« 早口 | トップページ | マンガ喫茶 »

2005/07/18

「姑獲鳥の夏」

SWもバットマンも宇宙戦争も電車男もまだなのに……
封切り二日目にいそいそと出かける私は京極フリーク。

「姑獲鳥の夏」観てきました。
連休の日曜のせいか、結構な列。
ついにあの京極堂が映像で観られるのねっと楽しみに出かけた。

が、しかし。私ってば……
寝ちゃったんである。3分の1ぐらい。
これはどーしたことか!?
入る前から眠かったせいはあるが、やっぱり原作同様、理屈で進むので、堤京極の心地よいしゃべりに眠気を誘われてしまったのかも。

もちろん原作と映画は違う。原作者の京極先生もインタビューでそうおっしゃっていたし。
そういう目で観ても、どうしても小説の挿絵っぽい印象だったかなあ。
1つ1つの映像はキレイなんだけど、フラッシュの連続で、特にクライマックスはなんかしっくりしてなかった。
なんでかなー。

それでも、私の想像の中の京極堂より古書店がずっとステキで、豪華なキャストはよかった。
脚本は随分昔にちょっと話をしたことのある猪爪さん。
がんばってるんだなあと嬉しくなった。

一人で観終わって、外で待ち合わせしていた友人に会ったら、「ねえ、今出てきた人、『あーつまんなかった』って言ってたよ」だって。
原作読んでないとちょっと(というかかなり)わかりづらいかも。

« 早口 | トップページ | マンガ喫茶 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「姑獲鳥の夏」観てきましたよ。
KEIさんが寝てしまったというのが、よくわかりました。
あっさりしすぎてて、お茶の間ドラマ観ているような感じで、、、。
流して観てしまうというか、観てなくても問題ないというか。
心理描写が足りないというか。
少し、ゾクゾク感があっても良いかな?
って、これはゾクゾク感が無くてはいけない映画ではないでしょうか?
と思うのですが。

>Keiさん
そーですかー。ご覧になりましたか。
いやあ、フツウの方にはあんまりおススメしないんですが(笑)
原作からいえば、必ずしも「ゾクゾク感」はあるべきものでは
ないんですね。
ただ、予告やポスター見たら期待しちゃうのもわかります。
そういう意味ではビミョ~な作品ですよね。(すんごいわかりにくい言い方(笑))

ここに書き込むのは初めてです。
お久しぶりです^^

「姑獲鳥の夏」は私も見に行く予定なんです。原作のファンなので。
うーん、いまいちなのかあ;;カミサンも寝ちゃうかな^^;

「魍魎のハコ」に期待って事でしょうかw

>ひなまさ師匠
わお。お久しぶりです!
そーでしたかー。師匠も京極ファンとは!?
いえいえ、映像はキレイでしたよ。
原作の挿絵だと思ってみるとよいと思います。(すごい失礼)
ハコは楽しみですよね~。
私としてはあとクモも!
ご覧になったら感想教えてくださいねー。

KEIさま
私も観てきましたがなんとも、おっしゃるとおりで・・・。
でもたった一つ!私は讃岐の国の出身なのですが原知左子さんのあの喋り口調、これはその土地の人間しかわからないことですが、アクセントが讃岐の国の人が喋っている言葉そのものだったのです。
聞きながらぞぞぞzと鳥肌が立ちました。
それほど、細かいことにまで執着しているのか?ととても驚きました。気がつかない人のほうが多いと思いますが・・・。いろいろと細かいところに凝りまくった、いえ、凝りすぎたのかもしれません。。。

>ykrさま
そーなんですか!?讃岐のアクセント!
確かに出身の人でなければ気がつかないポイントですね。
しっかり方言指導入れてたんですねえ。

京極堂の看板が京極先生直筆だとか、落款が押してあるとか、細部のこだわりはまだまだありそうですよね。
障子にスライドのようにウブメさんが映っていたりとか、隅々にまで凝った映像だなというのは感じました。
が……(笑)

昨日、ようやっと見てまいりましたー^^
はじまって最初の5分間音声が出なくって、巻き戻してもう一回最初からという、おまけつき;;

感想は、確かに仰るとおりでした。映像は綺麗でしたね。傾いた構図多くて酔っ払いそうでしたが、概ねイメージ通り。DVD出たら細部までよおっく見なくては!次回作に期待が持てます^^
私としては、堤真一のしゃべり方が長井秀和みたいで、いつ”間違いない”って言うのかハラハラしました。(爆)

>ひなまさ師匠
えっ。まだやってるんですかー。
ロングラン?
すごいなー。
でもやり直しってスゴイ(笑)

イメージどおりでしたか。
酔っぱらいそうってすんごくわかります。
サブリミナルかと思いました(^_^;)
次回作はどなたが監督されるんでしょうねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/5013326

この記事へのトラックバック一覧です: 「姑獲鳥の夏」:

» ★「姑獲鳥の夏」 [ひらりん的映画ブログ]
公開初日のナイトショウで観てきました。 0;30からだっていうのに、8割がた入ってました。 (150席くらいのちっちゃいスクリーンだったけど) 客は、ほとんど男・男・男・・・って、どういう事?? 2005年製作のミステリー、123分もの。 あらすじ 昭和27年の東京。 産婦人科の久遠寺医院に不可解な噂が・・・・ 20ヶ月もの間、妊娠し続けている娘・・・ 密室から失踪した、そ... [続きを読む]

» 「姑獲鳥の夏」という発表会 [絡新婦と野狐の寄り合い所]
京極夏彦原作の話題作「姑獲鳥の夏」を見てきた。 なんと満席 開演前、映画館では「京極夏彦ってあれとった人だよね?」          「陰陽師なの?」「こわいらしいよ」などの談笑がちらほら。 ん〜君たち何を理由にこの映画を選んだわけだね?と… 京極夏彦と言えば、ついついみんな手甲つけて、着物きて、 地蔵とライフジャケット持参でくるかと思っていました。 あと編みかけのセーターも要持参です。 出演者と監督が豪華ってのが集客要因です�... [続きを読む]

« 早口 | トップページ | マンガ喫茶 »