« 津波 | トップページ | 速読家族 »

2004/12/28

二度寝の恐怖

_255
やってしまった……。目が覚めると携帯の着信が14件。全部英会話の先生ライラからのもの。
今朝メッセージとメールで「レッスンを明日にできないか?」とあったので、メールで「明日にしよう」とレスを返して、ちょっとだけもう一度寝ようと思ったのが朝の8時。

旅行から帰ってきて風邪をひいてしまったのと、久しぶりに原稿を書いたりして疲れていたのか、はたまた時差ボケ(まだかよ)なのか、信じられないぐらい寝てしまったのだ。
なんと8時から始めた二度寝、起きたら午後1時半だったのである!!
寝過ぎだっちゅーの。

ライラ先生は、「やっぱり元通りのスケジュールでいいからこれから出る」「今神保町」「もう着いた」……なんといつもどおり待ち合わせの駅まで来ちゃったのである!そして、携帯を鳴らし続けていたのだが、寝室は電波が入らないので持ち込まないため、グースカなんにも知らずに私は夢の中にいたというわけだ。ああ申し訳ないっ。
留守電とメールでゴメンナサイしておいたけど、まだ返事はない。
怒ってるのかなあ。ごめんね、ライラ……。

でも、二度寝って気持ちいいんだよね。「3時間睡眠」という本には二度寝は脳の休息にはなってないから無駄だからやめるようにって書いてあったんだけど。
私にとっては、寝ること、夢を見ることは、ほとんどアトラクションの世界なのだ。
特にジーニアス・コードを受けてからは、明晰夢といって、夢の中で夢を見ていることを自覚して覚えておく、というエクササイズがあるので、「おっ。こりゃあおもしろい」なんて思いながら夢を見てたりするんで。

ワケもなく猫たちの画像を貼ってみました。
留守中猫たちはどうしてたのとよく聞かれるのだけど、キャットシッターさんに毎日来てもらってました。
「今日はアリーちゃんがお迎えに来てくれました」なんてかわいい日報メールが毎日入ってきて安心できた。
シャム猫のアランだけはとうとう最後までシッターさんに懐かなかったらしい。
帰宅したら丸一日ベッタリくっついてきて離れなかった。
やっぱりシャム猫は別格に飼い主オンリーというのは本当だった。

« 津波 | トップページ | 速読家族 »

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/2401171

この記事へのトラックバック一覧です: 二度寝の恐怖:

« 津波 | トップページ | 速読家族 »