« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005/04/30

「泣ける2ちゃんねる」

最近「電車男」を初めとしてネットから出版される本が相次いでいる。
これもその1つ。
この本を買ったのは、泣かせる話を書かなくてはいけなくて、そんな「泣けるモード」に自分を追い込むためだった。
いわば不純な動機。

でも、泣ける。泣きたいわけじゃないのに、エピソードを5つも読んだらもうダメだ。
なにせ匿名掲示板からだから全部が全部真実とは限らないだろう。
でも、経験してなきゃこうは書けないだろうなという話ばかり。
それも特別な人じゃなくて、そこら辺にいるごくごくフツーの兄ちゃんやらネエちゃんやらオジサンやらオバサンやら、そんな人たちからのカキコなんだけど、胸を打つ。
家族、恋人、ペット、それぞれの別れに伴う痛みはみんな共通なんだなあ、と。

最後に現実的なことも言ってしまえば、涙を流す行為はそれだけでストレスを解消する手助けになるとか。
だから泣きたいけど泣くほどのこともないし、泣ける映画やドラマを見るのも面倒だ、という人には完璧にすぐ泣けるタマネギみたいな効果もアリです。

泣ける2ちゃんねる
泣ける2ちゃんねる管理人

コアマガジン 2004-02-14
売り上げランキング : 4,150

おすすめ平均
泣きました、はいw
×泣く ○嗚咽
読む時は、ティッシュを箱ごと用意。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2005/04/29

人生経験値

ネットお友達のEさんのところから拝借してきました。
面白いので、おヒマな方は人生振り返ってみませんか?(笑)

入院 ○(小学校の頃)
骨折 ○(右腕の傷跡は自殺未遂じゃありません)
献血 ○(3回ぐらい?)
失神 ○
結婚 ○
離婚 ×
フーゾク ×
しゃぶしゃぶ ○
エスカルゴ ○
万引き ×
補導 ×
女を殴る ×
男を殴る ○(短気なんで)
就職 ○
退職 ○
転職 ○
アルバイト ○
海外旅行 ○
ギター ×
ピアノ ×
バイオリン ×
メガネ ○
コンタクト ○(1カ月使い捨て)
オペラ鑑賞 ○(大抵寝ちゃいますが)
テレビ出演 ○(エキストラをそう呼んでいいのなら)
パチンコ ○
競馬 ○(ビール飲みながらボチボチするのが好き。でもギャンプラーではない)

続きを読む "人生経験値" »

2005/04/28

通販マニア……その3

最近じゃネットで買えないものってほんとんどない。
私が日常的に利用しているもの……本・キャットフード・猫砂・ミネラルウォーター・洋服・果物・人に贈る花

そんな中、最近初めて利用したのが、名刺印刷
普段使っているのは、事務所が作ってくれたものと自宅住所の入った個人用の2種類。
個人用の方は、今までは紀伊国屋で頼んでいたのだけど、ややシンプルすぎて飽きてきた。
で、友人が「いいよ」と勧めてくれたのが上記。
海外で印刷されてはるばる送られてくるのだけど、多彩な種類、カラフル、安い。
で、今回試しに頼んでみた。
なかなかおしゃれ。
日本サイズと微妙に違うので、やや小さめだけど、それもまたおしゃれと思えばよし。
キャンペーン期間中だったので、思わず住所シールまで頼む。

2005/04/27

通販マニア……その2

私は自他ともに認める通販マニアだ。
ちょっと前まではカタログだったけど、最近はインターネットなので、考える間もなくクリックで宅配便が届いてから「え。こんなの買ったっけ?」なんてことがある。
どうやら仕事中、何か買うと届く「もっとこんなのありまっせ」メールに「ふうん」なんて思ったら即買ってるらしい。
chakoro
だから失敗も多いのだけど、これはなかなかのヒット。『茶香炉』
集中力を維持するには、低くかけたBGMとかすかな香りがよいと聞いて、音楽の方はモーツァルトを中心にα波が出るというものやらヘミシンクやら、サウンドヘルスやらと銘打たれたものがズラリ。
そして、ちょっと前まで香りの方はアロマを使用していたのだけど、水は足さなきゃいけないし、香りも長くは持たない。
で、一度人からいただいた茶香炉を炊いてみたら、これがGOOOOOD!
お茶はくき茶で十分。
あま~くて香ばしいとってもいい香りに癒されます。おススメ。

2005/04/25

事故

今日は10時近くにのこのこ起き出してテレビをつけたら、えらいことになってました。
そう、あの福知山線の事故。
最初は3人だった犠牲者が、仕事の合間にテレビをつけるたびにどんどん増えていく。
しかもあの現場のすさまじさ。
なんといっていいのか。

「いってきまーす」と朝出かけた家族がもう帰ってこない、なんて大抵の人は予想しない。
中にはケンカしたままそのままという人だっているかもしれない。

地下鉄サリンの時、寝坊して命拾いした私としては、なんだか人ごとでもない話。

今こうしている間にも真っ暗闇で苦しんでいる人がいると思うと、一刻も早い解決と、そして体と心に傷を負った人の回復を祈るしかない。

2005/04/23

「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」

「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」を観てきました。@スカラ座 18時30分~

公開初日なのにガラガラ。ううむ。
ロバート・デニーロとダコタ・ファニングの共演というのと、なんかセンスのよさそうなホラーだな~ということ、それとこの作品でデビューした脚本家のオリジナルであることなどの理由で観に行ったのだけど。

期待し過ぎました。ハイ。

ラスト15分は誰にも話さないで下さいというので、ワクワクしながら待ってたのだけど、え?これだけ?
一応のどんでんはあるんですけどね。
あ、もちろんネタばれになるので書きませんが。

ダコタはさすがにうまいです。
なにせ私、「I am Sam」を飛行機の中で観ちゃって号泣させられちゃったくらいで。
このままバーンアウトせずにいい女優さんになってほしいなあ。

しかし、つくづく思うけど、ホラーってある程度のしかけ、それは演出だったりストーリー上の仕組みだったりするわけだけど、それで怖がらせるところがあると思う。
でも、それっていつか観客は慣れてしまうもの。
「サイコ」の真犯人、「キャリー」のラストシーン、「シックス・センス」の真相、「リング」のテレビから這い出す貞子、「呪怨」の白塗りのカヤコ、「アザーズ」の真相……なんてところが私の中での最近のヒットなのだけど、バリエーションはあるにしても、「またか」では客は驚かないわけで。
作るのは大変だろうなあと人ごとのように思う。

私の場合、ホラーを見る心構えには2つあって、それはジェットコースターに乗るのか、お化け屋敷に入るのか、どっちかだ。
前者はとにかくずっとドキドキしたい。(「呪怨」なんかこのパターン。もーワケもなくこわがらせて~)
後者はストーリーでドキドキする。構成とか仕掛けで。
「ハイド~」は明らかに後者のつくりなので、途中かなりたるいところがある。
真犯人も全然意外じゃないし。
やっぱり期待しすぎたかなあ。

はしごの日

原稿を出して、週末は打合せはなしと聞いて、引きこもり生活から一転外出の一日。
まずは鍼へ。「よくもまあこんなになるまで……」と先生にあきれられる。

午後からはご招待いただいたミュージカルへ。
人気声優の横山智佐さんと鈴木真仁さんのユニット・ピンクレインボーを中心にした芝居で、もともと女王様キャラの松野さんを楽しみに出かけたのだけど、これがまた思いのほか楽しい舞台だった。
声優さんってアニメ声っていうんでしょうか、ものすごく通る声をしているので、唄も芝居も聞きやすい。
横山さんがとってもキレイでスタイル抜群で、それでいてどこか素朴な味を残しているのがよかった。

勢いでそのまま映画を見るため日比谷へ。
うちから10分で行けるのに考えてみたら3カ月ぶりぐらい。いや、もっとか?
時間があったので、ゆっくり本が読めるところ、と考えて帝国ホテルのユリイカへ。
長居ができてコーヒー飲み放題ってファミレスと一緒なのだ!

映画についてはまた別記。
舞台→映画なんてハシゴはさすがに初めて。
出かけるまで疲労感が残っていてだるかったのだけど、楽しいものを見ているうちにすっかり元気になってしまった。
きっとアドレナリンが放出されたんだろう。

2005/04/22

バキッ!ドキッ!

まずバキッ!の方。
先日書いたスカルプチャー2本。やっぱり異物は気になるのか、ストレスの余りなのかわからないけど、気がつくといじっていたり、噛んでいたり。そしたらバキッと割れました。
そうなると、ますます気になるので、もっといじっていたらポロッととれました。
はかない1週間の命。
やっぱキーボードを恒常的にたたく人間には爪のおしゃれは向かないようです。
私だけ?

ドキッ!の方。
私はワープロソフトはもっぱらOASYSを愛用してるのですが、まあこれだとデータが飛ぶなんてことはめったにないわけです。
なので普段もあんまりバックアップはとってないです。
それで困ったこともあんまりないし。
原稿送る時には必然的にサーバーにデータが残るので、いざとなればそれで……というのもあったし。
が、今書いてるのは長尺もの。
台本ページにして100ページを超えたところではたと気づいたワケです
「これ消えたら書き直せない」
で、めったに使わないUSBクリップドライブ(名称正しいのか?)にこまめにセーブしたのでした。

で、今朝。
さーて。今日でアップだ~と昨晩の続きを開いたところ……
げげげ。なぜ?なぜ?なぜ昨日の昼間のデータが最新版!?
心底驚きました!
もーやだ。おんなじシナリオなんて書けないよー。

が、結果はオッケー。
なんてことはない。夕べ寝る前にセーブしたデータをUSBの方に入れちゃってただけでした。
ちゃんとそっちからコピーしてセーフ。
慣れないことはするもんじゃないです。
たとえリスク管理でも。
ホントに焦った……。

かくして夕方までになんとか送信し、そのまま会議へ。
10日ぶりに電車に乗ったらクラクラしました。


2005/04/21

通販マニア……その1

_182Ally「ねえ、見て見て。またなんか届いたわよ。私たちのネコ缶かしら?」
Ryu「いや、ちゃうやろ。バカでかいし。ネエちゃん、またネットでいらんもん買いよったんや」
Ally「ホント好きよねえ。クリックひとつで買えるからラクチン~とかいっちゃって、どれだけ散財してんだか」
Ryu「ホンマや。そんな無駄遣いするカネあるなら、わしらにもっとうまい猫メシ買えて言いたいわ」
Ally「でも、これ、ホントに邪魔ねえ。なにかしら」
Ryu「あ、なんか言うてる。テーブルセットやて?」

(注)……左 Ally 東京生まれ 右 Ryu 大阪生まれ

2005/04/20

残業

午前1時。電話打合せの最中、相手のPが「うわ~やめて~!」と叫んだ。
何事かと思ったら、オフィスにたった一人で残っていたのを警備員さんが気づかず、電気を消されてしまったらしいのだ。
こっちは自分ちだが、たった一人の会社じゃさぞ怖いでしょうに。
しかも、話の初めに「今日はホラー映画の試写会に行ってきたからゾクゾクしてる」なんていってたばかり。
ああ、かわいそうに。嫁入り前のムスメがこんな時間まで働いて……って私のせいなんだけど。
その2~3日後も私の原稿が遅れているがために、デートをキャンセルした模様。
男性Pだとなんとも思わないが、女性だと余計に申し訳なさが募るのであった。
だったらとっとと書けよ!
一応自分で突っ込み入れてみます。反省モード。

そんな引きこもり生活が1週間以上続いたせいか、ヤな夢を見た。
正確にいうと、夢から想起して考え事をしてたらしい。
もし戻れるなら何歳に戻る?なんてこと。
グルグル巡る考え事をした挙げ句、結局は「考えたってしょーがないじゃん」でいつもの自分に戻ったのだけど。

2005/04/19

待機&write

VTRの編集の上がりを待って、ナレーション原稿を書く、というのが今日の予定の1つ。
編集が遅れているとディレクターから恐縮して電話。
でも、家にいてやることはいっぱいあるのでご心配なく、って感じだ。
というか、別件の仕事のホンが遅れに遅れていて、外出するどころではないのだった。はあ。
編集が遅れる→MAまで時間がなくなる→必然的に集中して仕事をせざるを得ないという図式が成り立つので、実は早めにもらうより、効率はよかったりするのだ。
と、言いつつバイク便はまだ来ない。
ちょっと胃が痛くなってきた待機中……。

2005/04/17

スカルプ

「忙しいかどうかって爪を見ればすぐわかりますねえ」
会員になっているネイルサロンのネイリストさんの言葉。

忙しい=パソコンに向かいっぱなし、という私は、爪が少しでも伸びてくると、キーボードにひっかかるのがイライラするのと、ストレスからなのか、噛むというよりちょっとでも亀裂が入ると、そこをビッとむしってしまうクセがある。
だから忙しい時はいつもつんつるてん。
子供みたいな爪になってしまうのです。

こうなると、マニキュアも指輪も似合わないだけでなく、プルトップは開けられない、物は拾い上げられない、いいことがひとっつもない。

そこで、今回初スカルプチャーに挑戦した。
といっても10本全部やって失敗したらコワイので、右手の人指し指と中指だけ。
なるべく自然な長さにしてもらった。
見た目は自分の爪を伸ばした時と変わらない。
というか、スカルプつけさえすれば、カッコよくなると思っていたので、ちょっとがっかり。

今日で1週間経つが、もう違和感はない。
思ったよりずっと丈夫だし。
でも、地爪が伸びたらはずすか、つけ続けるか、まだ思案中。
誰も人の指先なんて見ちゃいないんだけどね。


2005/04/16

トイレ掃除

先日朝のワイドショーを観ていたら、コメンテイターに医師のA氏が出ていた。
最近は著書を何冊も出版されたり、雑誌やテレビでよくお顔を拝見するようになった。

しかし……
私はこの人の顔を見ると、どうしても「トイレ」を連想してしまうんである。

なぜなら。
今から数年前、とあるドラマに必要で医師としての意見を取材すると同時にインタビュー収録をするために、週末のある朝ご自宅に伺ったことがあるんである。

奥様は不在だった。
私はトイレを借りた。
う~ん。そのトイレがね……とてつもなく汚れてたんですよ。
私は迷いましたね。
このまま出ていって、次にスタッフか先生が入ったら、汚したのは私だと思われるじゃん!

で、どーしたか。
掃除しましたよ。ハイ。
人んちのトイレをなぜか。せっせと。

というわけで、かの先生の顔を見ると、どうしてもまず浮かぶのはトイレ。
そして、どんなに立派なことをいってても、トイレがアレじゃな……と素直に聞けなかったりするんです。

2005/04/15

猫だんご

_229
猫を複数飼ってる人ならご存じ「猫だんご」。
つまり猫同士が仲良しで、寝る時に絡まり合って寝ている様子のこと。
私は、2匹目の猫を飼った時からこの猫だんごをとっても楽しみにしてたのだけど、うちのコたちは3匹とも仲が悪い(T_T)
たぶん2年ずつ年が離れているせいだと思うのだけど。

一番目と二番目は悪いってほどではないけど、「一緒に寝る?そんなの御免」という感じ。
3番目はみんなに嫌われている。
「遊んで~」攻撃がしつこいから。
でもって、2匹からシャーシャー言われてる。
でも、本人は全然気にしてないけど。

今日は家から一歩も出ず。
こんな日はもっぱら猫が話し相手。

ちなみに私が猫を2年ごとに飼っているのは、まあそのくらい経つと仔猫が飼いたくなるというせいもあるし、住宅事情が許すようになった、ということと、もう1つは自分のペットロスがこわいからだ。
ペットはどうしても人間より長生きはできない。
どんなに可愛がってもいつかは見送らなくてはいけない。
実家の猫に死なれた時の空虚感がつらかった。
いつか必ずやってくる「その日」のために、少しでも悲しみを紛らわせるようにと増えてきたわけだ。
それも立て続けにこられたらまいってしまうので2年離して、という理由。
なんだか我ながら姑息だけど。
そんなことしたところで、そのときになればどれほど悲しいか、想像もできない。したくない。
だから今この目の前にいるコたちとの時間を大切にしたい。

2005/04/14

本屋

昼間に見る夢ってヘンなものが多い。白昼夢という意味じゃなくて、本当に眠ってて見る夢のことだけど。
今日は午後の時点で、あまりに調子が悪いので、会議は欠席しますと連絡を入れて、午後4時にちょっとだけと思って横になった。そのままハッと気づいたら午後8時。
見なきゃいけない番組があるのに!と思って飛び起きる。
その間見ていた夢が妙だった。友達とどこかのホテルに泊まりに行くのだが、週末のせいで全くの赤の他人の家族と同室になるというもの。その家族の赤ん坊の顔まで鮮明に覚えてる
なんだったんだ……。

近所に大きな本屋ができた。歓迎だ。
が、はたと思った。最近本屋で過ごす時間が短くなったな、と。
前は手当たり次第に手にとっていたら何時間でもいられたものだけど、最近はパッと行って平積みのものをチェックする程度。
なぜかと思ったら、本はネットで買うようになったからだ。

新聞やメルマガの書評で「あ、おもしろそう」と思ったら、すぐにアマゾンへ。
クリック。ついでにこんなのもありまっせ、と表示されたら、これまた言いなりでクリック。
手元には早ければ翌日に届く。
ペラペラめくりができない分、たまには失敗もあるけど、クチコミ情報があることも多いので、ハズレはそんなに多くない。
読み終わったら、とっておきたい本以外はすぐにマーケットプレイスに出品して売ってしまう。
売る時はヤマトのメール便が自宅までとりにきてくれるので、これまた外出いらず。
こうしてますます出無精になるのだけど。

ちなみに本はアマゾンでも楽天ブックスでも買えるけど、ポイントをゲットできる分楽天の方がいいようだが、在庫は圧倒的にアマゾン、配達までの時間もアマゾンの方がずっと早い。

2005/04/12

同じ材料

ドラマとか映画をつくっていく時に、プロデューサーや監督とイメージを伝え合うのに「あの映画のあのシーンみたいな感じ」ということがよくある。
したがって仕事のために映画はたくさん見ておかないといけない。
内館牧子さんなんかは、デビュー前に年間280本ぐらい見てたそうだけど、私はとっても及ばない。
多い時で80本くらい。

今回もある映画を見ておかなかったために、どうしても相手の言ってるイメージがつかめないということがあった。
すぐ見ればいいだろーという話なんだけど、てっきりロードショーが終わったばかりでまだDVDになっていないある映画と勘違いしてしまっていたのだ。

そのことに気づいてようやく今日その映画を観た。
観た瞬間に納得。「あ、これか~」と。
そんなもん。

1つの同じ料理を作ろうと目指しているなら、同じ材料を揃えないとダメってこと。

材料といえば、食事。これはリアルな食事の話。
このところ引きこもって仕事しているせいか、運動は全然できない割りにストレスがたまって、たまに食べようとすると妙に脂っこいものが欲しくなる。
それと炭水化物。
つまりデブまっしぐらの食生活ってわけだ。
脂肪溶解注射も予約しては行けずにキャンセル、これをもう3回も繰り返している。とほほ。
溶解できずに妖怪と化しつつある農繁期。

2005/04/11

花冷え

_175


先日の日光の写真。二荒神社から東照宮抜ける参道。

桜も満開の晴天の日曜とうってかわって雨降りの月曜。
なんかもの悲しいですね。
こういうのって「花冷え」っていうのだそうで。

昨日は花粉症がひどくてボロボロだったのだけど、今日はなんだか花粉も洗い流されていくようだ。
桜が散るのはまだもうちょっと待ってほしいものだけど。

最近の気になるニュース。
中国の日本の国連常任理事国入りに反対するデモ。
ニュースを見てて思ったのは、この暴動というか暴挙を起こしている人たちのどれくらいが本当の意味わかってやってんのかな~ということ。
そりゃあ中には祖父母の代で日本にひどい目に遭わされたという人もいるでしょうが、今現在、日本のせいで生活苦に陥っているとか、迫害されているという人はまずいないわけでしょう?
みんながやるから、面白いから、という理由でどんどんエキサイトしている人も多いと思う。
ゲームのように笑いながら投石する人たちを見てたらゾッとした。
「暴徒」ってこういう人たちのためにある言葉なのかも、と。

チャールズとカーミラ。
よかったですね。とりあえず。
おめでとうございます。
出会って35年?
そんなに別れられないほど好きなのね、と立場を超えた人の愛憎をとくと見せていただきました。
こうなってもやっぱりダイアナに対する「かわいそう」の声は聞こえなくなることはないわけで。
いや、むしろ増すのかな。
ダイアナが生きていて再婚でもしてたらまた全然違ったんでしょうが。
ホントに運命って……
人って間違ってみなきゃわかんないけど、できることなら間違った結婚はすべきじゃないですね。

2005/04/10

友達の友達は

誰かと「気が合う」と思うのは、お互いの中に見出す共通点が多ければ多いほどそう感じる割合が高いように思う。

そういう人とは話題が尽きなかったり、一緒にいていい波長で仕事ができたりする。これは男女問わずだ。

が、不思議なことにそんな“合う人”の仲良しが自分と合うかというと、これは違うことが多い。もちろん「類は友を呼ぶ」で、紹介された友達の友達ともいい友達になれることもあるのだけど、「えーどうしてこの人とあなたが合うの?」と思うケースも。

まあ、人はそれぞれ違った面をたくさん持っているので、当たり前といえば当たり前なのだけど。

最近そんなケースがたくさんあったので、友達の友達は皆友達じゃないな、と思った次第。

2005/04/09

花粉症アンド……

いつもいつも継続的にというワケではないのだけど、クシャミが連続して出たり、目がかゆかったり、鼻がむずむずしたりということが最近多い。特に窓を開けると頻繁だ。

ついに花粉症にかかったらしい……

と思っていたら、次にノドの痛み、頭痛、だるさ、熱っぽさときた。ううむ。花粉症って奥が深い、と思っていたら、どうやらただのカゼだったらしい。

早速医者にいくと、「ただのカゼ。インフルエンザではないので大丈夫」だという。

何が大丈夫なんだかよくわからないけど、まあいいや。

こんなときに限って立て込んでいる仕事。

せっかくの桜の満開も家の近くの1本ずつの木しか見てない。ああお花見したい……

2005/04/07

フリーノート

最近立て続けにとても上手なノートの使い方をしている人に出会った。

大きさは文庫本くらい。

一人の人はリングノートに読んだ本の感想・マインドマップ、仕事のメモ、思いついたことなどを4色ボールペンでどんどん自由に書き込んでいた。

「仕事でアイデアに詰まった時にパラパラ見てるとなんかわいてくるんですよ」とのこと。

もう1人は、文庫本と同じつくりのホワイトノート。(罫線もなし)

打合せ用でもあり、アイデアノートでもあり、長く待たされた時の落書き用でもあるとか。

私もネタ用のノートはもちろん用意してあるのだけど、面倒なので全然持ち歩いていない。さらに「夢用ノート」があり、読んだ本ごとにマインドマップを書くためのA4サイズのノートがある。

これって分け過ぎなのかも……

ということで、早速文房具屋さんをのぞいてみたのだけど、持ち歩くにピッタリでガンガン書き込めるというものに出会わず断念。

日光

_187日光で出席しなければならない会合があり、仕事の合間に出かけてきました。
同行のKさんは徹夜明け、私は3時間睡眠とヨレヨレの状態だったのだけど、用事を済ませてから、なんとか時間をやりくりして二荒神社と東照宮へお参り。
徳川家のお墓をつくっちゃうほどのパワースポット。
お参りして片っ端から手を合わせていくうちにだんだんとすがすがしい気持ちになっていくから不思議。
東照宮は修学旅行のメッカなのだけど、記憶に強く残っているのは、陽命門と三猿ぐらいだった。
あの頃は知識がなくて全然わからなかったけど、今見てみると、いかに風水が取り入れられているかよくわかる。
純粋に神様を祀っている二荒神社と徳川300年の安泰を歴代将軍が祈った東照宮では漂っている雰囲気も全然違う。
_177
宿は足を伸ばして中禅寺湖金谷ホテルへ。
まだたくさん雪が残っていた。この時期が一番湖が美しく見えるそうだ。
シーズンオフのせいか、びっくりするくらい人がいなくてお風呂もレストランも貸し切り状態。
思わず「シャイニング」の世界を想像してしまったほど。
キャンペーンもいろいろやっているので、静かに温泉を楽しみたい人にはオススメです。_180

2005/04/03

一分咲き

ほとんど引きこもりの週末だけど、少しだけ出かけた時、上野公園を通ったら、桜はまだほとんど蕾のままだった。
けれど花見客はたくさんいる。きっと「この日ねー」と約束してしまったので、とりあえず花はなくても団子!ということで集まっているのだろう。

友人の子供のお祝い事で昔の友達と集まる。
仕事があるので早々に失礼したのだけど、専業主婦と世知辛く働いている私と、流れている時間は違うけど、会ってしまえば昔のままの部分も確かにある。
それが確認できたのはよかったのかな。

ご飯を作るヒマがないので、つい出前に頼る。
最近は和洋中なんでもあるので便利だ。
今日はパスタとピザとサラダとケーキのフルコース。
パスタなんぞちゃんと陶器の器に入ってくるから驚いてしまう。
味もまずまずだし。
こういうのってアイデア次第でいい商売になるんだろうなあと、やる気はないが食う気はあるので、もっとたくさんお店ができればいいのにと無責任に思ったりして。

2005/04/01

メンテの日

あ、今日から4月だ。新年度だ。関係ないけど。
今日区役所ホールの前を通ったら、某銀行の入行式をやっていた。
ピカピカのスーツに身を包んだ若者たちがいっぱい。
3年後には何人残ってんだか、なんて意地悪なことをチラリと思ったりしつつ横目で見てた。

ついに肩こりがひどくなりすぎて腕がしびれてきたので鍼へ。
ホントはここまでひどくなる前に行かなきゃいけないのはわかっちゃいるのだが……。
先生に「中身のない風船みたい」な状態だと言われる。とほほ。

切羽詰まったスケジュールながら、夜はフォトリーディングの2時間再受講クラスへ。
びっくりしたのは、平日の、それも金曜の夜だというのに、遅刻・欠席がほとんどなかったこと。
これはセミナーを受講した人は無料で受けられるものなので、とかくタダとなると出席率が悪くなりがちなのだけど、フォトリーディングを学ぶ人たちはそれだけ熱心ってことか。

さて。昨年秋の受講、再受講からそんなに時間はたってないはずなのに、いつの間にやら自己流になってしまっていた私のフォトリーディング。
どうりで効果がイマイチだと思ったら、基本をはずしていたらしい。
ということが、再受講をして確認できたのと、チーフインストラクターのS先生が経験の中から発見した、よりよい方法を学べたので実に実り多い2時間半だった。
さー。改めて本はパラパラ右脳にたたき込んでいこう、と思った次第。

忙中閑ありなんていったら、あちこちから殴られそうな状態の中、カラダとスキルのメンテナンスができた一日。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »