« 新年に新品 | トップページ | 待機中 »

2005/01/06

「勇気凛凛ルリの色」

今やベストセラー作家となった浅田次郎がまだ売れない作家だった頃から始まった週刊現代に掲載のエッセイ。
とにかく笑って、うなって、泣ける。
本屋で何気なく手にとって、一巻目を読んであんまりおもしろくて次の日には二巻目を買って読了してしまった。
ああ、次が読みたい。

内容はといえば、尾籠極まりないシモネタから自衛隊論、沖縄米軍基地への意見等政治的な見解もあれば、家族との笑えるエピソードも、そしてあのCMエッセイで有名な猫の「民子」(2巻)の話も出てくる。とにかく幅広い。

自衛隊にいて、ネズミ講で大儲けをして、アブナイ業界に身を置いて、そして競馬の予想屋もしていて、とにかく人生経験がメチャメチャ豊かだからこそ、あの作品の幅広さがあるんだろうなと思う。
そして、子供の頃から「小説家になりたい」と思い続けていたという。
思いは現実になる、思い続け、書き続けることの重要さ。
笑いの中にまぶしてその真摯な姿勢に頭が下がる。

勇気凛凛ルリの色
浅田 次郎

おすすめ平均 
自分に渇!を入れたいときに。
思わず落涙するほど、優しい人だな
勇気凛凛ルリの色
参った。
ぼ・ぼ・僕らは少年探偵団

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

« 新年に新品 | トップページ | 待機中 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、はじめまして
突然のコメントすいません

このエッセイ本当に面白かったですね
同じ本のファンということで今回TBさせて
頂きました。

私どものサイトもご覧下さい。

アリィさん

こんにちは。いらっしゃいませ。
ホントにこのエッセイは浅田ファンならずとも
おススメですよね。
一番面白いのは1巻かなと思いますが。
TBありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/2493395

この記事へのトラックバック一覧です: 「勇気凛凛ルリの色」:

» “本”読んでます?PART4 [パソコン教室 パソナコンじゅく祐天寺教室スタッフ]
いや~笑った!笑った! 本を読んで、こんなに笑ったのは久しぶりです。 今日のおすすめの本は、浅田次郎著「勇気凛凛ルリの色」という 小説ではなく、1篇6頁ほどの... [続きを読む]

« 新年に新品 | トップページ | 待機中 »