« アメリカのドラマ | トップページ | ヒーリング »

2004/10/15

感謝

私は自称右脳オタク、成功本オタクなので、このテの自己啓発本は見かけるとつい買い込んでしまう。で、最近読んだ本数冊に共通していたことが「感謝」すること。
よくオリンピックなんかで金メダルを獲った選手が「私を応援してくれた家族やスタッフ、みんなのおかげです」
と言うのを聞いていて、ホントは「一番頑張ったのは自分」だけど、社交辞令もちょっとはあるんじゃないかななんてひねくれた見方をしていたのだが、超一流と言われる人ほど本当に本心から周囲に感謝の気持ちを持っているのだそうだ。そして、その感謝の気持ちが、エネルギーになっている、と。
負けて悔しくてコンチクショー今に見てろ!というハングリーさだけでは、一流にはなれても超一流にはなれないらしい。なるほど。

だからってワケじゃないが、仕事でもプライベートでも行き詰まったり、ヤなことがあったりした時、そこに言い訳を考えるんじゃなくて、とりあえず相手に感謝してみる。すると、これがびっくりするくらいうまくいく。
私は対人関係でそれを体感したことがあったので、本の中で言われていることがストンと落ちた。

できない理由、やめたい理由を考えるのは簡単だけど、ちょっと待てと立ち止まって、その状況に感謝してみる。
これが実はラクして物事を好転させるいい方法なんである。

« アメリカのドラマ | トップページ | ヒーリング »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

知人のBlogから飛んできました♪

軽やかな文章、とても素直な表現、イヤミが全く無い純粋さをかんじさせる文章に感激しています。

知人以外のBlogで初めてコメントします。
コメントしたいと思わせる文章に出会えて 嬉しいです。

ありがとうございます。

>Rumikoさま

いらっしゃいませ、はじめまして。
あまりにもお褒めいただき(過ぎ)恐縮しまくってます。
私自身は全然純粋なんかじゃなくて、日々悶々として
いるんですが……。(^_^;)

Rumikoさんは幼児教育を専門とされていらっしゃるの
ですね。
格調高いサイトで驚きました。
でも、右脳教育、これ、今後の世の中を生き残って
いくには大切ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/1689452

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝:

« アメリカのドラマ | トップページ | ヒーリング »