« 2002年9月 | トップページ | 2002年12月 »

2002年11月

2002/11/09

【映画】ザ・リング

監督:ゴア・ヴァービンスキー 主演:ナオミ・ワッツ
ご存じ日本映画の大ヒット作のハリウッドリメイク版。制作はドリームワークス。日本の脚本(原作)がリメイクというだけで感慨深い。事前のアンケートの段階では日本的曖昧さ(呪いという意味か?)ゆえに全く見たいという客がいなかったそうだが、いざふたをあけてみたら、単純でわかりやすいストーリーに飽き足りなくなった観客にウケているという。ラストも日本版とは違うというので、めちゃくちゃ期待して見に行った……のだが、やっぱりストーリーをわかっているせいなのか、一番最初に2時間ドラマで見た時の衝撃が大き過ぎたせいなのか、どこでコワイシーンがあるか予想できているせいなのか……あんまりコワくなかったのである。それに、例の“超能力者として人々から迫害を受けた”というくだりがなんと単なる幼児虐待にすりかわってしまったためにサマラ(=貞子)の呪いのパワーが納得もできなければ、多大なものにも思えなくなってしまったのだ。う~ん。もったいない。あと日本版ではかなりこわかった井戸を掘るシーンもさらりと過ぎてしまってつまらない。一番恐怖を感じたサマラがテレビから抜け出てくるシーンも驚けない。つまりハリウッド版には陰りがないのだ。シアトルの雨の多い曇りがちな場所設定でウツウツした感じは出していたものの、やはりアメリカらしい突き抜けた明るさが日本的呪いを薄めてしまっていた。

« 2002年9月 | トップページ | 2002年12月 »