« 帰りました | トップページ | プーケット……海 »

2005/08/04

プーケット……ホテル

今回の旅の大きな楽しみは、憧れのアマンリゾートに泊まることでした。
中でもプーケットのamanpuriは、アマンの第一号ということで、古いほどよいとされるホスピタリティに期待大。

まずは空港でお出迎えはボルボにて。
決して他のゲストと一緒にならないので、待ち時間もなくスイスイ。らくちん♪
以後、どこかへ行きたい時にはいつもボルボがスッと用意されました。(送迎以外は有料)

_278これがフロントの建物。

_275有名なブラックプール。落ち着いた感はあるけど、底が黒というのは正直ちょっとコワイ。まあ一度もここでは泳ぎませんでしたが。

_277部屋はパヴィリオンと呼ばれるコテージなのだけど、これが遠い!1つ1つが独立しているだけに、食事に行くたびにゼエゼエいう始末。

_275_199部屋はかなり広くてドレッシングルーム側がこんな感じ。半分は寝室。洗面台は2つ。そこに1本ずつと寝室に3箇所のミネラルウォーターが置いてあって、飲み干すとすぐに補充されています。
ウェルカムフルーツもてんこ盛り。
タオルもちょっと出かけた間に必ず取り替えてあって。一体どこで見張ってるの!?というほど行き届いた手配。

_281リビングに当たる部分は屋外。暑いことは暑いのですが、風が吹いていると東京にいるよりよほど体感温度は低かったですね。

敷地面積に対して客室数が押さえられているので、いったんチェックインしちゃうと、もうサインも必要なくほとんど顔パス状態(笑)で過ごせます。
世界どこのアマンもそうですが、辺鄙なところにあるので、ホテルで過ごす時間が長くなるわけです。
その分、我が家のように過ごせるというのがコンセプトということだそうで。
決して華美ではないのだけど、落ち着いてのんびりできるという意味では最高でした。

とにかくいえることは、スタッフ全員が感じがいい!
最初ワイという合掌で迎えられた時は、ホトケさまになったみたいで慣れなかったのだけど、手を合わせるという行為は優しい気持ちになれます。
そして、タイの人は笑顔が穏やかで優しいなあというのが、ホテルスタッフに限らず感じたことです。

« 帰りました | トップページ | プーケット……海 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すげーキレイな景色!!!
まるで別世界のような感じ!癒されたい!!

>Ryuさん
癒されます。ハイ。
海はやっぱりいいですよねえ。
海辺のリゾートはやみつきになっちゃうんです。
Ryuさんもビジネスが落ち着いたら、ぜひ。

数日間、いや数週間ステイできたらいいな、と思わせる雰囲気ですね。
設備とか豪華さとか、ある程度は必要ですが、人の思いやりや気遣いが一番心を和ませますよね。
いいなあ、行きたくなってきた。

>よさん
そうですね。キンキラキンだと最初はよくても飽きちゃうんですが、滞在するごとに心地よさを増す雰囲気でした。
とにかく人が控えめで優しい。
サービス業は結局は人に行き着くんだなあと思いました。
いつかおヒマがあったら、ホントにおススメですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/5315193

この記事へのトラックバック一覧です: プーケット……ホテル:

« 帰りました | トップページ | プーケット……海 »