« 「キッパリ!たった5分間で自分を変える方法」 | トップページ | お嬢様は玄関がお好き »

2004/08/16

250文字の攻防

携帯メールで痴話喧嘩をしているカップルを傍で見ていたことがある。彼女はドコモ、彼氏はezweb。ご存じのようにドコモは250文字までしか送受信できない。片やezは1000文字(だったと思う)なので、大抵のメールは読み書きできる。これほど差があるので、ezが長文を書いても「~ここから先が読めません」といったんケンカを中断し、もう一度送り直してもらうことになる。この情景はかなりマヌケだ。「あなたのそういうところが」ここで切れてたとしたら、「そういうところ」が「好き」なのか「嫌い」なのかわからないではないか。きっとこんな中断で肝心の言葉が伝わらず、二人の仲が終わったカップルもどこかにいるかもしれない。
かと思えば、ドコモ同士でケンカしていたカップルは、「つづき2」「つづき3」と第6章まで書いていた。そんな大作書くヒマがあるのなら、電話した方がよほど早いと思うのだが……。もしくはパソコンに向かうとか。
相変わらず3行も打つとキーッとなってしまうサルのような私には考えられない世界だ。

締め切り3日前。追い込みでオリンピックを見るヒマもない。結果はインターネットの速報で簡単にチェックし、ニュースの時にダイジェストを見る程度。そんな見方でもつくづく思うのは、精神力こそすべてだな、ということ。集中し、自分を信じた選手の強いこと。体力、実力以上の結果をもたらす。逆に「やれる」といくら言葉で言っても、ドツボにハマると抜けられないんだなというのもわかる。(例:女子バレー)そしてどん底を経験した選手ほど大舞台に強いのもあるようだ。苦境は人を強くするんだなあ。

« 「キッパリ!たった5分間で自分を変える方法」 | トップページ | お嬢様は玄関がお好き »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/1209523

この記事へのトラックバック一覧です: 250文字の攻防:

« 「キッパリ!たった5分間で自分を変える方法」 | トップページ | お嬢様は玄関がお好き »