« 「記憶の隠れ家」 | トップページ | 「真実」 »

2005/02/04

大雪お見舞い

東北在住の方のブログを読んでいたら、あまりの豪雪の中、東京発信のニュースの「東京は今日も冬晴れです」というニュースがドタマにくる、とあった。
そうでしょう、そうでしょう。
だって、ニュースを見るとすごいですもんね、雪。

年末にたった50センチの雪に往生した身としては、身長より高く降り積もった雪がどんなに大変がわずかながらも想像はつきます。
確かに東京は今日もよく晴れてました。ハイ。

でも、その分カラカラに乾燥してて、カゼひきにはつらい。
今日、私に電話してきた人はみんなあまりのガラガラ声(というかほとんど出ない)に驚いて、そそくさと切ってしまわれた。

一人でいてメールしたりインターネットをいじっている分には何の支障もないのだけど、誰か来たり、電話の時、声が出ないとホントに困る。
昨日は打合せで初対面のPとお話しするのに、ほんっとにつらかった。
先方も「なんじゃ、こいつ」と思われたはず。
声も大事なコミュニケーションの道具なんだと思い知る。

話がハゲしくそれるけど、その初対面のPとは、10年くらい前にある共通の知人の結婚式で同じ会場に居合わせたことが判明。
なんかとっても不思議だ。
世の中狭い。

クスリで頭がボーッとして、やることはたくさんあるのに進まない。
困った困った。
こんな日は思い切って早く寝ちゃおう。

豪雪地帯の皆様、どうか雪にめげず、この冬を乗り切ってくださいますよう。
必ず春はやってくるのですから。

« 「記憶の隠れ家」 | トップページ | 「真実」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/2808065

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪お見舞い:

« 「記憶の隠れ家」 | トップページ | 「真実」 »