« まだ嵐 | トップページ | ウィルスメール »

2004/10/05

雨の一日

早起きして大阪へ。朝から土砂降り。家の前までタクシーを呼ぶ。今日の運転手さんはサービス業のプロだなあと思った。東京駅に着いて、普通お客は左側から降りるところを、「少しでも濡れないように」と右側のドアを開けてくれた。それも自分は傘も差さずに外に出て、手動で。ちょっと感動した。

新幹線は7時半のに乗ろうとしたら、3人席の真ん中しか空いてなかったので、1本見送る。そしたら、なんと次は1車両に10人ぐらいしかいなくて横一列で私だけ。新幹線ってジャストの時間をちょっとずらすとすいてるのかも。
半分ぐらい寝て、半分ぐらい原稿を読んで到着。

打合せは、内容云々よりスタッフの温かさに触れて(みんな優しくてイイ人ばかりなんである)、スケジュールやいろんなことのきつさもなんかクリアになってしまった。朝の運転手さんの話じゃないが、結局人が生活したり仕事したりっていうのは、人と人とのやりとりなんだなあとつくづく思った。

帰りの新幹線では珍しく眠くもなく本を2冊読了。
『めまい』唯川恵……短編集。ホラー。心理劇の怖さよりグロテスクさで気持ち悪くなった。あんまりひねりがないのが惜しい。

『作家ってどうよ?』……鈴木光司 馳星周 花村萬月 姫野カオルコ による作家の打ち明け話。
みんなホテル缶詰生活をしていたり、なぜか3人までが蟹好きだったり、ワープロにこだわりがあったり、とてつもない印税で成り金になったので金を買った話とか、素が見えて面白かった。
共通していえるのは、みんな集中力があるってことか。

« まだ嵐 | トップページ | ウィルスメール »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>普通お客は左側から降りるところを、「少しでも濡れないように」と右側のドアを開けてくれた。それも自分は傘も差さずに外に出て、手動で。ちょっと感動した。

これこれ!こういう事ですよね。
素敵な運転手さん。

これからはこういう事が自然とできる人間じゃないと
残っていけない時代になってくると思います。

唯川恵さんの小説がお好きなんですね。
私はまだ、一冊も読んでないので、チェックしまーす。

>えりりょんさん

そうですねえ、何か欲張って自分だけ……って思って
行動した時って絶対うまくいかないです。
キライなやつもその人の幸運を祈ると不思議と離れて
いくって聞いたことがあります。
買ったままの「Good Luck」を今たまたま
開いてみたら、「運は呼び込むことも引き留めること
もできない。幸運はみずからの手でつくりだせる」
とありました。
なんだか今日は朝から「運」「ツキ」について
啓示がある日みたいです(笑)

唯川恵は好きってわけじゃないです。全然(あれっ)
単にラブストーリーを資料として(!)読もうと
思って読んでたので。
好みは小池真理子、桐野夏生系の方です!

>キライなやつもその人の幸運を祈ると不思議と離れて
いくって聞いたことがあります。

へえー!それは初耳&なるほど。
そういう理由で他人から幸運を祈られないように
ならないとな~と自分に・・(笑)

>唯川恵は好きってわけじゃないです。全然(あれっ)
単にラブストーリーを資料として(!)読もうと
思って読んでたので。
好みは小池真理子、桐野夏生系の方です!

なるほど、お仕事に必要で…なのですね。

私が、この間、MAXのベストアルバムを聴いたような
ものだ~(笑)

>えりりょんさん

そっかー。えりりょんさんの場合は、音楽で
好みじゃないものを聞くこともあるわけですね。

仕事に絡むと普通だったら知らない世界、好みじゃ
ない世界のことを取材したり、本を読んだり、映画を
見たりすることがありますが、やってみると、
意外と面白かったりすることあるんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/1603772

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の一日:

» 作家の意外な側面(「作家ってどうよ?」) [読みたい放題の一日]
鈴木光司、花村萬月、馳星周、姫野カオルコ『作家ってどうよ?』(角川文庫、2004年)4人の作家の書籍は残念ながらしっかりとは読んだことがないのですが、作家という... [続きを読む]

« まだ嵐 | トップページ | ウィルスメール »