2018/11/15

インコの話

昨日は仕事でオペラのコンサートに行ってきました。
基本、もうアンビリ以外の構成の仕事はやめようと思ってたのですが、
8年ほど前の「愛の劇場」(NHKEテレ)という歌舞伎紹介番組の構成を
やった時のディレクターさんが転勤を経て、チーフプロデューサーに
なって戻ってきてのお声掛けだったのと、とある大きな音楽番組の中の
短いコーナーということでやらせていただくことにしました。

いやあ、心が洗われる!
音楽は造詣もなにもないくらいのド素人ですが、いいモノ、楽しいモノは
わかります。
ダンスの時に「太鼓の音を聞け!」と言われるくらい、リズム感のない私でも。
終わってオペラ歌手の皆さんと打合せ。
第一線のアーティストは人間としても魅力があります。

                   ★

インコの話。
「僕とシッポと神楽坂」の動物ゲストはセキセイインコでした。
視聴者の皆さんから、一斉に「メスの設定だけど、鳥がオスじゃん!」とツッコミが!
すごい。。。
犬猫の話の時には沈黙だった鳥部の皆さんのするどいご指摘。
もうすみませんとしか言いようがないですが、画面越しにもわかっちゃうんだーと
いうことにびっくりしつつ感心してしまいました。
でも、ごめんなさいです。

セキセイインコ、子供の頃に飼ってたことあるんですが、まったくしゃべらなくて、
今回原作を読んで「えーこんなに話せるの?」と半信半疑でした。
(もちろんドラマの中では人間が吹き替えしてますが)
いっそオウムにした方がよくない?とまで提案したほど、しゃべるインコを
実際に見たことがないのです。

インコ……子供の頃に飼っていたコたちは、みんな寂しい別れ方をしまして。
野良猫に食べられちゃったり、遊びに来ていた弟の友達が逃がしちゃったり、
自分の不注意で死なせてしまったり。
後悔しかないんです。
中学生の頃から猫飼いなので、鳥を飼うことはなくなりましたが、
虹の橋に行って、もしあの頃のインコたちに会えたら、
ごめんなさいと謝りたいくらいです。

さて、ドラマも残すところあと3話。
担当パートが終わったので、完全にお客さん気分です。(オイ)
オンエアが始まる前に「ここからは私の仕事です」と都築プロデューサーが
おっしゃってましたが、アニメやバラエティーのコラボ、雑誌や新聞の
取材、イベント主催と有言実行されているのがよくわかります。

たくさんの方が最後まで楽しんでくださいますように。

2018/11/11

ご視聴ありがとうございました!

「僕とシッポと神楽坂」第5話、観てくださった方、ありがとうございました。
直前に完パケが届いたので、先に観てしまって、リアルタイムでは
つぶやきを追っかけてみたのですが、皆さんすごいですね。
息をするように観ながら打ち込めるんですねえ(←年寄り発言)
確かにリアルタイム(リアタイっていうんですね!)だと、観てる人みんなと
つながれる感じはありますよね。

今回のゲストは大好きな池谷のぶえさん。
誰にお願いしようかなんて話が出てた時、「蘭さんに頼んだら怒られるかな~」
なんてみんなで言ってたのですが(いや、そもそも広島のドラマで忙しい
だろー)、のぶえさん、とってもよかったですね。
個人的にはLIFE!のおふくろ刑事が好きです。(マニアック)

病院のシーンでは、最近はお花をお見舞いに持っていくのはだんだん
難しくなりました。
生花だと菌の問題なんかがあるみたいで、NGの病院も増えているそうで。

2年前に書いた「隠れ菊」(同じ原作のドラマが昨日から始まりましたね~)
では、病室を花だらけにするシーンがあったんですけどね。
歩きスマホもダメだし、やっぱりよい子が真似するようなことは自粛する
風潮があります。

って、話それまくり!

私は記憶力がアレなので、自分で書いたことも書いたそばから忘れちゃう。
今回の脚本なんか、書いたのは6月くらいだったので、実に新鮮に
観られました。(いいのか、それで!?)

純愛ストーリーの小説は、ゲラチェック終了!
テキトーに書くと、片っ端から校閲ガール(女性とは限らないが)のチェックに
ひっかかります。
今回も「パステルのコーヒープリン」なんて書いたら、パステルにそんな商品は
ない、と指摘されました。
慌ててパステルまで見に行き、「なめらかイチゴプリン」に変更しました。
でも、取材に行って書いたことは全部OK!
当たり前だけど、ちょっと嬉しい♪
(たぶん)来月発売です。

さて!次!遅れに遅れている仕事にかかります!

2018/11/09

「僕とシッポと神楽坂」本日5話!

早いもので、もう折り返し、本日第5話の放送となります。
「僕とシッポと神楽坂」
Img_2675

今回のテーマは「親子の絆」
トキワさんと大地くん、すず芽ちゃんとお母さん。
それぞれの関係に動きがあります。

そして、芸能ニュースで話題になっていた、相葉さんが広末さんを○○○(←隠す意味あるか?)
するシーンも登場します。
お楽しみに。

よく写真の方が美しすぎて、会ってガッカリ……なんて話を聞きますが、
女優さん(もちろん男性も)に関しては、完全に逆ですね。
画面で見るより、みなさん実物の方が何十倍もお美しい。
広末さんなんて、肌の白さが抜けるよう!本当にお母さん!?
というくらいだし、趣里さんも、思わずポケットに入れて持ち帰りたく
なるくらいの愛らしさです。

今回は芸者らしいすず芽ちゃんが観られます。
せっかく芸者さんという設定なんだから、踊るシーン出したいんですけど!と
主張させていただき実現しました。
確かに書く方は「踊っているすず芽。華麗で優美な舞い」と一行ですが、
演じる役者さんは、その短いシーンのために踊りのお稽古に行ったり
するわけです。
頭が下がります。
その分見応えのあるシーンになっていると思います。
(今現在、私もまだ観てません)

今回のゲスト患蓄はセキセイインコのピースケちゃん。
ラブリーです。

どうぞお楽しみに!

2018/11/04

刑務所見学

行ったのは9月半ばだったのに、もう11月!
いまさらですが、備忘録として書いておきます。

東京弁護士会の市民交流会で横浜刑務所へ見学に行ってきました。
個人で行けるところではないので、スケジュールは厳しい時だったのですが
参加してきました。

駅から10分ほどの住宅地の一角。
かなり広い敷地です。

最初に注意事項をいくつも言い渡されて、受刑者の人たちが作業しているところへ。
「知り合いを見つけても、手を振ったりしないでくださいね」
って、シャレになってません。

作業の様子は、本当に静かで黙々と働いている人ばかりでした。
警務官は50人に1人くらいしかいなくて、「オヤジ」と呼ばれているそう。
かなり厳しいお仕事です。

重い刑の人が収監されているところなので、正直に言うと、
入れ墨が腕一面に見えていたりすると、怖いなと思ってしまうところがあって
しかし、そう思ってしまう心が罪を償っている人たちに対する偏見なのだろうとも
感じました。

監房も見せていただけて、よくドラマで見るセットは間違ってないんだ!
という感じです。
独房で本をたくさん持っている人もいて、話題の猟奇殺人モノが並んでいて
若干ギョッとしたりもしました。

まさに塀の中。
なんだかいろんなことを考えさせられたひとときでした。

Yokohama_shiori

向かい側には、受刑者の人たちの作品の展示即売のショップが。
木彫りのタンスとか、そりゃあ見事です。

私はお茶葉とメモ帳を買いました。
Yokohama

2018/11/01

本日の「奇跡体験!アンビリバボー」

本日20時フジテレビ 奇跡体験!アンビリバボー

後半のコーナー担当しております。

突然の事故で幼い子供たちを残して亡くなった両親。
子供たちを託された祖父が大切な宝物を手放す決心をした時に
起きるアンビリバボーな出来事。

人の心の優しさを感じられるお話です。

2018/10/30

猫・猫・猫

iPhoneの画像ファイルを触っていたら、昔に飛んで、こんなのがでてきました。

Img_0107_2

ウチのハチワレ三匹娘。
今右側の子は、猫不足に悩んでいた仙台の弟(←獣医)の家に
います。元気です。

ハチワレといえば……
ハチワレ界のスーパーアイドルはっちゃんときゅうちゃん。
私が朝起きて真っ先にチェックするのは、ニュースでもメールでもSNS
でもなく→はっちゃん日記
特に今はハロウィン週間で、毎日コスプレをアップしてらっしゃるので、
朝からもだえます。

猫でも多芸なコっているんですよね。
ウチのコたちは皆無芸大食ですけど。あ。飼い主と一緒か……

しかし、猫も家に来るルートはいろいろです。
私もロシアンブルーやシャム猫の時は、何カ月も前から予約して、
待ち望んで、チャンピオンの子を迎えたりました。
でも、このコたちミックス組の時は、ボランティアの保護猫を譲渡会で。

同じ猫でも、何代も前から氏素性がわかっていることも
あれば、全く不明ということもあるのは不思議なもんです。

ウン十万もするコも、保護猫も、一緒に暮らせばかわいさは
変わらないんですけどね。

そういえば、「僕とシッポと神楽坂」3話、ラスト近くのシーンを観た人が
「フランダースの猫かよ!」とつぶやいてる方がいて、爆笑しちゃいました。
いや、笑うとこじゃない。
別に書いてた時はパトラッシュを意識してたわけじゃないんですが、
構図としては確かに同じでしたね。

私は動物もここでクローズアップしてほしい時は、

カナメ「ニャッ!」

とか書くので、打合せでプロデューサーに爆笑されます。
でも、ちゃんとそのまま台本になります笑


2018/10/28

ご視聴感謝!

「僕とシッポと神楽坂」第3話、観てくださった方ありがとうございました。
世の中にはこんなにドラマがあふれているのに、観ていただけるって本当にありがたいことです。
今回は完パケが届いたのが当日だったので、リアルタイム視聴しました。

しかし、カナメちゃん(猫)うまかったですよねえ。
どうしてちゃんと寝ててくれるんだろう……
動物たちが眠っているシーンは、一生懸命遊んでもらって本当に眠って
くれるまで待って収録してますが、起きてるのにじっとして、カメラに
寄ってこないって、とてつもなく難しいことだと思うんですが。
すごいなあ。

感想をつぶやいてくださっている方も多く、やはりペットを飼っている人は
自分のこととして考えますよね。。。
私も猫たちよりは長生きせねば、と思います。

あとこのブログを紹介してくださった方がいて、7000を超えるPVって……
開設以来で、ビビってます(^_^;)
気の利いたことのひとつも書いてないのに~。

先月だったかな。たまたま行った神楽坂の赤城神社で↓
お祭りやってました。
Img_2513

さて。純愛モノ、脱稿!
無事ゲラ入稿しました。ホッ。

気づけば10月も終わりじゃないですか!
今年もあと2カ月!?
年頭に掲げたダイエットが全然できてないってどーゆーこと!?
こ、これからだ……

2018/10/26

「僕とシッポと神楽坂」本日3話!

「僕とシッポと神楽坂」
本日第3話放送です。

生き物と暮らすということは、自分の命も含めて最後まで責任を持つこと……。
そんなお話です。
神楽坂育ちで猫好きの加賀まりこさんが素敵です。
幅広い年代の方に見ていただけたら嬉しいです。

562209906_654103

仕事……追い込み中です。
あとちょっとで1つが終わるので、それを出したら、リアクション待ちの間に
ずっとお待たせしているアッチに取りかかります。

気持ちばかり焦ってもしょうがないので、ときどきダンスに出掛けます。
アドレナリン効果は絶大。
ただ、これが適度に汗をかく程度だとかえって疲れて眠ってしまい、
大汗かくくらい激しいレッスンだと、逆に目がさえて眠れない……なんて
ことがあるみたいです。不思議。


2018/10/16

座りっぱなしは寿命を縮める

時間との闘いの10月です。
今月中に300枚の書き下ろし……。
しかし、〆切が5日も早くなってしまい、ノルマの計算をし直したら、絶対に1日12枚(400字)
書かないと間に合わないわけです。

しかも、胸きゅんラブストーリー。
手が触れただけできゅんとなるような純な感覚はもちろん私の中からは死滅してます。
化石になったそれを無理やり発掘して書いてます。ひーん。

もう1本は、ラブもあるけど、あまりにも特殊すぎる世界で、最初同時に書いてましたが、
これ無理!どっちもおかしくなる!と、〆切が迫った方を優先させてもらうことに。
もともとそんなに器用じゃないし。

1日12枚はどこにも出掛けず、そして根詰めすぎずにできるギリギリの量ですが(当社比)
そこに急なラインナップ登板で台本やナレ原が入ってくると、もうぐちゃぐちゃ。
遅れた分を取り返すために1日こもって34枚書いた日には死ぬかと思いました。
売れっ子作家の人ってマジですごいと思う。

座りっぱなしは脳も活性化しないし、病気のリスクも高くなるというので
タイマーかけてちょこちょこ立ってるけど、もう自分の体がぶよんぶよんに
なっていくのがわかる。つらい……。

昨日は前に予約を入れてあったダンスに行ったら、先生にえらく褒められました。
いつも動き過ぎちゃうのが、疲れのあまり安定していたらしく。
「この感覚を覚えておいてくださいね」と言われたけど、毎度34枚書いてから
というのは絶対無理だ。

「僕とシッポと神楽坂」第1話、好評でよかったです。
はまり役ってあるんだなあと相葉さんを見ていて思います。

その相葉さんが全スタッフにつくってくださったTシャツ。
オギちゃんとダイキチくん。
女優猫オギちゃんの本名はミーちゃん。うちの人見知りと同じ名前です。
裏には、全スタッフの名前が入ってます。
大事にします!

Img_2569


2018/10/12

「僕とシッポと神楽坂」始まります

テレビ朝日金曜ナイトドラマ「僕とシッポと神楽坂」
間もなく第1話放送開始です。
私は3話と5話を担当しています。

まさに本日打ち上げがありまして、さっき帰ってきたところです。

正直、こんなにキャスト・スタッフが心をひとつにして、作品を愛してやまない
打ち上げに参加するのは初めてでした。
皆さん、ドラマに対する愛情を語る語る……

たらさわみち先生原作の力はもちろん、深川監督、座長の相葉さんの人柄も
大きいのだろうなあとしみじみ感じました。
深川監督と相葉さんはどちらも声を荒らげることのない、ほんわかしたタイプ。
でも、芯の強さみたいなものは秘めていて……と。

相葉さんに先日の「かえれま10」、ホントに全部食べてるんですか?と聞いたら
もちろんです、収録5時間でしたけど、あれは早い方ですと教えてもらいました。
なるほど~。
広末さんはとにかく最終回の収録がいかに熱かったかと深く語ってくれました。

私たち脚本チームは8月には脱稿していたので、遠い昔みたいなカンジに
なっているけど、キャストやスタッフはついこないだまで収録していたので、
みんなの一体感がすごい。
脚本家は打ち上げがいつも少し寂しいです。

しかし、最近スピーチする機会が続きました。
日本脚本家連盟の脚本家コースの修了式、ディレクターの送別会、
そして打ち上げ。
あ、先月は100人以上の人の前で踊ってました(笑)(その話はまた今度)

とにかく観ていただけたら嬉しいです。
いろんな思いが詰まったドラマです。

打ち上げのおみやげのメモ帳↓
Img_2606_1

2018/09/29

若者からの報告

先日、昨年教えた脚本家コースの受講生からメールが来まして、
新人賞を受賞してデビューが決まりました、来月受賞作が放送
されます(ラジオドラマ)という報告。

嬉しいものですね。
私が教えたのは、初級コースのほんの短い期間だったから、
その後本人がとても努力したのでしょう。

そのコンクールのサイトを見に行ったら、10年前に教えた受講生
の名前も発見。
優秀賞を受賞してました。
ああ、まだ書き続けてたんだ。
継続は力だなあ、とつくづく思いました。
二人ともおめでとう。

メールの中に「先生のご活躍もいつも拝見……」という一文が
あってドキッ。
そもそも「先生」と呼ばれることに慣れてないし(というか慣れたくない)
ご活躍と言われるほどご活躍もしてないしなあ、と面はゆい。
もっと頑張らなくちゃと思わせられる。

半年ごとに受講生はトコロテン方式で入れ代わりますが、
えっ!?と思うようなものを書いていた人が、ちょっとアドバイスすると
ガッとよくなるのは楽しい。

こんな先行作品があるから参考に観てごらん、こんなふうにすると
構成はやりやすいよ、そんなアドバイスに素直に従う人も
いれば、自分のやり方を曲げない人もいる。
どっちがいいとか悪いとかではないが、素直は貪欲にも通じると思う。
貪欲に上を目指すのはとてもいいことだ。


10月ドラマのポスターができました。
10月12日放送開始です。
「僕とシッポと神楽坂」

Img_7014


2018/09/22

曲がり角

「お肌の曲がり角」という言葉が私の若いころにはあったのだけど、
今でもあるんですかね。
あるとしたらいくつ?
25歳? 30歳?
かつては25過ぎたら、もうおばさん~なんて思ってたけど、今は
「は?30? ほとんど少女じゃん!」
……こんな日が来るなんて。

お肌の曲がり角なんてもんは、とっくに曲がりきって何周目?という昨今。
今年に入って、生物学的に老いたなあと実感が甚だしい。
体調不良の著しさがかつての比ではない。
春先の花粉症から始まって、ひどい肌荒れ、重症の咽頭炎、
2年ぶりにやってみたまつエクでまぶたが腫れるとか……
さらに!
夏の終わりにも花粉症に似たひどい肌荒れがあって、
そんなときにカラーをしたら、顔が腫れ上がった!
いや、もうあのつらさときたら!

調べてみたら、ジアミンアレルギーという、カラー剤を定着させる
化学物質にアレルギー症状が出ちゃったというもの。
ものすごく顔が腫れるとか、かゆいとか、ひどい人になると、
頭の中全部が化膿しちゃうとか。
ネットで調べてすぐに皮膚科に行って、ステロイド剤を出してもらって
なんとか落ち着いたものの、もう二度とフツウの美容院でフツウの
カラーはできなくなってしまいました。シクシク。
幸い近所にノンジアミンのカラーをしてくれる美容院を発見。
しかし、今後はかなり割高になるのは必至。
これが老いるということなのね。。

しかし、こんな私でも「若いっていいわねえ」と言われる場所が!
それはダンスの世界。

先週末発表会があったのですが、ドレスリハで足が丸出しになる
ラテンドレスで踊っていたら、他の生徒さんに言われました。
若い!? 私が!?
そう、社交ダンスの世界では、私はまだひよこ♪
でも、写真を見ると、顔も体型も確実に以前とは違う現実が
あるんですけどね。

そんな自分の老いだの怠け心と戦わなくてはいけない秋です。
し、〆切が……
こればっかりはトシを言い訳にできない。

2018/09/15

スマホのおかげで方向音痴でも旅ができる

今回頼る人がいない一人旅で、一番頼りになったのは
スマホ!でした。

なにしろ超ド級の方向音痴。
どんなに地図を見ても道に迷う。どっちに向かっているのかわからなくなる。
なので、トラムを乗りこなすなんて夢のまた夢と思ってたのですが……
そもそも路線図って地図と細かく連動していないから、行きたい場所と
照らし合わせることが難しいわけで。

ところが、Googleマップを使えば、今自分がどこにいて、
どっちに向かっているのか教えてくれる。
拡大できるから、もよりの停留所を見つけて、路線図に戻り、
何番のトラムに乗ればいいのか検討がつく。
すごい!
人が当たり前にできることですが、私的にはものすごい画期的なことなのです!

たまたま港にいたらフェリーが来て、これは一体どこに行くの?
何分かかるの?
なんてことも日本語でググれる!

レストランガイドもすぐに出せる。
「この近くにあるイタリアンレストランは?」なんて質問にも答えてくれる。

カメラも兼ねてるから、写真撮り放題。
現地で会った人に欲しい情報を取り出してすぐ見せられる。
あー便利。

あと当たり前だけど、wifiさえ持ち歩けば、家族・友人・仕事相手と日本と変わらない
方法で連絡がとれる。
今こんなの見てる、こんなの食べてる、なんてこともすぐに送れるから、
まあ厳密な意味での「ひとり」にはなってないのかも。

しかし、空港から市内に着いた途端にスマホを落とし、落としたことに
気づかないうちに拾ってくれた人が「これ、誰の~」と言ってくれた
アホなこともありました。
あのときなくしてたら、えらいこっちゃだったな。

便利な反面、自分の個人情報丸ごと持ち歩いて、どこにいるかも
全部把握されているということは本当は底知れぬ恐ろしさもあるん
ですよね……。
しかし、電子機器はどこまで進化するんでしょうね。


Img_1925
旅行前、打合せに来たキャットシッターさんが入ってきた途端に隠れ、
帰った途端に出てきたひと見知りネコ。


2018/09/10

ひとり旅

Img_2424

北欧ひとり旅より無事戻りました。
途中2日ほど現地の人や20年以上住んでいる日本人コーディネーターの方に
案内していただきましたが、他は全部ひとり。
気楽でした笑

特に地方へ飛ぶ飛行機から日本人は私だけ。
3日間、日本語を聞くことも話すこともない、という経験は初でした。
考えてみれば、海外ロケの番組ディレクターたちはこんなの毎月
のようにやってるわけですが、机に向かっているのが大半の私には
新鮮な経験でした。

Img_2437

所変わればで、今回博物館を2つほど回りましたが、全館撮影オッケーでびっくり。
そして大胆な展示の仕方!

それと社会保障が充実しているせいでしょうか?
人がおおらか。
トラムとか、最初に登録したら、あとはパスを見せることもなく乗り降りできちゃう。
シーズンにしか働かないという人も多い。
夏は4週間休むのは当たり前。
人は人、自分は自分という国民性。
時に勤勉過ぎる日本人と足して2で割るとちょうどいいのにな~なんて感じ。

材料は全部そろったので、あとは一気に書くだけです。

しかし、全く雰囲気の違う2つの作品がこの時期重なっていて、
どうやってペース配分するかが目下の悩み。

そういいつつ、この週末はどっと疲れが出て廃人でした。

また行きたいな、北欧。

2018/09/04

百聞は一見にしかず

Img_2234

北欧のとある小さな町に来ています。
曖昧ですみません。
作品としては公になっていますが、私のパートはまだ未発表なので。
といっても、わかる人にはわかっちゃいますね。

今年の夏の暑さは世界的だったようで、寒いと思ってダウンだのセーター
だのもってきたのは、全部邪魔になるばかりでした。とほほ。

そして、この絶景が独り占め。
シーズンとシーズンの合間のこの時期、人がいないのです。
サウナも一人。
ボーッと森林を眺めているだけで、なんか癒されます。
贅沢な時間だなーと。

取材もしました。
こちらの観光局の人に案内してもらって、あちこち見学、夜のディナーまで!
こっちの人は当たり前に現地語+英語+もう1つか2つの言語を話します。
私がいると、気を使って自分たちの仕事の話まで英語でしてくれたり。
鮮やかに言葉を操るのを見ていると、カッコいいなあ、日本人はどうして
こうならないのだろうとつくづく思いますね。
海外に来るたびに、もっと勉強しておけば!と自業自得ではあるんですが。

夜のディナーはサーモンとトナカイの炉端焼き。
こういうの食べないと、冬の寒さは乗り切れないのよ~~。
でも、夏でも食べちゃうからダメなんだけどねーとガハハと豪快に
笑っている女子がまたカッコいいです。

行かないでも書けるかと思ってたけど、やっぱり実際に見て聞いてみると
全然違う!
まさに百聞は一見にしかず。
エピソードの膨らみ方が違います。

今日はこれから首都に移動。
85%仕事、15%夏休みのつもりなので、グルメとお買い物も
楽しんでやる!というところです。

2018/08/27

世の中は夏休みなのだと実感する

季節感のない仕事をしていると忘れがちですが、世間の皆様は夏休み。
よい子の皆さんは夏休みの宿題も追い込みというところ。

ガラス工房見学に行ってきました。

まず1つ目は、清澄白河の切子を専門とする工房。
液だれ醤油差しの入り口を削る体験で、お持ち帰り!
Img_1906

2軒目は、吹きガラスの工房。
暑い!熱い!
よくテレビで見るものが体験できて、すっごく面白かった!
私の作品はコレ↓
Img_1921

どちらも小学生の子供にお父さんもしくはお母さんが付き添って、という
人たちと一緒でした。
おばさん一人で来てたのは私だけ。
まさか仕事の一環とは見えないでしょうから、なんだろうと思われたことでしょう。

グラスは我ながら会心の作。
実はブルー一色のはずが、色を出す鉱石に前の人の石が混ざってしまったらしく
一部ピンクに。
でも、これがそこはかとないアクセントになってgood!
グラスとして使うと、あっという間に割っちゃいそうなので、
机の上に置いてペン立てにしました。

どちらも楽しいので、気になった方は、「ガラス工房 体験」でググると
すぐに見つけられます。

2018/08/08

近況

非日常のイベントが入ると、楽しい反面気持ちが落ち着かないもんですね。

先週はバタバタとあれやこれやに追われ、生産性ゼロ!の一週間でした。

まずは急遽海外取材を決め、その手配。
行ってくださいと言われたのではなく、「こりゃ行かなきゃ書けない。
書いたとしても、全然おもしろくならない」と判断し、自主的に行くことに。

まず飛行機とホテルを旅行会社にお願いし(作品のタイアップ企業だったので
話が早いし、見たいところの手配が完璧!)、
レンタルWIFI、携帯電話、スーツケース(行き先によって大きさ変えて借りてます)、
キャットシッターの予約まで一気に!

基本的にwifiがあれば、日本との連絡はそれで十分ですが、現地での通話が
自分の携帯を使うと、国際電話になっちゃうのはイタイ。
現地で会う人に連絡をもらうにも厄介だし、ちょっとレストランに予約の電話を
入れる、なんて時もやっぱり現地の回線を使う携帯があった方が便利。
(かつ安い)

そして、手配してもらった旅行会社さんの好意で見たい場所のピックアップ
の打合せをがっつり。

そしてそして!
念願の劇団☆新感線!「メタルマクベス」
前にチケットをとろうとして、どうしても無理ってことを経験し、とれないもんだと
思い込んでました。
そしたら、今回はご招待ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

いやあすごかった!
あれはもはやアトラクション。客席がぐるぐる回るんです。
バイクがブンブン走り回るし。
オーケストラボックスならぬ生バンド入ってるし。

4時間もあるのに、全く飽きない。
ほとんどの演者が2役以上やっているので、あとで誰が何を掛け持ち
していたのか答え合わせしないと頭がこんがらがります。

役者さんってすごいなーと思う。つくづく。
マクベスなんて、「ブラックペアン」に出てた黒崎先生ですよ!
橋本さとしさん。歌唱力抜群。存在感が偉大!

派手さやクドカンさん脚本の笑える場面ばかりが語られがちですが、
ちゃんと「マクベス」です。
尽きせぬ欲望、欲望にからめ捕られた人間が陥る悲劇、そして破滅……。
シェイクスピアの時代から変わらない普遍的な人間の心理。
考えさせられます。

終わってから、役者さんに面会に行ったら、衣装やらマイクやらの回収で
次々とスタッフの人が入ってきて、舞台というのは一回きりじゃないから
大変だなあと。

とにかくテンション上がります。
これから配役かえてdisic3まで続くので、興味のある方にはおススメです!

                   ☆

翌日は打ってかわって静かな朗読劇。
「この子たちの夏」
原爆投下のあの日の物語。
母が、子が、生きたい、生きてほしいととただただ願った日々が語られます。

私も原爆にまつわる作品を書いた時にたくさんの証言を調べましたが、
不思議と落とした人、落とした国を恨む声がない。
思わないはずはないだろうに、それが公に語られることはほとんどない。
どうしてなんだろう……。
そんなことは超越して平和を願うからなんでしょうか。

夏。どんなにバタバタしていても、この時期になると毎年刻々と移り変わる
危なげな国際情勢と相まって考えさせられます。

2018/08/02

本日のアンビリバボー

当日のお知らせでナンですが……
私も新聞のテレビ面見るまで忘れてました。

本日放送の奇跡体験!アンビリバボー。
後半の感動コーナー担当しました。

もしもはるか昔に出会った男性から手紙が届いたら?
しかも、それが暗号だったら?

それだけでもミステリーなのですが、当然ながら実話ですし、
ドラマチックな人生っていつ誰の身に起きても不思議じゃない。
そして、一歩を踏み出すことが大事なのだと思わせてくれます。

どうぞご覧ください。

2018/07/26

ルミネでよしもとを2回も見る

「ねえ、なんであんなに面白くなかったのか、もう一回検証しに行かない?」
小説家S先生に誘われ、二度目のルミネTHEよしもとへ。

そもそも前日記に書いた、二度目にバッタリのS先生と、バッタリついでに
よしもと観たことない、という話になり、出掛けたのが6月。

前座から中盤までは面白かった。
ところが、トリに向かって居眠りするワタシ。
まあ、たまたまだろうと思っていたのだけど、寄席に詳しいS先生によれば、
「中入り後から後が眠くなるほどつまらないなんてあり得ない」そうだ。

で、2度目のよしもと。

今回は最初から最後までおもしろかった!
ゲラゲラ笑いました。

Img_1808

↑前説の世間知らズ。初見。しゃべりは……う~ん。。。
西田さんのワンピースの裾がほつれているのが気になって仕方なかった。

星田英利(ほっしゃん) ぼやいてるだけなのに、めちゃくちゃ面白い。
お笑いはセンスだなあと思う。

友近。さすがの作り込み。ただし、今回は作り込み過ぎたキャラクターが
若干不発。

その他、田村亮とその仲間たちみたいな芝居。ゆるいけど面白い!

などなど、ハズレがなかった。
直前にとったのに前から4列目。
これくらい舞台に近い方が息遣いが感じられてやっぱりいいですね。
笑えるかどうかはどうやらその日のプログラムによるみたい。

それと、もしかしたら関西と関東の笑いに対する感覚の違いなんかも
あるのかもしれません。

新宿駅上だし、もしまだ未体験の方はおススメです。


2018/07/24

バッタリ人に会う

咽頭炎は(←しつこい)大分よくなってきました。
2週間、日毎に悪化していくというなかなかスリリングな体験をしました。
声は変わらないし、咳も出ないので、はずせない用事がある時には、
なんでもない顔をして出掛けると、帰ってきて痛みと熱で倒れ込む……
なんて繰り返し。

あんまり薬が効かないから、さらに別の薬に替えてもらい、溶連菌の検査
まで。(結果はまだ)
やっと昨日ぐらいから、朝起きた時に確実に前日よりよくなった~という実感
を持てるようになりました。

いやあ、人間って、ほんの体の一部が調子悪いだけで、性格まで悪くなるもんです。
って私だけ?
健全な魂は健全な肉体に宿るというのはホントですね。


この1カ月の間に予期せぬ時にバッタリ人に会う!という経験を3回しました。
1回目は、前の日記にも書いた、「教え子がリサーチャーとして会議にいた」件。

2回目は、天童新太さんの新作「ペインレス」に関する講演会を聴きにいき、
時間までお茶しようと思ってカフェに入ったら、知り合いの小説家S先生にバッタリ会った。

3回目は、外でランチして、この後パスポート写真を撮ろうというのにルージュを忘れた
ので、いつもの店に買いに行こうとデパートに行ったら、義妹にバッタリ会った。

……てなカンジです。
2回目と3回目は人に会うつもりも予定もなかったので、まーキタナイカッコに化粧も
手抜きまくり……(恥)
いずれも別にそこにその人がいるのは全然おかしくない、というシチュエーションですが、
時間が数秒あるいは数分ずれれば会ってないので、やっぱり不思議。

しかし、一番びっくりはやっぱりパリのシャルル・ドゴール空港で友人Rさんにバッタリ
というインターナショナルな偶然でしょうかね。

2018/07/19

そういえば「万引き家族」を観た

ホントしつこくて申し訳ないですが、咽頭炎は一進一退です。
昼から夜にかけては、痛みも腫れもなく、まあしいていえばちょっとだるいかな、
くらいですが、朝は菌が繁殖するとかで痛いし、腫れ上がって化膿している、
というありさま。
もーっ、いつまで続くんでしょ。

で、タイトルの話。
もう1カ月くらい前になりますが、「万引き家族」を観てきました。
カンヌの威力は大きいのでしょうね、ハデな話ではないのに、
あの動員数は。

すごくよく練られた映画でした。
登場人物ひとりひとりに深い人生があり、けれどそれをあえて説明しない。
切り口だけがぶつけ合わされているカンジ。

あー、映画ってこれでいいんだよな、と思いました。
説明がなくても、観客は十分に想像力を働かせ推察する。
セリフが極端にない人物でも、ふとした表情ひとつで全部伝わってくる。

劇場から出てロビーへ降りていく途中で20代の女性が
「○○って、△△の妹ってこと?」
「あの名前は○○の名前?」
などとわかりにくかったところを語り合っていました。
「そうそう」「いや、そこはそうじゃなく」と口出ししたかった(笑)
実際人間関係と名前が入り組んでいて(そこがよく考えられている)
私も帰ってから人間関係図をつくって頭の整理をしたくらい
結構難解なところがあるのです。
そこに人生の深さがあるんですけどね。

でも、その二人の会話がフッと途切れたあとで、
「なんか心にしみるいい映画だったね」
「うん」
と言っていたのが、なんだかすごく嬉しかったです。
たぶんそれは私も映画を創る側にいる人間としての
応援みたいに聞こえたからなのでしょう。

2018/07/18

ダンス・ダンス・ダンス

誰も私の喉の痛みなんぞ興味はないかと思いますが、しつこく。
昨日は外出できるくらい元気になったので、回復に向かっていると思いきや、
真夜中にあまりの喉の痛みで目が覚めました。
鏡で見てみると、化膿してまっ黄色!気持ち悪っっ。

今日は別な耳鼻咽喉科へ。(前回は休診だったので行けなかった)
この前行ったところは、鼻からファイバースコープを通すなかなか
最先端な機器を備えたクリニックでしたが、老舗病院のそこは
お医者さんが頭にCDみたいな丸い鏡(額帯鏡というんですね)
をつけてるようなクラシックなところ。

ひと通り診察し、薬を喉の奥に塗られ、前回とは全く違う薬を出され帰されました。
果たしてこれで完治するのか!? 乞ご期待。(だから誰も興味ないって……)

そもそもなんで喉にくるようなことになっちゃったかというと、
1つ心当たりがあるのです。
久し振りにダンスのコンペ(パーティーの1コーナー)に出たから。

ダンスは、今まで断続的にやったり休んだりしてましたが、ここ1年半ほど
また徒歩圏内にスタジオを見つけ、若い先生に習い始めました。
やれば、やっぱり楽しい。

で、ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、クイックステップ、ルンバ、
チャチャチャのミックスコンペに出て、汗かきまくり、不特定多数の人たち
がものすごくホコリを立てる空間に長時間いた。
たぶんこれが原因でしょう。
その翌日から喉が痛くなり始めたので。

ずっと前に映画「ラブ&ベリー」で3Dアニメーションのモーションキャプチャー
をお願いした菅井・尚和組に再会できたのは、嬉しかったです。

ちなみにコンペでは、クイックで賞をいただき、翌日から苦しむことになるとは
思わなかったけど、ダンス三昧の1日でした。
なんか遠い昔みたいだけど。

Img_1800

2018/07/17

私が私であることを証明するのは大変

体調が悪いと前向きになれないもんですね。
昨日のブログはなんという後ろ向きなのでしょう。
今日もまだ喉は痛いですが、歩き回れるくらいには元気になりました。

13年前に母がハワイで買ったタイムシェア。
弟たちと4人の名義。
それなりに楽しいバケーションを過ごしてきたのですが、甥っ子たちが
成長し、受験だ部活だとなってくると、結構もてあまし気味。
おまけに管理費めちゃ高い。
じゃあ、売るか!となったものの、中古市場に出しても買い手はなかなか。
だってそもそもタイムシェアって、リゾートのノリで買っちゃうものだから
中古市場があることすら気づかないのが普通らしく。

そんなこんなで5年くらい経って、ようやく売れました。ホッ。

ところが、これはアメリカにおける不動産売買の扱いなのです。
契約時、私は前の結婚をしており、リア友の皆さんはご存じの通り
何度か名字が変わっている。
これを証明しないと売買契約書がつくれない!
最初は戸籍謄本をとれと言われて取り寄せたのたけど、
なんとここには変遷が出てない……。

つまり、結婚歴がある人がそれを隠して結婚し、相手の親にバレたら
どうしよう~なんて場合(実際調べてたらそういうケースばっかりぞろぞろ
出てきた!)は今は法律改正により、セーフなのです!!

しかし、私は逆だ。
契約当時、その名字であったことを証明しなきゃいけない。

調べまくって、区役所にも電話した結果、「除籍謄本」なら全部記載
されている!ということがわかりました。
区役所の人も「ちょっと待ってください」と即答できなかった!

つまり、離婚後、ひとりで戸籍筆頭になった本籍は今は空っぽだけど
それを証明する証書というわけです。

手紙で取り寄せるのは不安だったので、前に住んでいた区役所まで
この暑い中、出掛けました。疲れた。。。
無駄になった戸籍謄本は、この際だから、新しいパスポートをつくり直す
のに使うことにしました。

しかし。離婚した直後も思ったけど、人生の変わり目が多いと
自分が自分であることを証明するのは結構面倒です。


2018/07/16

寝たきりの休日

実はここ1週間ほどどうにもこうにも体調がよくなく。
もともと疲れるとすぐに扁桃腺が腫れるのですが、
耳の下、リンパのあたりが痛くて痛くて。

体温計がどっかいっちゃったので、発熱しているのかはわからず。
外出しなきゃいけない時は気力を振り絞り、
だけど、原稿に向かうと何時間も続かない……というありさま。

病院で抗生物質を出してもらったものの、なんか効かないんですけど。

そして、昨日のドタバタが決定打になったのか、本日祭日の月曜は
寝たきり!

原稿は出したし、定例会議は急遽なくなったし、金曜に問い合わせのあった
仕事の件はまだ何もいってこないだろうし、世界で私に用がある人はいない、
食料品はなかったのだけど、たまたま生協が届く日で出掛けなくてもなんとかなった、
という、平和な1日。
(コレ、毎日だとこたえるけど、たまにだといいですネ)

室温30℃超えているのに、寒けがして……
布団にごろんと横になると、猫が添い寝してくれて爆睡。
1時間ほど眠ると、あまりの暑さで目が覚める。
これを3回くらい繰り返していたら、大分復活してきた気がします。

夏バテなのか、冷房病なのか、はたまた夏風邪なのかわかりませんが、
みなさまもお気をつけください。

2018/07/15

自分が信用できない

最近のおっちょこちょいとすっとこどっこ話はもう何度も書いてますが、
今日もやってしまいました。

今日は13時から世田谷パブリックシアターで舞台
「マクガワン・トリロジー」を見る予定でした。
その前にさんざんお待たせしていた原稿を出し……
ここまではいい。

着替えたり準備し始める時間を1時間間違えてた!
慌てて支度して、タクシーで駅へ。
デパートで差し入れのスイーツを買って電車に乗る。
やった!30分前には到着できるぞ!

ところが。

劇場がキャロットタワーの中にあるのは知ってたし、駅前の情景もしっかり
浮かんでる。
ところがなぜか「池尻大橋」だと思い込んでいたのです。
正解は「三軒茶屋」なのに。

たまたま乗った電車が急行で池尻を通り越して三茶に到着してしまい、
「やばいやばい。1駅戻らなきゃ」とホームを移る私。

そして、池尻大橋の駅から外に出たら、思い描いていた景色と
違う。(当たり前)

そこで慌ててググッて、三軒茶屋へ移動!
ところがハッとした。ホーム逆じゃん!
走る走る。
そして、やっと三軒茶屋到着。
もう永遠に着かないかと思いました。

結局30分前に到着予定が、3分前。
汗だく。
受付で待っていてくれた趣里さんのマネージャーさんとご挨拶し
慌ただしく席へ。
ふう。

舞台はなかなかエキサイティングでした。
IRAという日本人にはなじみのない設定だから、多少難しいところは
あったけど、主役の松坂桃李さんの存在感が映えてました。
趣里さんは、つい最近までやってた「ブラックペアン」の猫田さんの
イメージが強いけど、あんなに華奢なのに、迫力のあるセリフ回し。

終演後、ご挨拶して帰路に着く。
今度はちゃんと帰れました。(当たり前)

ここんとこ喉が腫れてだるかったのですが、特に今日はもう疲れ果て、
帰ってきて爆睡。

ああ。トシはとりたくない。。。

Img_1805

2018/07/10

怖い夢

西日本豪雨……東京にいると、お天気もよくて同じ日本でも
こうも違うものかと思います。

今回の豪雨の半月ぐらい前だったか、そういえば怖い夢を見たんです。

ある日家に帰ったら、濁流に流されて跡形もない!
最初に思ったのが、「うわ!パソコンは!? 原稿直さないといけなのに!」
という貧乏性そのもののこと。

原稿はクラウドに上げてあるから、端末さえあれば……とか考えていて、
ふと、うちマンションじゃん!と夢の中で思い出し、そして、夢の中の
自分もそれが夢だと気づいたのでした。
でも、怖かった……

考えたくないけど、つないであるわんことか家の中で縮こまっていた猫
たちはどうしたんだろう……と、ほとんど報道されないことが気になります。
そんな中、ポニーが民家の屋根の上で発見されたというニュース、
ちょっとホッとしますね。

1日も早い復興を---

2018/07/07

怖い水


押し寄せる水ほど恐ろしいものはないと思います。

本当は数日前から「今一番気になるニュースはタイの洞窟に閉じ込められた
少年たち」……と書くつもりでしたが、ニュースで目にするのは
家や橋がものすごい勢いで流されていく映像……
そこに住んでいる人たちを思うと言葉もありません。

私は1年に一度は海が見えるところでボケーッとしたいと思って
いる人間ですが、水というのは、海であれ川であれ、一度
怒り狂うと人間にはどうすることもできないんですよね。

西日本の豪雨被害、今現在真っ暗な中で孤立している人が
早く救助されますように。
そして、1日も早く復興しますように。。。

タイの洞窟では、サバイバルや瞑想を学んだ25歳のコーチが
少年たちがパニックにならないように先導したとか。
こちらも1日も早い脱出を祈ります。

2018/07/06

ホットクック お料理教室

シャープのホットクックのユーザー登録をしてから、いろいろお知らせが
届きます。

そして、今回体験お料理教室に当選!
講師は勝間和代さん。
そう、ロジカルクッキングの提唱者でホットクック導入を推進されている方
みずから説明し、それから調理実習です。

Img_1784


今回はブレイズと具だくさん味噌汁。
どっちも自宅でヘビロテしてます。
ただ、いつもは面倒で塩加減はテキトーだけど、やっぱりきっちり
0.6%と測った方がいいですよ、ということと、無水調理をすれば
野菜そのものからだしが出るから、出汁はいらなくなるとのこと。

ちなみにナマ勝間さんは、テレビや雑誌で見るより、はるかに
華奢でお綺麗でした。

シャープといえば、いろいろチャレンジフルな製品をつくっていて
最近モニターにならんかね?というダイレクトメールが来たのが
最新猫トイレ!
猫がトイレに入ると、サッとモニターして、尿を分析、飼い主に
メールしてくれるんだそう。
多頭飼いの場合は首輪につけたセンサーで誰だか判断するらしい。
私は猫に首輪をつけていないので、今回は応募するのは見送った
けど。

ホントに電化製品の進化がスゴイ!

2018/06/22

感謝

2018年上半期のベストセラーが発表になりました。
「8年越しの花嫁~奇跡の実話」ノベライズが
文庫部門で日販8位、トーハン11位にランクインしました。

東野圭吾さん、宮部みゆきさん、湊かなえさん、有川浩さんなどなど
そうそうたる顔ぶれの中で、アウェイ感ハンパないです笑
いや、ホントに。

でも、率直に嬉しいです。
私の力なんて微々たるもんではありますが。
なんたって中原ご夫妻の愛の物語、そして岡田さんの脚本
あってのことなんで。
それにそれに。
映画の力、松竹、TBS、それに版元の主婦の友社、もともと
この企画を本にしようと思い立った編集者さん……
とクラクラするくらいたくさんの人が関わってのこと。

買ってくださった方々、ありがとうございました。

2018/06/15

大人の社会科見学

東京弁護士会が主催する市民交流会に今年度当選しまして。
そう、一応応募したら抽選制になっているのです。

これ、どんなものかというと、司法の現場を弁護士と一緒に見学する、
大人のための社会科見学というイベントなのです。

月1回で、先月のオリエンテーションに続き、今月は東京地裁での
裁判の傍聴。
5班に分かれ、それぞれ刑事裁判の審理が行われている部屋へ。

どんな事件だったのかは書けませんが、判決を受けた被告が
知り合いがいたのか、何度も何度も傍聴席を振り返っていたのが
なんだか妙にグッときました。
待っててねと言ってたのかなーなんて。

……という話を終わった後に同じグループの人にしたら、
「違いますよー。私たちがドヤドヤ入ってきたから、何かと思って
振り返ってただけですよ」
だって。

そ、そうかな……。
感覚の違い?

裁判の傍聴自体は、誰でもできるし、私も速記者時代にオウム裁判の
記録のために何度か聴いたことがありますが、なんとも独得の雰囲気。

1時間弱見学して、地下の接見室の入り口なんかも見せてもらう。
中での様子などを聞くと、あっち側とこっち側には大きな隔たりがある
ということがよくわかりました。

いずれ刑務所見学ツアーなどもあるようで、個人的好奇心とともに
いつかどこかで仕事の役に立つかも……という気もしてます。
とにかく勉強になります。

2018/06/12

ドラマ「僕とシッポと神楽坂」

情報解禁になりました。

テレビ朝日・金曜ナイトドラマ「僕とシッポと神楽坂」

10月期なので、大分先ですが。

第3話と第5話を担当しました。
今週クランクイン。
梅雨時ではありますが、収録がうまくいきますように。

原作はもうシリーズが始まって25年にもなるそうです。
心あたたまるステキな物語です。
ぜひぜひまずはコミックを読んでいただきたいです。

2018/06/10

バッタリ

気分はいまだに駆け出しでも、トシだけは無駄に重ねてきたせいか、
講師を頼まれることが時々あります。
周囲の同業者の皆そう。
中には大学で教えてる人もいます。
最近も新人ADが知り合いのベテラン構成作家の日芸の教え子だった、
なんて実例を聞いたばかり。

そして、私も。

先週、レギュラー番組の定例会に行ったら、見覚えのある顔が……。
教え子でした。
そういえば2期前の男子受講生で、リサーチ会社で仕事してるといってたな
と思い出す。
たまたまちょっとだけ臨時参加だそうで、あらかじめ番組のことを調べて、
私がいるのはわかってたそうで。

ドラマや映画だとバッタリはあまりないけど、バラエティーだとスタッフ
の数が多いだけに、別に不思議じゃないんですが、妙な感じです。

世間は狭い。
業界はもっと狭い……。

2018/06/07

舞台 「うつろのまこと」

博品館で上演中の「うつろのまこと~近松浄瑠璃久遠道行
を観てきました。

なぜか観劇では、ちょっとでも集中が切れると眠ってしまうという悪いくせ(!?)
がある私が、3時間半という長丁場で一瞬たりとも眠らず。

それだけおもしろかったのです。

浄瑠璃に新しい風を吹き込もうとした竹本義太夫と近松門左衛門の物語。
3つのパートから成り立っていて、日によって上演される演目が違います。
私は全部見たかったのでコンプリートバージョンへ。

「出世景清」「曽根崎心中」「心中天網島」という浄瑠璃・歌舞伎では
ポピュラーな演目がどんなふうに出来上がっていくか、
劇中劇を交えて激しい男と男のぶつかり合いが……というお話。

こういう立体的な構成の舞台は本当にすごいと思う。

竹本義太夫(今拓哉さん演じるのだけど、まさにピッタリ)は
プレーイングプロデューサーだったのね!
近松門左衛門(演じる伊藤裕一さんはアー写より実物の方がはるかに男前!)
は天才型の作家だったんだろうなあ。
……と物語をつくる末端にいる私としては、とてもモチベーションが
アガる舞台でした。

いや、ホントに面白いです。
追加公演もあるようだし、おススメ!

2018/06/05

リツイート

SNSの使い方がどうも今ひとつわかっていなくて、
ツイッターにおけるイイネは自分のメモのつもりで
単にマークしておくものだと思っていたら、自分のフォロワーさん全部に
開示されるものだとつい最近知って青くなりました。

自分のドラマの感想で、嬉しいものはチェックしていたから、
それを皆様に広めるってどんだけ自意識強いんだって思われた!?
ああ、恥ずかしい。

それと、ツイッターもFBも月に一回くらいしか開かないので、
友人知人の皆様の記事もめったに目にすることがなかったりで
たまに告知すると、皆さんリツイートしてくださるのに申し訳ない限り。

で、リツイート。
もう何度も書いてますが、5年も前に書いたレーシック手術その後の話
のツイートが最近また誰かの検索にひっかかったのか、やたらリツイート
されていて、すでに7000を超えてます。
改めてネットの世界って一度発信したら取り消せないし、拡散したら
止められないんだなあと思う。

別にレーシックの記事なんて、他愛ないこと(手術から10年たって視力が
後退したとか、もうコンタクトレンズは使えないとか)ですが、
よくニュースになっているような炎上をやらかしちゃったような人たちって
この先何年も何年も背負っていくんだろうと思うと恐ろしい。

別に悪いことじゃなくても、恋人と盛り上がって旅行に行ったなんて話を
SNSに書いたら、何年か後にお見合いした相手がそれを見て破談に
なった、なんて話も聞くし、「若気の至り」じゃ済まないことも今後どんどん
出てくるんでしょうね。

ああ。こわいこわい。

2018/06/04

楽しみにするドラマ

楽しみにしているドラマがあるというのは、日常にちょっとした
ワクワクをくれます。

今クール最大の楽しみだった「おっさんずラブ」が終わってしまった~!
最終回当日、このドラマのGPに会ったので、
「今日が最終回なんて寂しすぎます」と訴えたら、「あ、ここにもいた」
と言われた。
やっぱりあちこちで言われてるらしいです。
オリジナルであんな楽しい作品ができるなんて、つくり手の側から
いえば、ホントうらやましい。

アメリカの犯罪ドラマが大好きで、CSIシリーズやクリミナルマインドシリーズ
は欠かさず観ているのですが、ついに始まったのが、
クリミナルマインド韓国版!

初回を観る。
出てくる事件は、本家にあったものだけど、主人公の設定がオリジナル。
ハデな爆発シーンから始まってトラウマをつくる。
女性捜査官はみんな同じタイプの美女ばかりで、正直見分けが
つきません(笑)
もっといえば、被害者もみんな同じ顔!
本家では超がつくほど個性的な体型とファッションの分析官も
同じタイプの美女で、ちょっとだけハデなカッコというだけ。
こういうのってお国柄なんだろうなあ。

でも、演出はスタイリッシュだし、犯人はいいカンジで猟奇的
なので、楽しみなドラマリストに加えました。

……と、仕事を離れれば完全にただのミーハーの一視聴者です。

2018/05/29

サイコパス

ベストセラーというのは、情報が自然と耳に入ってきて、ついつい読まなくてもいいや
となりがちです。
この本もそんな一冊。

読むと聞くとじゃ大違い。
目からウロコの連続でした。

サイコパスというと、連続殺人犯などを思い浮かべがちですが、実際は
人口の1~4%もいるというのです。
100人いたら少なくとも2人や3人はいる。
それも程度問題もあるので、この人なんで人の痛みがわからないんだろう、
とか、なんで嘘ばっかりつくんだろう、という人に出会ったことは誰しも
あるはず。

過去には、織田信長なんかはそうだったんじゃないかとか、トランプ大統領など
は間違いなくそうだろう、なんてこともあるらしいです。

私も経験あり。
なんと冷たい人だろう、なんでこんなひどいことができるんだろう、という人に
つかまっちゃったことがあるのですが、脳の器質が原因だとすると
(詳しくは本を読まれたし)
妙に納得。
そして、対処法としては、そもそも本人が異常だとか治したいなどと
思わないのだから、逃げる!一択なのです。
なるほどなあ。

いろんな人がいる、価値観もいろいろ、そして脳のつくりもいろいろ
そんなことを知るだけでも勉強になります。

2018/05/25

看板

どうも根が不精なもので、まめな更新ができません。
ゼミの受講生には「とにかく書くこと!」なんて教えてますが、
心の中では「どの口が言ってんだ」とツッコミを入れてマス。

今は昔……といっていいゴールデンウィーク。
法事で仙台へ行ってきました。

Img_1633

羽生君が迎えてくれた!
何を着てても麗しいゾ。

ホントは前後に温泉でもとって一人旅でもしてなんて思ってたけど、
連休で混雑しそうだし、バカ高い料金設定に納得もいかず、結局仙台一泊で帰京。
初稿〆切前だったので、ちょうどよかったのですが。

もちろん一応パソコンは持参。
よく電車の中が一番執筆がはかどる!なんていう同業者がいるのだけど、
本気で尊敬します。
私には無理!
原稿は開いたものの、全く全然これっぽっちも集中できず。
この違いはなんなのでしょうね。

2018/04/25

猫パンチの3秒前

Img_1471

我が家の黒白猫ズ。
3人娘だった頃は、よく猫ダンゴになっていたのですが、次女を猫不足に
あえぐ弟の家に養子に出した途端にクールな間柄になってしまった長女と三女。
(って、別に血のつながりはないです。単に私がハチワレ3匹コレクションしてただけ)

寄り添っているところはまず見ないし、たまーに追いかけっこするくらい。
珍しく近づいてるなーと接写したのがコレ。
耳が後ろに思い切り倒れてます。
戦闘体勢!

この3秒後に取っ組み合いが始まりました。

ちなみに今この瞬間は、私の仕事部屋で2メートルほど
離れて、それぞれ爆睡中です。

2018/04/24

セクパラ

セクハラとパワハラ、両方合わせて「セクパラ」というらしいですね。

報道されていることを見ても、被害者と加害者の間の認識にズレが
生じて、結果として大きな事件に発展してしまうものなんだなと
思います。

つい最近、とある企業のコンプライアンスドラマを書かせていただき、
たまたまテーマがパラハラとセクハラ(と他に2つ)だったので、
結構いろいろ資料を読み込みました。
(※OAはありません)

もはや傷害罪の域に達するハラスメントも多々あるけれど、
逆に問題になるのは、加害者の方には悪いことをしている
という意識がなく、被害者はどんどん傷ついていくという
ケースです。
(今まさに巷で問題になってることなんか典型的)

いずれにしても、職場で起きることならば、自分を守るために
我慢はするべきじゃない。
なかなか難しいこともあるでしょうけれど。

まだセクハラという言葉すら広まってなかった頃、OLを
していた私も結構経験しました。
(若い頃はかわいかった!……た、たぶん)

接待の後、担当していた某大使館の外交官のおうちに連れて
いかれそうになり、交差点で車から文字通り逃げ出した……なんてことも。
でも、すぐに上司の報告、ソッコーで担当を替えてもらえたので
事なきを得ました。
まあ、これも成績云々ということには結びつかなかったから
簡単に逃げ出せたのかもしれないですが。

パラハラの方は、また違った意味で問題が大きいような気がしてます。
叱られることなく大人になっちゃった優等生さんたちが社会に出た
途端に、「ダメ」という烙印を押されると大混乱を来してしまう。
普通に注意しただけでも、コンプライアンスに駆け込む人も
いるらしいですからね。
手を出さなくても、不快と感じるという意味ではセクハラと限りなく
近いけど、こっちは「常識」という線引きで判断される。

ハラスメントと言われるのが怖くて、コミュニケーションが希薄に
なるとしたら、それはそれで本末転倒。
だからこそ、企業も研修に力を入れるようになって、私なんかの
ところにも具体的なシーンを見せてほしいからドラマつくって、
なんて注文が来るような時代になっているわけです。

どっちにしても人と人とのコミュニケーションに及び腰にはなりたく
ないもんですね。

ちなみにそのコンプライアンスドラマの撮影直前、香盤表が送られて
きて愕然!
なぜか「〇〇田」(山田とか秋田とか)という名前の登場人物が
ズラリ……
無意識のうちにつけてたようで。
よほどの「田」好きと思われてしまったのでした。。。

2018/04/21

塩の話

血圧が……なんて話題はババくさいのですが、自分のメモのために書いてます。

甘いものと同様、塩分も脳に麻薬と同じように快楽領域に達して心地よい~という
報酬を与え続けるのだそうだ。
確かにポテチなんか一度開けたら最後、食べ尽くすまで止められない。
あれは明らかに心地よいしょっぱさがあるからだ。

でも、からだによいとされているナトリウムの上限は2300ミリグラム。
塩分にすると、5グラム相当。
レンジでチンするだけのポップコーン1袋であっという間に2倍!

身体が処理できる以上のナトリウムを摂取すると、身体の組織から
血液中へ水分を要求し、その結果血液量が増えて、心臓がより強く
血液を押し出さなくてはいけなくなるので、血圧が上昇する、という
仕組みらしい。

高血圧の人が脳梗塞やら心筋梗塞を起こしやすいのはそういう
わけなんですね。

チェーン系のレストランやコンビニ食などは味が濃いめなので
当然塩分が強い。
依存性がどんどん高くなるから、濃い味付けじゃないと満足できなく
なって、ますます塩分過多。

ホットクックでつくれば(って切って入れるだけだけど)、最低限の
塩分で済む。
よって血圧下がる、そんな図式だということみたいです。

現在、我が家のホットクックちゃんは野菜たっぷりの味噌汁を
調理中です。ゴトゴト……(←かきまぜ棒が働いている音)

2018/04/20

文明の利器

更新が開いてしまいました。
というのは、別にすごーく忙しかったのではなく、その逆。
農閑期だったから。
時間ができたら書く!と決めていた〆切のない原稿に向かうものの
進まず……
自己嫌悪。
そんな日々でした。

さて。私が最近、というよりも生涯で一番買ってよかったと思っている家電。

Img_1533

ジャーン!
キッチンの一番いい場所にドド~ンと鎮座しているコレ。
知っている人は知っているシャープのホットクック!

半年ぐらい前から気になってはいたけど、なにしろお高いし、
使いこなせなかったら無駄になると躊躇していたのだけれど
買った人のクチコミを読んでいたら、もうたまらず。

いや~~~便利!
とにかく野菜がおいしくなる。
低温、無水で調理するから。
テキトーに切って、塩少々で十分なのだ。
例えば、生の野菜、トマト、乾物のままのパスタを入れて
スイッチポン!でおいしい野菜パスタの出来上がり~みたいな。

レシピもアプリと連動しているから、選び放題。
最近じゃ、おやつまで自分でつくってマス。
最初はレシピどおりにホットケーキミックスを使っていたけれど、
健康的にするなら全粒粉にしよう、とか応用はいくらでもできる。

注意点としては、公式レシピは砂糖を入れるように書いてある
けど、不要です。ってか、ない方がいい。
お菓子の甘みは私は自家製甘酒を使っています。


そんなわけで。
今まで「どうやって食べるの?」と思っていた豆(乾物)とか、
きのこその他の料理で毎日使ってます。
量使うわけではないから、オイルや塩は最高級のものに。
それだって外食に比べたらたかがしれている。

こうやっておいしく野菜その他を食べられるようになったら、
外食やデリバリーがまずく感じて仕方なくなってしまいました。

それに何より、あっという間に血圧が下がった!
ホットクックちゃんのおかげで私の健康寿命は確実に5年は
延びたと思う。(マジ)

そもそもは多忙な働くお母さんたちのために開発されたらしいけど
ずぼらな在宅勤務者にも恩恵です!

2018/03/28

目にくる花粉症

Img_1595

基本的に花粉症で苦しんだ経験がなく、なんとなく大丈夫と思ってたんですが、
今年は若干目にきました。

かゆい。それも目の周りが!
我慢できずにかきむしっていたら、ボロボロになった。。。
ホホバオイルをつけてみたり、オロナインをつけてみたりしたけどダメ。
真っ赤になってガサガサ。
とてもじゃないが、メイクせずには外に出られない。
しても、皺がくっきり!
帰ってきたら、今度はクレンジングがしみるのなんのって。

ネットで検索したら、皮膚科に行け、と。
で、行ってきました。

ヒルドイドローション(保湿)
プレドニン(目の周り用軟膏)
ビオデルマ(肌に刺激のないクレンジング)
アレグラ(市販されているのと同じもの)

以上を処方してもらい、使ってみたら、2日で治りました。
う~ん。さすがお医者の薬。

ビオデルマはネットで買った方が安いと判明。
今後愛用していくことに決定。

世の中の花粉症に苦しむ皆様、お大事に!

2018/03/25

春の雪からの桜満開

※やっぱり写真は寝っころがってしまうようです。お見苦しくてすみません。

Img_1536

春の雪になった春分の日。
たまたまスカイツリーにのぼってました。地上450メートル。
下界はまだ雨だったから、上空は吹雪でもうびっくり。
視界はこのとおり。富士山なんて影も形も見えず。残念。

そして、水族館へ。
Img_1557_2

楽しい……。
しかし、展示されている魚がどこに棲息しているかなどの説明は一切なし。
ま、いいのか。なんたってここはスカイツリーの真下。
都会のど真ん中なのだ!
水族館があるだけすばらしいってなもんです。

そして、週末は一転して暖かくなり、桜満開。
春の天気は女心のようです。
(私はそんなに気まぐれじゃありませんが)


2018/03/18

語りたい人

とある紙媒体の座談会に出席。
実は先日の試写会は、その後、映画にまつわり人生を語る座談会出席
とセットになっていたのでした。
もちろん仕事とは無関係。

» 続きを読む

2018/03/15

歯は3D

歯の詰め物がポロッと取れた……のが2年前。
予約をしたまま、なんと2年。
仮に入れてもらったものが全然問題なくて、行こう行こうと思いつつ。

が、ついに他の歯でも同じことが起きて、再び歯医者へ。
この際だからと2年前のところも一気に治すことに。

実は2年前に予約したまますっぽしていたのは、従来の型を取って
歯科技工士の人が詰め物をつくってはめる、というのではなく、
歯科医院で、デジタルで型をとり、その場で3Dでセラミックの詰め物を
つくってしまうセレックという最新の技術。

2年前には、2時間は見ておいてくださいと言われていたのが、
今回行ってみたら1時間で完成、おまけに料金(もちろん保険適用外)
も半額以下になってた!
すごい!
イマドキはなんでも日進月歩なんですね。

病院激戦区(?)に住んでいるので、何科にかかるにしても、徹底的に
クチコミを調べてこれぞ!という病院や医師にかかるようにしています。
もちろん病気になんてならないことに越したことはないわけですが。


                 ★

とある映画の試写会へ。
仕事柄いろいろな映画の試写の案内はいただくけれど、今回は全くの
一般応募で。

たまたま舞台挨拶がついていて、役者さん、監督の登壇があった。
泣けるところがいっぱいですよーという触れ込みで、あーハンカチ忘れた~
ティッシュは出せるようにしておこう、なんて思いつつ臨んだ。

……泣けなかった。

きっとここは泣きどころとしてつくったんだろうなあと思うところは多々あった
のだけど、なんでこんなにナレーション入れちゃうんだろ、とか、
この回想のアングル、ちょっとおかしくない?とか、
説教じみたセリフって心に響かないなぁ、とか(もちろん自戒を込めつつ)
そんな余計なことを考えながら見てたら泣けませんでした。
別に泣ける映画が素晴らしいってわけでは全然ないですけど。

映画が上映にまでこぎつけるのは、どれほど大変なことかは人一倍わかっている。
なので、完成披露試写ができることは本当にすばらしい。
もちろん今回の作品も私がちょっとダメだっただけで、感動した人はいっぱい
いると思う。

今書いている映画もちゃんと完成までこぎつけて、そして観た人が喜んでくれる
ものにしないとな、と改めて思った夜でした。

2018/03/11

7年

あの日からもう7年なんですね。

あの日あの時間、私は地下鉄中目黒駅の電車の中にいました。
東北で大きな地震という速報を見たので(当時はまだガラケー)、
母にメールすると、無事。

そこから連絡がとれなくなりましたが、母も弟一家も大丈夫という
のがわかっていたので、まだ安心でした。
本人たちは、ニュースを見ることもできず、災害の大きさには数日間
全く気づいていなかったらしく、結構普通に生活していたようです。

すべてが明らかになった後、母の知人は一気に親戚23人を亡くした
という人もいたりして、ショックを受けていましたが……。

私があの日、一緒にいた人たちの中には、亡くなってしまった人、
もう会うことはないであろう人たちがいます。
それは震災とは関係ないけれど、ふとした節目に考えますね、やっぱり。

友人でたまたまあの日、海外旅行中だったという人がいます。
「なんだか非国民になった気分」といまだに言ってます。
サバイバーズギルトの変形版なのかな。

私は、情報の大切さを実感したので、スマホの充電が
常にめいっぱいでないと落ち着かないです。

大災害の起きた日は、そばにいる大切な人を思うと同時に
悔いのないように生きなきゃいかんなあと思う日です。

2018/03/09

おっちょこちょいとか人間ドックとか

541220537_806768

これ、万歩計の進化したもの。ライフログ。商品名UP。
実はこの1年で3個目……とほほ。
睡眠の深さから、食べたもの、歩いた歩数まで全部記録してくれて
スマホアプルで、「もうちょっと歩きましょう」とか「そろそろ寝た方がいいですよ」
とか「今週は睡眠が足りないですよ」とか「運動しましょう」なんて教えてくれる
とっても賢いコ!

しかし。ちっこい。落す。。。
外出先のトイレで1個目。
2つ目は、海外在住の友人に会いに成田ヒルトンに宿泊し、プールやら
スパやら堪能し、気づいたらなかった。
ホテルの人に聞きまくり、恥ずかしいったらない。

ちなみに過去にコンラッドホテルでは、水着を忘れてきて、すっかり洗濯乾燥
されたものが丁寧に包装されて戻ってきたこともあった。
新宿ヒルトンでは、なんと廊下の真ん中にアダプターを落して、数カ月後に
その友人が再び宿泊した時に、「もしや」と問い合わせてくれて見つかった
こともあり、あちこちで迷惑この上ない私です。

てなわけで3個目。

おっちょこちょいなのか、健忘症なのか、それとも……
と思って、今日受けた人間ドックに脳MRIをオプションでつけてみました。
果たして結果は……!?
3週間後にわかります。ドキドキ。

……ちなみに写真の背景はじーさん猫が割り込んできたモフモフです。

2018/03/07

明日のアンビリ

3月8日(木曜)20時 フジテレビ
奇跡体験!アンビリバボー

高知龍馬マラソン大会で起きた、あるアンビリバボーなお話書きました。

この番組をやっていて思うのは、「奇跡」と言われることって
すべては人の想いで始まるんだな~ということ。
誰かが誰かを思いやって、そこで思いがけない力が生まれ……と。
感動コーナーはほぼすべてそれじゃないかという感じです。改めて。

ご用とお急ぎでない方はどうぞよろしく。

2018/03/04

映画美学校でしゃべる

アニメ「地獄少女」でご一緒した金巻兼一さんに頼まれて、
映画美学校の脚本コースのゲスト講師としてお邪魔しました。

少し早めに行って、添削のところから見学。
30人弱の生徒さんたち全員が提出しているわけではないけれど、
プロット、ハコ、シナリオと進行状況はまちまち。

半年毎週1回の授業で30分シナリオを仕上げるのだそう。
私が教えている日本脚本家連盟のゼミは、4回のゼミで
1時間のシナリオまでだから、相当駆け足になる。
きめ細かい授業を拝見していて、少ない回数でどこまで
わかってもらえているのかなといろいろ考えさせられました。

ゲスト講師といっても、金巻さんに聞かれたことにお答えしつつ、
どうやって勉強していくか、なんて話をつらつらしたのみ。
事前に「隠れ菊」第1話は上映して下さったとのことで、
ちょうど持参していた台本を回して見てもらう。
私なんぞの拙い話がちょっとでも役に立てば嬉しいのですが。

普段の授業でも思うけれど、人に教えるということは、
自分の中で、好き勝手にやってきたセオリーを体系化、理論化
しておく必要がある。
そういう意味では、自分自身にとっても勉強になる。

でも!毎週あの密度で授業をしている金巻さんには脱帽!
本当に頭の下がる思いでした。

2018/03/02

オヤジの気持ち

少し前のことだけど、会議に行ったら、かわいい女子ADちゃんが
「いつもお世話になっているので」とバレンタインのチョコクッキーをくれた。
なんと手作りである。

う、嬉しい。。。(嬉しさのあまり写真を撮る前に食べてしまった)
そうか、かわいい子にチョコをもらったオヤジの気持ちはこれか!
なんかすんごくわかってしまった。

忙しいのに、よくつくるヒマあったね、と言ったら、
最近は働き方改革でちゃんとお休みももらえてますから、だそう。

彼女は24歳。
番組が始まった時はまだ4歳……
なんだかクラクラした。

私が彼女くらいの頃は、バブルの真っ盛り、営業だったから、
経費でチョコをクライアントに配りまくり、ホワイトデーの
お返しは独り占めしてた。
そりゃもうゴージャスなもんでした。
ああ、バブリー。
時を経て、あの頃のおじさんたちの気持ちはこんなだったのかしら?
と思ったのでした。

«今日から3月