« MRI | トップページ | 読書・映画三昧 »

2005/05/05

「コンスタンティン」

コンスタンティン」見てきました@六本木シネマ

いやあなかなか面白かった!
キアヌ・リーブスが演じるとどうしても「マトリックス」に見えちゃうのは否めないけど(笑)
肺ガンのダークヒーロー云々というより、独特の世界観がよかった。
公式サイト(←凝り過ぎていて表示が遅過ぎっ!)のプロダクションノートを読んでいると、ワンシーンごとに実に気の遠くなるような手間隙(と制作費)がかかっているのがよくわかる。
そういうのってやっぱり画面に奥行きとして出るから。

「ダ・ヴィンチ・コード」の時もそうだったけど、キリスト教の奥義をよく知っているともっと楽しめるだろう。
個人的には大天使ガブリエル(ティルダ・スティントンが中性的でgood)とルシファーのシーンが好き。
ってキアヌが出てないか。

いかにもパート2が作られそうなエンディング。
悪魔払いにつながるオープニングは「エクソシスト」にそっくり。

ちなみにこの映画、2月初旬に行った韓国ではとっくにロードショーされてた。
なんで日本は遅いのか。あ、GWにぶつけるためか。納得。

これから観ようと思っている方、場内が明るくなるまで席は立たない方がよいです。
スタッフロールが流れたあと、もうワンシーンありますので。

« MRI | トップページ | 読書・映画三昧 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/3985500

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンスタンティン」:

« MRI | トップページ | 読書・映画三昧 »