« ソウルその3 結婚式 | トップページ | ソウルその4 食 »

2005/02/17

箱根でレッスン

_105先週のソウルに引き続き、今週はなぜか箱根に行くことに。
英会話の先生のライラを連れていく約束がずれ込んで今週になってしまったのだ。

箱根にはなんと雪が積もっていたが、ソウルで痛いほどの寒さを経験した後なので、全然平気。あったかいくらいに感じる。物事は対比で感じ方が決まるのか。

実は彼女とはレッスンの時に喫茶店でしゃべっているだけで、外で食事をしたこともなければ、好きな食べ物の好みや普段の生活など何も知らないままにノリだけで一緒に旅行に行ってしまった。

ロマンスカーで私は新宿から乗り、彼女は町田からだったのだが、いきなり町田近くになったら「乗れそうもないの〜」と電話が……。
慌てて荷物をまとめて降りる。
小田急じゃない方の町田駅に行ってしまったらしい。
最初からトラブルかっ!?とドキドキするが、後は全然問題もなく、ノーストレスだった。

アメリカ人女性はときどきベジタリアンだったり、超小食だったりする人がいるのだけど、彼女はなんでもよく食べる人だった。
連れていった和風フレンチの店の料理も喜んできれいに平らげてくれた。

あと心配だったのは、実はお金のこと。
なにせ外国で生活しているわけだから、とってもセーブしてケチケチ生活だったら、出費させるのは悪いな〜、そのときは私が出してもいいやと思っていたのだ。
やっぱり旅は経済観念にズレがあるとまずいから。
でも、彼女は案外気にせず、ホテルでハワイアンロミロミのマッサージを見つけると、やってみたい!と言い出し、体験することに。

で、観光は、あいにくのお天気だったので、美術館めぐりに徹する。
初日はガラスの森美術館(写真参照)、今日は彫刻の森美術館を堪能。
これも興味津々でいてくれたので案内のしがいがあった。

夜は、一応ちゃんとレッスンをやり、あとはおしゃべり。
ちょうどテレビで「呪怨」をやっていたので、キャアキャア言いながら見ていた。
(私は全シリーズを見ているので、くるぞくるぞというポイントがわかるのから、キャアキャア言う彼女を見て笑っていた)
あとはニュースを見てたのだけど、いちいち「これ、なに?」と言われ、電子辞書を駆使して、地球温暖化から核問題、映画から殺人事件と、おしゃべりはさまざまな話題におよぶ。
話すことないんじゃないかと沈黙を心配してたけど、杞憂だった。

年齢は彼女の方が10歳も若いのだけど、好みや内面的なことのへの興味などかなり似ているので、一緒にいて楽しい友人なんである。
アメリカ人の考え方やクリスチャンとしての物事のとらえ方などは聞いているだけで面白い。

まあ英会話の方は、言いたいことが先回りしてわかってくれちゃうので、最後まで言う必要がなくてあんまり上達しているとは言い難いのだけど……。


« ソウルその3 結婚式 | トップページ | ソウルその4 食 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/2976394

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根でレッスン:

« ソウルその3 結婚式 | トップページ | ソウルその4 食 »