« ドームで | トップページ | 加圧トレーニング »

2005/09/30

花を贈る

今、楽天から親戚の新築祝いに胡蝶蘭を送りながら思い出したことがあります。
(それにしてもネットショッピングってホントらくちん♪)

先日の美輪サマのコンサート会場にあった花、花、花……受付を通った瞬間からむせ返るような花の香りに包まれます。
テレビ局(全局)と名だたる俳優・タレント、事務所、番組名で贈られた花は、公演日半ばを過ぎていたせいか、よく見ると枯れてしまっているものもありましたが、その豪華さには目を奪われます。

「これって後でどーすんだろうね。生ゴミだよね」なんてイロケのないことを話しながら見ていると……なんと1メートルを超えるサボテンが!
誰からだろうと思ってみたら、キムタクからでした。
ううむ。
花も華もないが、たしかに水をやらなくても枯れない。
目立つ。
いいかも……。

しかし、美輪サマは「皆さん、たくさんお花をちょうだいしてすみません。でも、お花買うお金があったら、老後のために貯金しなさいね」とおっしゃっていました。

« ドームで | トップページ | 加圧トレーニング »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

花を贈るのはすごく好きです。
とても妻が喜んでもらえるから。
おかげで結婚して花の名前をよく憶えました。

妻はユリがすきなので、カサブランカ、ソルボンヌ、マルコポーロ、アカプルコ、ル・レーブとか。
そして特別な日にはバラの花を。

お金は、うれしい記憶のためにあると思います。10代のお金、20代のお金、30代お金は同じ金額でも全然違う。
大切にしたい気持ちを伝えられるのが、自分でもうれしい。

>よしぴーさん
ああ、よしぴーさんの奥様は本当にお幸せですね。今度爪のアカください(かなりマジ)

でも、そうやって相手を喜ばせたいと思うのは、奥様からもたくさんの愛情を日々感じているからこそですよね。
求めるだけでは決して相手は応えてくれませんから。
よしぴーさんのそういう優しい心遣いは本当に見習いたくなります。

KEIさん初めまして!
時々こっそりのぞき見しております、奈津子と申します。
私は劇団の制作をしているので、公演の際に劇団あてにスタンドのお花をたくさんいただくのですが、いつも公演後はオアシス(花が刺さっている緑のかたまり)から花を抜いて花束にして「ご自由にお持ちください」って感じでお客さんにあげてます。
前に他のお芝居を観に行ったときに薔薇の花100本くらいのスタンド花を見て「すげー!誰からだ!?」と思ったら夏木マリからで、何か納得しましたw

>奈津子さん
はじめまして。いらしていただけて嬉しいです(^_^)
お花の手配は実際その女優さんがというより事務所がやっているのでしょうが、やっぱり本人の個性が反映されているような気がします。

ブログ拝見しました。
劇団の制作の方ってたまにお話ししますけど、本当に気が利いて控えめで仕事ができて、「こんな人奥さんにしたら男はラクだろうなあ」という人が多いですよね。

独立近いんですね。
頑張ってくださいねっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/6183619

この記事へのトラックバック一覧です: 花を贈る:

« ドームで | トップページ | 加圧トレーニング »