« 箱根でレッスン | トップページ | 「きっと、よくなる!」 »

2005/02/19

ソウルその4 食

ソウルレポートのラストは食について簡単に。
私はグルメじゃないので、あんまり詳しくもないんですが。

えーソウルの街中にはとても多くの屋台が存在する。
おでん、トッポギ、ホットック、シュークリーム、ミニミニ今川焼き、コピーのブランドもの、アクセサリー、衣料品などなどエトセトラ〜。
私は甘いにおいに誘われるとついつい食べたくなってしまうのだけど、これが案外要注意なのだそうだ。

まず絶対食べてはいけないのが、おでんやトッポッギなど串やお皿で出されるもの。
串は使い回し、お皿はラップをかけてプラスチックのフォークを使うが、これも使い回し。
韓国ではチゲという鍋ものがあるのだけど、これまたみんなでスプーンを突っ込んで無礼講。
それも文化ではあるのだけど、そんなわけで経口感染の肝炎がとても多いのだそうだ。

今回は韓国滞在歴のある同行者Mの厳しい監視により、私が食べたがるものはすべてチェックを受け、お許しいただいたのは、まずその場でクリームを注入するシュークリーム。(ただし皮が厚くてあまり美味とはいえず)
次に、ホットックというお好み焼き状になっていて中に黒蜜がはいったクレープを鉄板から熱々の焼きたてを。
これはメチャ美味でした。日本円にして50円。新大久保あたりじゃ300円で食べられるとか。
それから、小さな今川焼き。一口サイズ。これも熱々のところならオッケーということで。
おかげでお腹もこわさず、肝炎にもかからず(たぶん)。


_015これはユズ茶。はちみつに漬けたユズがとてもやさしい甘さで、治りかけのカゼを抱えたままソウルに飛んでしまった私にはとってもありがたかった。

_053それから、今回は仁寺洞の「山村」という精進料理のお店へ連れていってもらう。
これはコースのみですべてベジタブル。
ヘルシーで、おまけに夜もふけると民族舞踊が始まる!
_066
ダンサーは妙齢の美女3名がかわるがわる衣装をとっかえひっかえ現れる。
オープンエアなのだけど(もちろん屋根はある)オンドルがきいているので寒くない。

私が好きなお酒はマッコリというどぶろく。これ、かなり気に入った。
ちょっとカルピスチックで口当たりがよくて、たらいに入れて出されるのでガンガン飲める。

今回は韓国通の指導により楽しくおいしく食を楽しめた。

で、食といえばトイレ。(尾籠でスミマセン)
韓国のトイレは下水状況があまりよくないらしく、なぜか個室には大きな大きなごみ箱が設置されていることがある。
つまりトイレットペーパーは使用したら流すな、ということだとか。
夏などちょっとというか、かなり不衛生な状況になっちゃうらしい。むむむ。
ウォッシュレットやウォームレットには一度もお目にかかれず。
日本に冠たるウォッシュレット、頑張ってもっと海外にも売り込めばいいのに、と旅行のたびに思う。
ヘンな話ですみません。

« 箱根でレッスン | トップページ | 「きっと、よくなる!」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/2996792

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルその4 食:

« 箱根でレッスン | トップページ | 「きっと、よくなる!」 »