« 知らない言葉 | トップページ | 馬車豚 »

2004/09/01

台本考

連続モノのドラマを書いている時には、振り返って大分前にやったシーンを回想として出すことがあります。それが何話の第何シーンにあったのか、それを探すためにすでに印刷台本になったホンをひっくり返すワケですが……今やってるドラマの台本、これがひどい。中身がじゃなくて(中身もなのか!?)……印刷が。今どき活版印刷かよ!?と思うような、ガタガタの印字、おまけにデータ入稿しているにもかかわらず、打ち直しているとかで、誤字脱字があったりして。
私はこれでもモノ書きの端くれ、文章の字遣いやら体裁には自分なりの美学を持っているつもり。特に今回のドラマは余韻を大切にするものだから、「……」とか「──」がやたら多い……なのに!なのに!「──」(2字ダッシュ)の真ん中はつながってないから、まるで長音みたい。絶句する場面での「え──」というのが「え~~~~」に見える。しかも、勝手に2字ダッシュや「……」を全角3文字分とってみたり、句読点が抜けていたり……怒りより悲しくなってくる。過去に数本この枠のドラマは書かせてもらっているが、ちゃんと美しい仕上がりの印刷でできてる台本がほとんどなのに、今回はなぜ……。
私は、シナリオというのは、ライターから監督と役者に対するラブレターだと思っている。いくらそこに書かれている内容が一緒だとしても、ラブレターの清書を頼んだら、きったない鉛筆書きで、しかも誤字脱字だらけで渡されたら、もらった方はどんな想いがするだろう……。
それともこんなこだわりを持っているのは、ライターの私だけなんだろうか……。
印刷屋さんだってプロでしょ、と猛省を促したい。

>A子さま
あなたは和服姿で割烹料理の女将なんぞやっているのは、とっても似合っていると20年前から思ってました。
どーぞそのお料理の腕と色っぽさを生かして、実現してみてね!


« 知らない言葉 | トップページ | 馬車豚 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/1334122

この記事へのトラックバック一覧です: 台本考:

« 知らない言葉 | トップページ | 馬車豚 »