« 「絡新婦の理」 | トップページ | 「運がよくなる仕事風水」 »

2004/12/05

ローンを組めない女

セルライトがあまりにヒドイので痩身系のエステに期間限定で通うことにした。金額は一遍に払える額だったが、通っている期間に分割して「こんなにおカネかけてるんだからっ、絶対やせる!」という気持ちの張りにしようと、3分割のローンを組むことにした。

が、しかし……。
クレジット会社から確認の電話がかかってくるという日、いくら待ってもかかってこない。おっかしーなーと思いながらも外出してしまった。
予約の件でエステに電話すると……

「お仕事の内容がよくわからないので、ご主人の勤務先・収入を書いて下さいとクレジット会社が言ってます」
と言われた。
なんだ、そりゃ~~。

専業主婦がローンを組むってわけじゃない。私はこれでも自分で稼いでいる。
かなりムッとした。
が、よーく考えたら、そりゃあ「自営業」としか書かずに自宅の住所だけじゃあ、信用もないわなあと思い当たる。
エステみたいなハダカになるところで仕事のことを根掘り葉掘り聞かれるのがイヤで、細かい職業の内容はおろか事務所名(←本名で問い合わせされても誰のことかわからない)も書かなかった私が悪いのか……

でも、やっぱりおかしい。だったら、私に収入証明を出せというべきだ。なぜ配偶者がカンケーある?
独身だったらローンが組めないってこと!?

徹底的に細かく申告してその会社のローンを通してやるか、とも思ったが、やっぱり腹が立つので、結局現金で払ってしまった。
だったら最初からそうしておけよって話。
でも、今回のことでフリーという不安定な立場ってつくづく信用ないのねと思ったのだった。

悔しいから絶対やせてやるっっ!(←なぜか力が入っている)

« 「絡新婦の理」 | トップページ | 「運がよくなる仕事風水」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/2165721

この記事へのトラックバック一覧です: ローンを組めない女:

« 「絡新婦の理」 | トップページ | 「運がよくなる仕事風水」 »