« 嫉妬 | トップページ | 「24」挫折す »

2005/01/17

ハウスクリーニング

週末の雨がウソのように晴れ上がった今日は、家じゅうの窓拭きとめったに出ないベランダ掃除の日。
といっても、私がやるんじゃない。プロにお願いする。

窓ガラス一枚に2時間(!)もかけて徹底的にピカピカにしてくれるのだ。
うちの窓の桟は猫がたたずむために猫毛が入り込んで大変なことになっていたのだけど、これも竹串と雑巾を使ってチリひとつ、毛一本落ちてないほど磨き上げてくれた。

その間、私はといえば、でかけるわけにもいかず、お掃除部隊がやってこない部屋に移動しては、読書とビデオ。
今放送中のドラマの完パケをひと通り見終わる。
今回デビューのN監督演出。なかなか力が入っていてよろしいのでは……。

あ。話がそれた。

ガラス窓を磨いてもらっている間にレースのカーテンを取り外して洗濯。
ホントは大掃除でやるべきことだけど、新年らしくキレイになって気持ちも新たに今年もがんばろうと思う。

……今日は震災から10年です。
あの日、自分が何をしていたのかよく覚えていない。
ただただ、テレビを見て唖然としていたことだけだ。
まるで映画を観てるみたいだった。
現地の人はどんなに大変だったろう。
だけど、言葉は悪いが、東京にいると「対岸の火事」みたいに感じることがまた不思議だった。
それはほんのちょっとしか離れていない大阪あたりでもそうだったらしいが。

神戸の本当の傷跡を感じたのは、震災から3年後に仕事で大阪にいった時だ。
友人に連れていってもらったメリケンパークに崩れたままの港を見て、なんだか足元が崩れるような気分を遅ればせながら味わった。

去年シナハンで訪れた神戸はすっかり復興していて、あんな悲劇があったことなどもはや気配もうかがえなかった。
人間のエネルギー、パワーってすごいと思う。
そんな神戸を舞台にしたドラマをやらせてもらえたのはありがたいことなのだと思う。

そして、いつ自分がああいう災害に遭わないとも限らない。
悲劇の先取りの「心配」はしたくないけど、覚悟はしとかなきゃいけないのかなぁと思う。

« 嫉妬 | トップページ | 「24」挫折す »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/2609150

この記事へのトラックバック一覧です: ハウスクリーニング:

« 嫉妬 | トップページ | 「24」挫折す »