« 「海外短編のテクニック」 | トップページ | 「記憶の隠れ家」 »

2005/02/02

マスク

月曜丸一日寝込んで熱も下がったので、調子に乗って火曜にあちこち出歩いて用事を済ませていたら、夜中からまた発熱。
ノドが腫れているのがわかる。
寒けより暑くて明け方に熱を計ったら38度38分。
う~ん。これを見ただけでまた病人になる。
しかし、水曜は朝から会議だ。しかも次の収録では担当があるので休むと後で困るのは自分だ。
薬を飲んで出かける。

帽子やマスク、さらにはベトベトのクリームなど顔に何かつけるのがキライ。
でも、今日は満員電車に乗らなくてはいけなかったのでコンビニでマスク(花粉症用だった)を購入して会議に向かう。
「あれ?花粉症?」と聞かれるが、「カゼです」と答え、マスクの怪しい風体のままで出席。
見ると、私以外にも2人の人がマスクをしてた。

で、マスク。
これが意外にもイイです。
花粉症用だから細かいチリやらタバコの煙なんかも遮断しているらしく、息がかえってラクになる。
適度な湿度も保ってくれるし。
それに、顔半分隠しているというのは、自分は全部見えているのに、相手はこっちの人相がわからないワケで。
いや、別に銀行強盗しよっうってんじゃないけど。
なんか半分透明人間になったような気分っていうのか。(丸見えだってば)

« 「海外短編のテクニック」 | トップページ | 「記憶の隠れ家」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/2787233

この記事へのトラックバック一覧です: マスク:

« 「海外短編のテクニック」 | トップページ | 「記憶の隠れ家」 »