« 京極噺 | トップページ | Music Baton »

2005/06/26

「失踪日記」吾妻ひでお

友人に薦められて読んでみた。
悲惨なのにほのぼのしちゃうのは、絵と語り口がヤワラカイからだ。
でも、寒さで死にそうになったり、山の中で寝ていたら夜の間に雪が降って、その雪の重みで藪の笹が倒れて、朝になったらいきなり視界が開けていた、なんて経験してなきゃ描けない。

後半のアル中病棟の話もほのぼのと悲惨で。
吾妻さんがどうして逃げたくなったのか、お酒を飲まずにいられなくなったのかは深い考察があるわけではない。
また本人だってそんなこと理路整然とわかってるわけじゃないからこそ、そうなったんだろうし。

でも、つくづく死んじゃったりしないで、こうして「今だから笑える」といえるようになってよかったなと思う。
現実から逃げたくなった人は読んでみるといいかも。

失踪日記
4872575334吾妻 ひでお

イースト・プレス 2005-03
売り上げランキング : 48

おすすめ平均 star
star続編でないかな~?
starあの世からの帰還
starかつての吾妻ファンなら必見!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 京極噺 | トップページ | Music Baton »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

吾妻ひでおって漫画家ですよね。僕が読んだことがあるのが遠い昔に二人と五人、だったけな。25年はたっぷり昔でしょう。
何か人生イロイロあったみたいな本のタイトル・・。気になる。
わたりひでお先生もいろいろあったみたいで、マスメディアに登場する人は大変なのかなあ。一般人でよかった。

僕も大分前に読みました
軽やかに壮絶な話が書いてるんですよね
自分のことをギャグにできる
冷静な分析力が凄いと思います

>よしぴさん
そうそう「ふたりと5人」ってこの本の中にもどんなふうに書いてたかが出てきます。
たぶん絵(漫画)をみたら、大抵の人が「ああ、この絵を描く人ね」とわかるくらいメジャーな方ですよね。
何かを表現するってある意味自分を追い込んでいくことなんだなと思うと、私なんてまだまだだと思います。

>maruさん
そうそう。まさに「軽やかに壮絶な話」を描いてるんですよねえ。現実に考えたらすごいぞと思うような。
こうやって壊れて終わってしまう人もたくさんいると思うんですが、いったん地獄を見て這い上がってきた人は強いと思います。つくづく。

わたりとしお、先生でした。恥ずかしい・・。

わたりとしお先生を存じあげないので、ちっともわからずでした(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/4715446

この記事へのトラックバック一覧です: 「失踪日記」吾妻ひでお:

» 失踪しようかな [批評.com]
これを読んで私も失踪したくなりました。。。 (^^; 週7日飲んでいるあなた!他人事ではないですよ。 吾妻ひでおの失踪日記 やはり実話の迫力。。 たばこを買いに出たまま失踪して野生の大根(なんてあるかって。。。)を食べて暮らすホームレスの体験談。 「腐ったりんごが温かい」なんて体験しないと書けな...... [続きを読む]

« 京極噺 | トップページ | Music Baton »