« ロシアンスマイル | トップページ | プチ缶詰生活 »

2004/08/13

Oさんへの伝言

前略 夕べはお二人で大変な話し合いになったのでしょうか?その後何も聞いてませんが、心配はしてません。あまりに感覚の違う(男女関係に関してだけだとは思いますが)あなたたちが共に暮らしていく以上、こういうことはしょっちゅう起こるでしょうから。
ワタクシは殿方がすべてパートナーがいたら聖人君子にならなければいけないなんてこれっぽっちも思いませんのよ。ただ、嘘はつくならつくでバレないようにするのが礼儀というものですわ。
寝言で昔の女の名前なんて呼んじゃあいけません(笑)。

あなたは私があなたを信じないことを怒っていたそうですが、なぜでしょう。なぜ信じてもらえるなどと思うのでしょうか。こんなに何度も何度も同じ過ちを犯して人を傷つけてきた人が「今度こそホンモノ」と言い張ったところで、「それじゃあ結果を見せてもらいましょう」となるのは当たり前ですわ。
私は何も知らなかったとはいえ、親友を泥沼の蟻地獄に突き落としてしまったようなものなのですから、私の後悔もわかっていただきたいものですわ。
「人は顔じゃないよ心だよ。あんなに優しい人はいないよ、絶対離しちゃダメよ」
去年の今ごろ彼女に言ってた言葉を取り消せるものなら取り消したいですわ。
あなたは永遠に理想の女性を探し続けてさまよう狩人なのかもしれませんね。

まああとは二人でテキトーにやって下さい。ワタクシ、自分のドラマの中の痴話喧嘩で手一杯で、人サマの痴話喧嘩にこれ以上関わるヒマはございませんので、あしからず。

« ロシアンスマイル | トップページ | プチ缶詰生活 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/1185435

この記事へのトラックバック一覧です: Oさんへの伝言:

« ロシアンスマイル | トップページ | プチ缶詰生活 »