようなんてワタシが甘かった。
ジムのトレーニングなんて、先生がつきっきりじゃなかったらあんな苦しいもん絶対できるもんじゃないです。
でも、スタイルのいい人ほど、自分に厳しいんですよねえ。

これ実感しちゃったからには、続きそうです。
何よりダンスうまくなりたい。そのためには踊れるカラダを創りたい。
プラスアルファの目標があればなんとかなる……かしらん。

2005/11/05

おいしいものはやめられない

051104_140535ダイエット中ではありますが、おいしいものを食べるのはやめられません。
いや、おいしいものを食べたいがゆえに運動を続けているのかも……!?

昨日は銀座のBEIGE TOKYOでランチを。
ベジタブル料理にしとこ~と思って入ったのに、なぜ魚肉のフルコースを選ぶかね。
「私の筋肉が食べたがってるの」とむちゃくちゃな言い訳をしておなかいっぱい。

これはデザートのメレンゲの器に入ったアイスクリームです。

051104_141628このお店はCHANELとコラボしていて、店舗もCHANELの上。
椅子の布もシャネルスーツの生地と同じ。
コーヒーとともに出てくるチョコもシャネルのボタン型。
椅子と同じスーツを着てきた人がいたら同化しちゃうなと思ったらおかしかったです。
いないと思うけど。

食べた分、動かなきゃと思って今日もダンスのレッスンにいきましたが、どう考えてもまだまだカロリーオーバー。
おまけに帰ってくると眠くなっちゃって(-_\)(/_-)
スリムへの道は遠い……

2005/11/03

レスポンス

最近つくづく思うんですが、忙しいほどレスポンスが早い!
大した内容でもない私のメールに「レス書く暇があったら寝るか仕事するかしてください!」と思うような方たちがアッという間に心のこもったお返事を下さるのです。

例えば、「今原稿送りました」なんていう業務連絡にも、きちんと「受け取りました。お疲れさま」と返してくれるのは、スタッフの中で誰よりも忙しい監督やディレクターだったりするんですよね。

これにはつくづく頭が下がります。

逆に、こういっちゃなんですが、そんなに時間に追われているとは思えない人からの「ありがとう」の一言を伝えるだけのお返事をいただけません。
人はそんな小さなことで人に判断下すことってあるんじゃないでしょうか。

電話、メール、その他通信手段が増えたからこそ、伝えるべきことはきちんと伝えることって大事じゃないのかなあ。
電話嫌いの私がいうのもなんですが……。

箱根のススキ

051102_105529
051102_105905箱根に行ってきました。
かなり紅葉してましたが、最大級にはもうちょっと。
でも、ススキは見頃でした。
秋晴れの中のススキの野原はかなり見応えがあります。

行きは御殿場のアウトレットに寄ってお買い物。
去年ハワイのクリスマスシーズンにバーゲンになっていたものがようやく同じくらいの価格で出てます。
やっぱりアウトレットは一年遅れなのかなあ。
露骨にいつのシーズンのものかわかるようなものはちょっと手を出す気になれず。

紀宮様ご成婚記念でとーってもお買い得になっていたダイヤのピアスとブルートパーズの指輪をゲットしました。
夏から抱えていた仕事がちょっと一段落したご褒美。(まだ決定稿でもないしギャラももらってないのに!)
働くためには目の前にニンジンは大事です!

温泉入りまくってツルツルですが、親孝行の旅行だったゆえ、ちょいと気持ちの方は疲れ気味です(__;)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »