« 「魔羅節」岩井志麻子 | トップページ | 業界 »

2004/09/09

雨のシーン

打合せって始まりがヤなもんである。特に原稿を上げて直しの時は。先日のなんぞは被告は私一人で相手はプロデューサー・監督合わせて5人!5人からああでもない、こうでもないと言われるのだ。つくづく胃が丈夫じゃないとやっていけない商売だ。

今回は雨のシーンがある。絶対雨じゃなきゃいけないわけではなかったが、涙を流すヒロインにどうしても雨に打たれてほしかった。ただでさえホンが遅れてンのに、テメエふざけんな!と言われたら直そうと思ってたが、なんとか通過!わーい。って喜ぶほどのことではないが。たしかにただでさえロケは大変なのに、さらに深夜の雨降らしとなったら現場はそれはそれは苦労の連続でしょう。私がパソコンの前で太りながら(!)書いたシーンを再現するために……。

気がつけば夏の前からパソコンの前に座り続け(太り続け)、夏が通り過ぎて行く。なんかちょっともの悲しい。

カレンダーを見て気づいたが今日はケッコン記念日だ。とはいっても何するわけでもない。よくもったね~と言い合っておしまい。もともと私は記念日にも誕生日にもイベントする主義はないので(むかしむかし若い時にはそれなりにはやったが)別にどーってこともなく。ん?よく考えたら、これはヤバいのか?

« 「魔羅節」岩井志麻子 | トップページ | 業界 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/1398593

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のシーン:

« 「魔羅節」岩井志麻子 | トップページ | 業界 »