« 2003年7月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年10月

2003/10/21

【本】 「グロテスク」 桐野夏生著

東電OL殺人事件があってから随分いろんな本が出た。これもあの事件をベースにした完全オリジナルだ。ずばりこのタイトル以外には考えられないくらいグロテスクな小説である。読んでいるとイヤ~な気分になる。人の心の中の悪意、堕ちていく女たち……「こんなやついないよ」と言い切れないギリギリのリアリティ。そう、たぶんクラスに一人ぐらいは昔からこういう思い込みの激しい女や意地悪な女はいたよなあと思わせるような。ちなみに現実の東電OLに当たるのは主人公ではない。ある名門女子校での同級生が主な語り手で、いわゆる「藪の中」方式で同じ出来事が4人の視点で語られる。重要な登場人物の一人に「怪物的に美しい女」がいるのだが、思わず映像化した時のキャスティングを考えてしまった。私のイメージでは、若い時の鰐淵晴子だったりするのだけど、どうだろう? とにかく読んでいる間じゅう極上のミステリのワクワク感とは正反対であるのに、途中で放り出せない引きつけられる感じにとらわれ続けていた。
余談だが、私にとっておもしろい!と思うミステリはなぜか必ず女流作家の作品だ。たぶんツボというのか、ストーリーに流れる生理感が合うのだろう。

« 2003年7月 | トップページ | 2004年1月 »