ノベライズ「そして、生きる」「セミオトコ」

9月11日発売です!

 

10月9日発売です!

2019/11/13

誰かといること

知人の訃報が届きました。

会ったことは一度だけですが、友人の親族なので、時々噂を聞く、というくらいの

関係の人です。

若い時にはそれはそれは華やかな仕事をしていて世界中を飛び回っていたとかで、

ものすごい美貌の持ち主だったそうです。

過去形なのは、私が出会った時には、難病を患って往年の美貌も影をひそめていたためです。

彼女は、お母さんを少し前に亡くし、家族もなく、親しい友人もなく一人で暮らしていました。

どうしても身の回りのことがおろそかになりがちだったとか。

亡くなったのも、もっとちゃんと生活していれば防げたのでは?というようなことが原因

でした。

よく人は一人では生きられない、といいますが、誰か気にかけてくれたり、叱ってくれたり、

うるさく生活を注意してくれる人がいるといないとでは大違いなのだと思いました。

そういう関係が頑張って治そうとか、生きようとする活力に直結する。

愛情を注いだり注がれたりする相手がいないと、頑張りきれないのかなと思ってみたり。

人も仕事も趣味も全部気力につながるんですよね。

同い年の人の死はいろいろ考えさせられます。

2019/11/12

個人情報とモラル

昨今は個人情報の取り扱いも厳しくなりました。

でも、やっぱりゆるいのがネット社会。

SNSなどでは、悪気がないのはわかるけれど、勝手に他人の画像や映像を

アップしている人もいてよく問題になっています。

先日、ダンスのステップを探して映像検索していたら……

なななな、なんと!自分が踊っている映像が出てきたのです。

それは、去年のパーティーのアマデモのフォーメーションだったのですが、

撮影禁止と最初にアナウンスされていたにも関わらず、です。

やった人は大体わかっていて、悪気がないのもわかっています。

たぶんなにがいけないのかも理解していないのでしょう。

プロの試合の映像などはフツウにyou Tubeに上がっているので、

なんで素人だとダメなの?くらいの感覚というか。

このあたりのモラルの問題は簡単にはいかないようです。

2019/11/11

またまたダンスの話題

E9cab97503e144028905157987b5bca7

このイベントに行ってきました。〆切前日だったことはここだけの話。

ダンス好きとしては、私史上近年まれに見るものすごく充実したイベントでした。

所属団体を超えて、普通だったら統一全日本以外では一緒に試合をすることのない

選手たちのコンペあり、迫力満点のプロショーあり。

それと充実したダンスタイム!

なにしろ踊ってくれるのは、みんな現役のプロオンリー!

スタンダードとラテンで部屋を分けたり、トッププロだけの部屋があったり!

プロって、アルバイトの学生さんとは違って、ホールドした瞬間にこっちの

実力を察して、グワッと飛ばして(混雑したフロアもフロアクラフトでスイスイ)

くれたり、ステップ知らなくてついていけなくなっても、サッとリカバリーしてくれたり。

まー、気持ちいいったらないです!

もちろんダンスチケットは課金制ですが、数えてみたら46曲踊ってました。

そして、10数年前に習っていた先生たちとも懐かしの再会でおしゃべりする時間

もあったし、ホントに充実。

帰ってきたらバタンでしたが、ノーミソも活性化したのでしょう。

無事〆切に間に合わせた原稿は「おもしろい!」と絶賛していただきました。

働ざる者踊るべからず。(なんか違う)

2019/11/06

親心

今から20年以上前(もうそんななのかと、我ながら愕然)、脚本家になりたいと

勉強していた頃、親からは「脚本家?そんな夢見てるヒマがあったらとっとと

子供……(後略」と言われていました。

モノ書きなんて怪しげな商売だし、そもそもなれるかどうかもわからないものに

仕事と家庭生活以外の時間を遣うなんて、と思うのもわからないではないですが。

で。月日が流れて、デビューが決まり、ぽつりぽつりとオンエア作品が世に出る

ようになると、あんなに反対していたのに、父親がテレビ雑誌を買って私のドラマの

記事をコピーして親戚に配っていたのです。いや、びっくり。

その後も、ドラマや映画の中身よりも、名前がクレジットされることの方が嬉しかった

らしく、「名前出てたな」と。(中を見ろ!)

このスタッフロールに流れるクレジット、デビュー前はひとつの夢でしたが、

実際に出るようになると、まあ慣れます。(今もレギュラー番組では毎週流れてますし)

同業の友人たちの名前を発見しても、「あ、元気でやってるんだ」「あ、これってあの人っぽい」

などと思うものです。

ところが、これが、教え子となると違う。

デビューを果たした受講生や、脚本を勉強しに来ているテレビスタッフがそのOA作品

を知らせてくれて見たり聴いたり(ラジオ)すると、ジーンとしちゃうんですね。

あー、頑張ってるね~と。まさに親心。もしや父の気持ちはこれだったのか?

と、今になって思います。

 

翻って。ダンス競技会を応援していて、一次予選、二次予選……最終予選、準決勝と

進んでいく中に先生たちの名前を発見する時のドキドキも全く同じ。

あ~残ってた~~~、とか、あ~あ、落ちちゃったかーとか。

これが親心ってもんなんでしょうかね。

 

 

2019/11/04

バルカーカップ観戦記

Img_4368

バルカーカップ統一全日本ダンス選手権を観戦してきました。

ダンスの観戦自体が十年ぶりです。

頑張って早起きして1次予選から会場へ。

選手たちが目に飛び込んできた瞬間から、忘れていたその熱気に棒立ちになり

なかなか席に座れませんでした。

昨今はyou Tubeで世界トップクラスの試合も見られるようになりましたが、

あの熱量はやっぱり生で見ないとわかりませんね。

今まで節操なくあちこちで習ってきた(汗)先生たちの大半が出場していたので、

声援送り過ぎて喉が痛くなりました笑

今回はご招待いただいた関係で、右隣が紫吹淳さん、左隣が元統一全日本ラテンチャンピオンの

織田組という豪華な席でした(織田先生にワルツとタンゴを踊っていただきました!)

いつも思うのですが、何かでトップを極めた方というのは、人間的にもとても魅力的です。

織田先生を質問責めにして、決勝発表のシステムやら、優勝カップがたまったらどうするのか?とか

賞金の袋には何が入っているのか?などなどついつい取材モードに(おい)。

そして、実は、今回の観戦で最も心に残ったのは、織田組と紫吹さんのお話でした。

お食事の間のさりげない会話でしたが、そこには深い深いものがありました。

チャンピオンというのは、日本を代表して戦う立場。このプレッシャーは本当に苦しいものです。

二番という追う立場はどれほど楽か。

トップスターもまた同じ。全公演の責任を背負って舞台に立つ重圧はものすごいものがある、と。

その稽古時間を聞いてクラクラしました。

誰もが勝つために戦って、でも同時に、頂点を極めた人だけに見える景色がある。

栄光と孤高。激しくその場所を追い求め、経験した人にしかわからない。

決勝発表の時、笑顔でフロアに降りていく選手たちより、もう踊ることができず、

悔しさを必死で押し殺して拍手していた選手たちの表情が私には胸に迫るものがありました。

特にドレスチェンジをしてきた組は、それだけ賭けるものがあったのだろうと思うし。

頂点を極めるという体験などしたことのない凡人ですが、元チャンピオンが穏やかな顔で

語ってくれるからこそ、その厳しさがかいま見えた気がして、ああ、私も頑張ろうと

心から思えました。

観戦できて心からよかったと思えた1日でした。

 

最後に。私なんぞがベストドレッサー賞をいただいてしまい、フロアに引き出された時は

何の罰ゲームかと思いました。(あれなら踊れといわれた方がマシ!)

決まりましたと告げられて、あまりの緊張にフルコースディナーのお肉を半分も残して

しまったのは初めてのことです。

デモの時にはあがったことなんてないのに~。

私でごめんなさいってカンジでした。終わってから会う知り合いの先生に、

よっ!ベストドレッサー!とかおめでとー!とか生温かく祝福してもらい

穴がなかったら掘ってでも入りたい気分でした。

 

2019/11/02

強運?

Img_4351

この画像、沖縄旅行中の母から送られてきたものです。

首里城キレイだった~と。

その翌朝には焼失!? え……

ノートルダム大聖堂の時もそうでしたが、歴史的建造物が一瞬で

消えてしまうのは本当に悲しいことです。

ちなみにうちの母、熊本城すごーいなんて言ってた数日後に

地震で崩壊……

こうなると、強運なのか疫病神なのかわかりません。

              ★

シナリオ講座半年コースが昨日修了。

これっきりの人もいるし、継続する人もいる。

教える立場になってわかったんですが、先生代える?全然オッケーだな、と。

私、すごーくたくさんのダンスの先生に習ってきました。

別にケンカ別れじゃなくて、物理的に遠くなったり、教室の雰囲気がちょっと違うなとか

若くて伸び盛りの先生がいいなとか、そんな理由で。

そのたびに内心では、いたたまれないというか、よそで会っちゃったら気まずいなーなんて

思ってたんですが、自分がその立場になると、全然気にならない。

むしろどんな形で、誰に教わるにしても、続けてくれたらいいな、と思う。

数年ぶりにパーティーなどで昔の先生に会うと、「わあ、まだダンス続けてくれてたんですね」

と言ってくれる、それと同じかもしれません。

人生はたくさんの人との出会いと別れ。

お互いに幸あれ、というところですね。

2019/10/31

視力回復

年に一度の健康診断。
え、ウソでしょ、まさかな結果が。
いや、別にガンとかじゃなく。(というか、まだ結果はこれからです)

 

視力が回復してた……
もともとド近眼で、0.05だったのをレーシック手術を受けて、1.5に回復。
ただし、このメガネをかけなくてもなんでも見える~♪状態は束の間で
パソコンとにらめっこの毎日のうちにどんどん悪くなり……
そこに老眼も加わり、去年はたしか0.6くらいまで。
普段の生活は裸眼で平気だけど、遠くを見る時(映画や会議で資料映像を見るとか)
には近眼用、細かい字を見る時にはリーディンググラスと使い分ける昨今です。

 

それが!

 

右は相変わらず0.6だったのですが、なんと左眼が1.0になっていたのです!

 

最近やったことといえばコレ

 

 

1日数分眺めるだけ。
それもまだ1週間もやってないくらいです。
でも、終わった後は確かに視界がクリアになるなあとは思っていました。
いや、びっくり。
真剣にもうちょっと続けてみます。

2019/10/29

ドレスコード

先日の即位礼正殿儀で、某ファーストレディーの服装が浮いていて話題になっていました。

デイドレスとしてはドレスコードには合っているけど、周囲がロングドレスや華麗な

民族衣装だったため、膝丈ドレスはさすがにね、となってしまったようで。

ドレスコード。難しいですよね。

ま、私のような庶民は「平服で」というくらいのパーティーしか招かれませんが。

ちなみにダンスの世界では、「平服」というのはストーンやスパンコールがついてないドレスです。

フルドレスは、文字通りキラッキラッのものですね。

で、今週末は統一全日本という競技ダンスでもっとも大きな試合があります。

Img_4335

@グランドプリンスホテル新高輪 飛天の間

↑ちょっと見づらいですが、ドレスコードあります。

しかも、今回はスポンサー企業様からのご招待。

ディナードレスってどの程度のものを着ればいいんだろーの世界です。

いっそダンスドレスの方がハデさでは楽ですが、今回は完全に一観客なので。

仕方ないので、昨年の映像を目を凝らして見ました。

選手じゃなくて、背景の観客を!

ほーなるほどなるほど。お着物の方もいらっしゃる。

イブニングドレスの人もいる。

一応ロングドレス(高価なものではありません)にします。

統一の観戦は十数年ぶり。

楽しみです。

 

2019/10/28

ご冥福を……

八千草薫さんが亡くなりました。

本当にすばらしい女優さんだったと思います。

「僕とシッポと神楽坂」にゲストで出ていただけるかも、でも

体調がよろしくないので、セリフは少なめに……なんて台本調整も

あったのですが、叶いませんでした。

「やすらぎの郷」はご本人もこうなんじゃ?と思うくらいの役でした。

若い時の可憐な時のまま、最後まで素敵な女性でしたよね。

ご冥福をお祈りします。

2019/10/27

引きこもりとスポーツ

土曜、日曜と家から一歩も出ず。

原稿があったからというのはありますが(その割に進まない)、いくらでも

だらだらしていられる性格なので。

でも、今日は家にいながらにして気持ちだけは頑張っている人たちを気にしてました。

イマドキはネットで速報が入る。

私が真剣に見入るスポーツは競技ダンスとフィギュアスケートだけなんですが、

今日はダンスが2つの団体で大きな試合があって、刻々と入ってくる速報チェック

が忙しかった。

あー、あの先生、いなくなっちゃった~とか、ついこないだまで習ってた先生が優勝だ!とか。

夜はフィギュアスケート。男女フリーだったし。

結果は知らずに見たかったけど、生放送じゃないので、ネットで知ってしまっていたので

緊張感がなくてちょっと残念。

情報を完全遮断なんて完全にネットを切らないと無理ですね。

力いっぱい戦っている人たちに心を寄せつつ、自分は完全運動不足!あーあ。

                   ★

是枝監督の新作映画の密着ドキュメントを見ていたら、台本に「泣く」とあって、それを見た

フランス人女優が「泣けるかどうかわかりません。いざとなったら目薬使った方がいいですか?」

と聞いている場面がありました。

監督はそうしてくれ、と答えていました。

そっかー。どうしても泣いてほしいシーンはやっぱりそうするんだ……と。

確かに私もト書きに「涙を流す」とか「泣く」とか書きますが、この流れなら絶対泣くよね

というシーンでしか書かない。

いや、そう書いておいても、これじゃ泣けないよ、と言われたらあきらめちゃう。

微妙なシーンなら、そもそも書かない。書かなかったけど泣いてくれたことはありますが。

これは、自分で脚本を書いて演出する人は違うんでしょうかね。

結局そのシーンはテイク3でその新人女優にカトリーヌ・ドヌープが何かをアドバイスしたら

なんとも自然な涙が流れてオッケーになっていました。大女優すごい!

それにしても、言語の違う俳優たちを使って映画を撮るってすごいことです。

今から観るのが楽しみ。

2019/10/26

金スマ見ちゃった

仕事しようと思ってたのに、ついつい見始めたら止まらず!

金スマ社交ダンス企画だったので、一気に見ちゃいました。

村主章枝さんの身体能力はすごいですね。

8カ月であそこまで踊れるようになるとは。

しかし、絶対に村主さんはラテンよりスタンダードの方が向いてる!

ラテンで勝負していくなら、ドレスもメイクもヘアももっともっと強く

見せるやり方があるのに~と見ててもどかしい。

あのドレス、フィギュアの衣装みたい。

上品だけど、パッションが見えないんだよなあ。

ロペスはさすがで、優勝したペアのリーダーよりうまい。

でも、やっぱりペアダンスというのは、二人でつくり上げるものだから、

あの結果には納得です。

スタンダード踊ってほしいなあ。

2019/10/24

どこで本を買う?

映画「そして、生きる」はじわりじわりと上映館が増えているそうで、

劇場でノベライズの販売もしていただけているそうです。ありがたや。

地方在住のお年寄りから編集部に本が入手できないが、どこで売ってるのか?

とお便りが来たそうです。

また、山田君ファンの若い子が本屋を三軒も回ったけどなかった、という

ツイートも目にしました。

欲しい本はサクッとネットで注文する人ばっかりじゃないんだよなあと実感。

本が売れない時代だから、町中からどんどん本屋さんが姿を消していってるし、

そもそも本に限らずネットで買い物をしない人も多いわけで。

コンビニあたりがお買い物代行とかしてくれたら結構需要ありそうですけどね。

                 ★

WOWOWで新・アメリカン・アイドル2が始まって、ハマってます。

地方オーディションが終わり、いよいよトップ20が決まったのが今週。

今ググッったら、すでに放送が終わってるアメリカでの結果を見てしまった~~~。

めちゃめちゃ気になってるコンテスタント(挑戦者)は決勝まで残ってた!

私、音楽のことは全然わからないんですが、なんか聞いてるだけで涙が出てくるよう

な人がたまにいるんですよね。

つらい家庭の事情を抱えてる人もいるし。そういう挑戦者にシンパシーを感じる

審査員がまたステキで。

この番組ですっかりケイティ・ペリーのファンになりました。

結果知っちゃったけど、先が楽しみ!

リアリティーショーってなんておもしろいんだろう。おススメです。

2019/10/23

近場で遠足

突発的な祝日となった22日。

新天皇のもと平和な令和でありますようにと祈りつつ、原稿は出したし、

おでかけすることに。

代官山でポークステーキのランチをいただき、恵比寿山種美術館へ。

Img_4297

「大観・春草・玉堂・龍子~日本画のパイニオア~」展。

昨日みたいに冷たい雨の降る日には、妙に似合う日本画。

それぞれ若い時からの作品順にほぼ並べられていて、年齢を重ねると

やや細密の度合いはそがれるものの、いい具合に枯れてきて味が出て……

この後は墨一色かと思うと、突然84歳の時の作品が鮮やかな色使いだったり。

いずれにしても生涯筆を取り続けた執念みたいなものを感じました。

Img_4300

Img_4301

続いてはこちら雑司ヶ谷へ移動し、墓地の中を通って行った

旧宣教師館。

なぜだか墓地の中を歩くのは、明るい時ならだけれど、落ち着きます。

キレイに掃除されて花が供えられているところもあれば、草ボーボーで半分

自然に還っちゃっているようなところもあり。

通り道に夏目漱石のお墓があって手を合わせてきました。

文才……あやかりたい下心。

戦争も生き延びた木造の洋館は実にステキでした。

さらに回り道して、鬼子母神もお参りして池袋へ。

混み合う駅前までほんの10分弱歩いただけであんなに静かなお寺の街が

あるなんてびっくり。東京も知らないところがまだまだある。

鬼子母神って人間の子供を食べちゃった女の神様じゃなかったっけ?と

久しぶりにググりました。

鬼子母神といえばザクロ。でも、本家本元ではザクロではなく似た別な果物だったとか。

昼過ぎから雨も止んで、ちょっとした大人の遠足2万歩の旅でした。

 

2019/10/22

返品文化

アメリカで買い物をしてなにが驚いたって、「使ってもタグがあれば返品できること」です。

だから、セールのラックなんかを見ていると、掘り出し物だと思うと、

汚れがついてたりするわけで。

すごい人だと、ウエディングドレスを買ってタグを隠してそのまま使って、

終わったら返品しちゃうんだそうで。

家電製品なんかでも、レシートがあれば、1年くらいさんざん使っても受け付けてくれる。

そういったロスが何百億円にも及んで問題になっているというのは最近報道されてました。

訴訟大国ならではのシステムなのかも。

で、最近Amazonでいつの間にか「試着」システムができていることに気づいたのです。

Amazonワードローブってやつですね。

最近外で仕事をするためにパソコンを持ち歩くのですが、いくら最軽量を謳っている

ものでも、wifiルーターやスマホのバッテリーなんかも一緒に持つととんでもない重量に。

肩こりもひどいし、カジュアル過ぎず駅までの往復だけでもリュックにして、

電車や仕事先ではトートバッグに見えるものはないか?と探しました。

あった。「世界ふしぎ発見。」のレポーター・竹内海南江さんプロデュースの

カナナプロジェクトというシリーズ。

でも、大きさは?色は?迷う~~。

そしたら、Amazonワードローブで取り扱っているじゃあありませんか!

無料で試着(バッグの場合は見るだけ)できるだと!?

気に入ればそのまま手元に残し、気に入らなければそのまま返品すれば0円。

すごい。

早速取り寄せしげしげと眺める。

結果。欲しい大きさではなく返品。でも、色は確認できた。

結局、欲しい形は楽天で買っちゃったんですけどね。

通販は実物を見られないのが欠点だけど、家で試着ができるって

考えたもんだなーと思いました。

しかし、その経費とか送料は結局上乗せされるんでしょうけどね。

いずれにしても便利なシステムです。

アメリカの会社の考えることだなーと感心。

 

 

2019/10/20

時間をつぶすには

Img_4290

ネットカフェ@恵比寿

この日は、青山で打合せ→恵比寿でフェイシャル→六本木で講義

というスケジュールでした。

青山と恵比寿の間の空き時間が3時間!

しかも、打合せの翌朝が〆切。

もちろんパソコンは持ち歩いています。

ランチは普通に行き当たりばったりのイタリアンで済ませたけど、

そこで長居はできそうもない。

ルノアールも考えたけど、一応調べておいた駅近くのネカフェへ。

これ、正解でした。

個室だし、フリードリンク、ソフトクリーム食べ放題(←おい)だし。

料金は1250円。

仕事もはかどったし、静かだし、女性客も多いしで、やっぱり2時間以上の

空き時間には最適ですね。ネットカフェ。

シャワーもあったので、ひょっとしたら住んでるような人もいるのかな?と

思ったけど、見かけたのは、いかにも仕事の途中って人ばかりでした。

ま、そもそも個室が基本なので、飲み物を取りに行った時くらいしか

顔を見ないというのはあるんですけどね。

 

 

2019/10/19

角度が変わる

台風19号から1週間。

本当にすごい雨風でした。マンション揺れてました。

津波で大変な思いをした上に今回洪水で……なんて方もいるんじゃないでしょうか。

1日も早い復興をと願わずにはいられません。

それにしても、日本は災害国家になっちゃいましたね。

海外の報道ではそのあたりのこと、結構真剣に議論されてるらしいです。

のんびりしてる場合じゃないです。

 

しばらく更新をサボっておりました。

ブログ書く暇もないほど忙しいということではなく、原稿が進まないのに

ブログ書いてるわけにはいかない、という誰に対してというわけでもない妙な

律儀さからです。いや、律儀って違いますね。ホントに律儀ならとっとと書け!なので。

 

金曜はゼミで講義をし(=教える)、土曜は小説の講座を受けてきました。(=学ぶ)

隣接業界ともいえるシナリオと小説。

片や先生、片や生徒。

今までは教わる一方だったんですが、脚本家養成講座で講師をするようになって、

学んできたことがかなり教える方にも役立つ!ということを痛感しています。

「書けないんです……」という生徒の気持ちも痛いほどわかるし!

だから、教えるのも学ぶのも表裏一体。

そして、学ぶ一方だったことも、ちょっと角度を変えて考えられるようになりました。

角度といえば……これはちょっと前にも書きましたが、

ダンスもそうです。

今まではひたすら楽しみとストレス発散。

ダンスがなかったらウツ病になってたに違いない時期もあり、まさに現実逃避。

最近じゃ、本気でボケ防止! 今までと違った意味で切実です。

長年やってきたことも、見えてくる風景が変わってくることがあるんだなあと

思う今日この頃です。

 

2019/10/11

こもる

「セミオトコ」お買い上げいただいた皆様、ありがとうございます。

書店で売り切れで三軒も回られた方もいらっしゃるとか。

すみません。

Amazonには出版社から送本したそうなので、間もなく買えるようになるそうです。

                ★

台風が近づいてますね。

明日(土曜)の予定は1つはキャンセル、1つは延期のお知らせが。

今日(金曜)に前倒しで入れておいたレッスンもキャンセルしました。

かわりに近所の量販店へ買い出しに。人間と猫の食料確保。

棚は品薄状態でした。

みんな引きこもりの準備に入っているみたいです。

明日結婚式を予定していた人も多いみたいで、泣く泣く延期とか、キャンセルしようにも

80%はとられるから強行するとか、悲惨な話があふれてますね。

延期したばかりにいろんなことがちょっとずつずれて、幸せを逃しちゃう場合もあるんだろうな。

もちろんその逆もあるでしょうが。

天災だからどうにもならないけど、ここまで災害が増えたのは、絶対に温暖化の影響も

あるわけで。すべては回り回って因果応報なのかな?なんて考える嵐ごもりの1日目です。

一歩も外へ出ないで、どのくらい仕事がはかどるか自分との闘いです。(大げさな)

2019/10/09

ノベライズ「セミオトコ」本日発売!

「セミオトコ」本日から発売です。

Egzrottu4aapq9g

書店の棚に並んでいるのを見るのは、感慨深いものがあります。

お隣は「おっさんずラブ」だし!

ついでにお買い求めいただければ!

あ、よく見たら、この棚には私が書いた他2作品もありました!

「そして、生きる」と「ひよっこ」(上下巻)です。

こちらもよろしかったら、お手にとっていただけると喜びます。

 

ネットの賑わいを見ていると、主演の方の人気の高さを実感します。

岡田脚本作品をノベライズさせていただくのは、これで5作目。

本当に勉強になります。

いつも脚本講座で受講生に「キャラクターの作り込みが大事だからね!」と

言うのですが、本当にどの登場人物も魅力的なのです。

だから、シナリオに描かれていない心情にも深く入っていくことができる。

小説の中で描く心情部分は私がオリジナルで書いているのですが、

どのキャラも痛いほど気持ちがわかる。

つくっているというより、人物に書かされている感じなんですよね。

              ★

Img_4274

事務所のカーテンと表紙カバーがなぜか激似していた件。

関係ないけど、隣の薬師丸ひろ子さんが神々しいです。

 

2019/10/07

できました

Img_4266

「セミオトコ」ノベライズ本、手元に届きました。

表紙がめちゃめちゃかわいいです。

ねじこ役だった阿川佐和子さんの本の表紙も担当された宮原葉月さんの装画です。

帯をはずしたところにセミが描かれています。

お手にとってお確かめいただけると嬉しいです。

この夏、2冊連続の大量執筆で、副作用としてはひどい肩こりと肥満(涙)に

見舞われ、まだ左肩が痛くて、ダンスでいうと、ニューヨークというステップが

つらいです。(ダンスする人しかわからないですね汗)

効用としては、プロット書きがラクになりました(笑)

             ★

ダンスといえば。始めた頃と踊る目的が変わりました。

始めた頃は、プライベートがつら過ぎて、ストレス解消が主な目的。

ダンスしてなかったら、間違いなくうつになっていた自信があります。

で、何年かの休みを経て、今ははっきり言えます。

ボケ防止!

音楽に親しむことが認知症の老化につながることが証明されています。

7センチヒールで音楽に合わせ、複雑なステップを覚えて踊る。

しかも、日常生活では触ることすら許されないくらいの若いイケメンと密着だっ!

心身ともに悪かろうはずがありません。

(ま、お財布には悪いですけどね。ゴルフがかわいく思えるくらい)

レッスンの後は、なんかいろんな元気ホルモンが出まくってる実感があります!

「今」が一番若いということで、病気防止・ボケ防止には間違いなくおススメです。

2019/10/04

10月になってしまった

10月になってしまいました。

今年もあと3カ月!?

相変わらず暑いけど、風が少し変わってきて、季節が移り変わりつつあるんだなあと

実感します。増税もあったしね。

街中でお金を使うたびにキャッシュレス状況をチェックしています。

結果。使えないじゃん!楽天pay!

楽天EdyはOKだけどpayはダメとか。(その違いがイマイチわからない)

基本、食費と交通費というその場で消えるものに、1カ月以上先の支払いになる

クレカは使いたくないのですが、私の持ってるデビットカードはJCB。

visaはいいけどJCBはダメというところもありました。

paypayは普及してますが、ソフトバンクかYAHOO!カードと連動じゃないと

意味ないとわかり断念。

ちょっとしたキャッシュレス観察でした。

                                                           ★

今日は脚本家養成講座のゼミ。すごくいいシナリオを書いてきた子がいて、こういうのを読むと

ホント嬉しくなります。講師冥利。

 

マンガ原作を手掛けることになりました。

同じシナリオでも、未知の領域という感じで、まだ勝手がつかめませんが。

映像ではちょっとやりにくいテーマなので、冒険ができそうで楽しみです。

 

 

2019/09/29

なんとかPay

間もなく消費税増税。

キャッシュレス決済だと還元があるとか。

私が使っているキャッシュレスはスマホに入れたSuicaのみ。

LINEpayも登録はしたけど、最近は全く使っていません。

Suicaはアプリを出さなくても、スマホをかざすだけでいいからラクなんですよね。

必要な時だけ連動させた銀行からチャージしてました。

いわゆるプリペイドです。

で、これもクレジット付びゅうカードと連動させると、口座に還元してくれるとか。

それでJREなるポイントアプリを入れて連動。

次にお得でラクチンという楽天payをダウンロード。

……と、言うのは簡単なのですが、ここまで調べ、アプリを入れ、登録するまで

大騒ぎ!もう面倒くさいったらない!

こんなの、お年寄りには無理ですよ!

それに、キャッシュレスが万能じゃないっていうのも、停電騒ぎを見れば明らか。

現金を持ち歩くことがなくなるわけじゃありません。

こういうのも、スマホが浸透したみたいに、気づけば手軽にラクラク~なんて日が

来るんでしょうかね。ふう。

                    ★

Img_4226

脚本家養成コース本科修了の生徒たちからいただいた花束。感謝。

デビューの暁にはご馳走するからね。

若者の話は実に面白いです。こちらも勉強になりました。

そして、最近じゃ、you Tuber養成講座までやっていると知って

さらにびっくりです。

ああ、時代は変わる。。。

 

2019/09/26

乱歩の館

これはすでに大分前の日記ということになってしまうのですが……

大好きな江戸川乱歩。

それこそ小学生の頃、怪人二十面相や明智探偵に胸踊らせ、

もう少し成長してからは、「人間椅子」や「パノラマ島奇談」などに

ドキドキしたものです。

その大江戸川乱歩の居住地からほど近いところに引っ越してきて早や4年。

やっと行けました!

Img_4119

豊島区主催の「暗がりから池袋を覗く~ミステリ作家が見た風景~」

というイベント。

乱歩邸と郷土資料館の企画展を案内つきで回るというもの。

ああ、ここがかの有名な……と嬉しくなりました。

Img_4107

見学者が60人くらい詰めかけたので、他の人が映り込まないように撮れた写真

が少ないためこれだけアップします。

↑はリビング。特注のソファもさわってきました。

たくさんの作品が書かれたであろう机にもスリスリ。

ちょっとでもあやかりたいと。

企画展では、乱歩の他、大下宇陀児、飛鳥高、泡坂妻夫、

さらにこれまた私の好きな京極夏彦様(←ここだけ様つき)も

展示物が出ていて、楽しかったです。

常設展示の方では、終戦直後の池袋駅界隈のジオラマがあって、

ようやく復興しつつある闇市の中に「ダンス教室」という看板があって

びっくり!

人はどんな時も音楽や踊りの中に希望を見出すものなのでしょうか。

今後とも地元イベントには注目していきたいものです。

 

2019/09/22

集中する方法

私は基本がとてつもない怠け者なので、「やらなきゃどうしようもない!」という状況に
追い込まれないと、本当に働かないのです。
もっとコツコツやれる性格だったら……と何度思ったかしれません。

今回みたいに超絶時間がない中で2冊本を出す!という任務が課せられると、
こんな私でも必死にやります。
睡眠障害になって、体が凝りすぎて痛くてたまらず、ロキソニンを常用しないと
腕が上がらない……という状態になっても、とりあえず書きます。
でも、たぶんそういう苦しさを味わってしまうと、次にまたそうなるのが怖くて、
だったらやればいいのに、逃げ回っているうちにまた同じことに……なるのかも!?

そんな私がなんとか鼓舞してやれたのは、ポモドーロ法のおかげ。
自分の集中力のなさに呆れて、集中力セミナーに行った時に教えてもらいました。

人の集中力は25分が限界。5分休憩してまたリセット。これを3回やったら25分休憩。
この繰り返しです。       
ポモドーロのアプリも山ほどあります。スマホに入れておけば、勝手にカウントしてくれるので
便利です。

集中するためには、無駄な決断をしないことも1つというのも教わりました。
だから、次の日に着る洋服なんかは前の晩に決めておく、とか小さなことも有効なのです。
(スティーブ・ジョブスなど超多忙な人たちがいつも同じ格好なのは、選択のために時間
を節約するため)
そして、集中力は朝が一番満タンだから、間違ってもネット徘徊なんぞしてはいけない。
……わかってるけど、ついネットの海で泳いでしまうのですが。

今は待っててもらってはいるけど、厳密な〆切がないだけに、だらだらしてます。
今日あたりはまたポモドーロのアプリを動かしています。
おっと。休憩時間のようですっ。

                 ★

「セミオトコ」ノベライズ、発表直後に発売は1カ月も先なのに、Amazonランキングで20位まで
いってびっくりしました。(今は3ケタまで落ちてますが)
予約してくださった方、一昨日無事校了しました。
お手元に届くまで今しばらくお待ちくださいませ

2019/09/17

シンデレラな1日

まずはお仕事のことなど。

「セミオトコ」のノベライズ発売が発表になりました。

Amazonではすでに予約できるようです。

                    ★

 

ノベライズならば1カ月に2冊はイケるんだと無理が通ることを知ったこの夏。

ただし,肩こりでガチガチになり、腕は上がらなくなり、レッスンに行く時間など

どこにもなくなり、体重はあれよあれよと増えていくという副作用つきですが。

そんなわけで、全く練習を積むことができず、直前1週間でバタバタと仕上げ、

発表会が昨日終わりました。

Img_4130

ドレスはコレ。なんかキリギリス色ですな。種目はwaltz。

その他チャレンジという平服・ベーシックステップのみで行うカテゴリーで

クイックステップ。(ドレスは黒赤)

トライアルという数組一緒に踊る形式でスタンダード5種目。(こっちはブルー豹柄)

楽しく踊らせていただきました。

結局試験前夜に一夜漬けという学生の頃の習慣はいいオトナになっても変わらない、という

ことで。

ドレス着て、ヘアメイクしていれば、とりあえずみんなが「キレイ~」と言ってくれます。

そして、帰ってきたら、バタバタとキラキラを落とし、普通のオバサンに戻るのです。

嗚呼、まさにシンデレラ。(大分トウはたってますが)

2冊の本を書いてる間、ずっと待っていただいていた仕事に戻ります。戻らねば。

頭が戻らない……

今週は脚本家養成クラスのゼミも2つもあるので、講評と授業の準備もしなくちゃ。

でも、これから会議。

ああ、どうしよう。

キラキラしたキリギリスな1日を過ごしたのだから、働きましょう。

働かねば猫缶が買えない……。

 

 

2019/09/15

リアル10DANCE舞踏会 vol3

決してBL沼にハマったわけではございません。
でも、「10DANCE」という作品は素晴らしいです。

 

そんな作品世界を体現するイベントに行ってきました@講談社講堂
S公演。初回の抽選にははずれたものの、二度目の募集に滑り込み!
Img_4135

 

作品から入った人とダンスから入った人、どっちが多いのだろうか?
いずれにしても98%くらい女性客でした。
ダンスビュウ誌のYさんのお話によれば、イベントをきっかけにダンスを始めた方も
多いとか。
ダンス人口が増えるのはよいことです。

 

そして、内容のクォリティーの高さ、観客の熱!
すごかったです。
なによりプロたちが皆楽しんでいるのがわかる。
途中ルンバの時に音響が止まったのは、てっきり5巻の設定を体現した演出
かと思いました。

 

男性同士のスタンダード、リードとフォローの入れ代わりの見事さが
素晴らしかった!
「コパカバーナ」で踊るサンバのセクシーさ!

 

帰宅して夜中まで1巻から読み返してしまいました。

 

                  ★

 

どうでもいい追伸。
最近いろいろなダンスイベントに参加しているので、お久しぶりの人に再会
するのですが、皆さん一度で私とわかってくれないのです。
ダンスメイクで初対面だった人は、普通メイクの私を見て、「ハッ。あー前回は艶やかで」
(つまり素に近いと地味だと)
逆に普通のメイクの時に初対面だった人にダンスメイクでご挨拶すると、「どちらさま?」と。
違いは髪上げとつけまつげ。この2つの化け具合はなかなかのものがあるようです。

 

数日前にゲラチェックも終え、脱稿し、慌ててレッスンに走っていました。
明日は発表会です。

2019/09/09

台風一過

台風一過。まだピーカンとはいかない月曜午前です。

朝シャンしようと思ったら、お湯が出ない!でも、ガスコンロは使える。なんで~!?

長いこと待たされて東京ガスにつながったら、給湯器に雨が入り込んだせいらしく。

そういう問い合わせが殺到しているとか。

とりあえず明日の午前中に修理以来をしつつ、乾燥するのを待つことに。

いや、こんなの初めてです。びっくり。

シャンプーは私はクリームシャンプーを愛用しているので、ガスコンロでお湯を沸かして

洗面台でなんとかやりました。泡立てる必要ガないので、こういう時便利です。

(いきなりトリートメントみたいな感覚です。おススメですよ。クリームシャンプー)

                    ★

さて。紙の新聞をやめてみて。

これ、大正解!かえってちゃんと読むようになりました。

というのも、新聞紙として存在すると、そこに手を伸ばせばいつでも読めると思うから

どんどんたまっていく。

でも、パソコン上ならば、ざっと見渡せる上に、ウィンドーを開いておいて、仕事の合間に

ササッと読めばいい。紙面モードとウェブモードを選択できるので、ウェブモードで読めば

過去の関連記事も同時に出てきます。いや、便利。

資源ゴミも極端に減るし、いいじゃん、これ!

そんな感じです。同時にとっていたアエラは引き続き紙で講読し続けています。

 

             

2019/09/06

電話を使わなくなった

11日発売。私の手元に現物が届きました。

Img_4101

今回の出版社であるTWO VIRGINSさんは、編集者さんとの相性もよく

また表紙デザインまで意見を聞いてくれたりして、とても気持ちよくお仕事できました。

今回2冊本をつくるにあたって、担当編集さんと会ったのは初回の顔合わせのみ。

あとは全部メールのやりとりです。

文字だけですが、仲間というか、並走者というか、そういう意識はしっかり。

それは今まで仕事をした、書籍・映像関係変わりなく皆に共通し言えます。

電話が嫌いなので、メールやSNSで進められるようになったのはホントありがたいです。

もちろんface to faceのよさは大事さはわかるし、急ぎの時や細かいニュアンスは

直接話さないと、ということも多いですが、連絡事項や原稿のやりとり、直しなどが

文字情報で置き換えられるようになったのはいいと思います。

あとから読み返せるし。

 

そんなネット社会ですが、すごーーく年配のプロデューサーで、もうリタイアされた

のですが、いまだによく連絡をくれて、資料を送ってくれるHさんという方がます。

この方は、結局いまだにメールができない。(覚える気ゼロ)

なので、資料のやりとりは郵送!急ぎではないお礼状なんかも全部手書きで出してます。

テレビ雑誌や新聞に私や私の同じ事務所の作家が載ってたよというだけで切り抜いて

コピーを3枚とか送ってくださるのです。(恐らく関係者に配ってあげなさいという親心)

たぶんネットでも同じ記事があるという発想はないのでしょう。

その手間隙と郵送料を考えただけでも申し訳ない!

で、この方が、世間話(といってもドラマや企画の思いつき)で電話をくれちゃうんですよねえ。

いや、いいんですけど……

こちらも会議中だったり、執筆中でノッてたりすることもあるわけで。

でも、出ないといつまたかかってくるかと思うし、目上の方だと思うと、無視もできない。

10分ぐらいはおしゃべりに付き合います。

人の体温を感じられる交流という意味では、対面に勝るものはないし、電話でのニュアンスも

また大事。

だけど、知ってる人からしか電話がかかってこない現代の若者が会社で電話を取れない、

という気持ちもちょっとわかります。

この先、連絡手段はどう変わっていくんでしょうね。

 

 

 

 

2019/09/03

新聞やめてみた

ノベライズ「そして、生きる」のプレスリリース出ました→★

新聞はずっと朝刊・夕刊の紙版+デジタル版を契約してきたのですが、

これだけ忙しいと、新聞に目を通すヒマがなく、目の前でどんどん

古新聞と化していきます。

デジタル版はトップページはホントに少ないのと意外と見にくくて

紙面の方が一覧できるから好きだったのですが、デジタル版の紙面構成の方を

見ればいいんじゃんと思って、ついに紙を取るのをやめました!

これは配達されるものと全く同じものを好きな大きさで見られるというもの。

パソコン画面上でざっと見渡せば、完全に同じなんですよねえ。

今までもスクラップ機能は使っていたけど、これも改めて考えてみれば

便利。(昔は切り抜いてとっておいたものが今はクリック1つ!)

資源ゴミが減るのがなによりうれしい!

まあニュースはネット配信も多種多様あるので、昔みたいに配達されてくる

新聞が全てって時代でもないですしね。

フェイクニュースもあるし、大手新聞社の情報が全部正しいわけでもないし。

だからこそ自分の判断力が大事なのかなと思います。

 

2019/08/31

エアコンのいらない夜

Img_3983

あんまり暑いと、このように廊下に猫が落ちてたりするのですが、

ちょっとずつ空気が変わってきたような気がします。

今日はついに8月最後の日!

今月はホントによく働きました。えらいぞ、私!(誰も言ってくれないので自分で言ってみる)

おかげですっかり付き合いの悪い人に成り果ててしまいました。とほほ。

9月11日には、ノベライズ「そして、生きる」が発売になります。

大先輩岡田さんの脚本ですが、1話を読んだときにゾクゾクしました。

とても余白・余韻の多い作品なので、小説化に当たって、私なりの膨らませ方を

たくさんさせていただきました。

お手にとっていただけたらうれしいです♪

 

夕べは試しにエアコンを切って寝てみましたが、汗まみれで寝苦しいと

いうこともなく、朝までイケました!すごい!

そのままエアコンなしでと思ったけど、窓を開けたらさすがに湿度が70%

を超えたのでやっぱりまだエアコンなしでは無理ですな。

 

今年の夏も熱中症で亡くなる人がたくさん出ました。(合掌)

ちょっと前まで、なんでつけないんだろ?と思ってたんですが、最近は

そんなお年寄りの気持ちがわかる!

つけずにはいられないけど、つけると痛いんですよね!(通風じゃありません)

腕とか冷えちゃうし。

なので、エアコンつけつつ、長袖の綿Tシャツに足首だけのレッグウォーマーという

おばあちゃんみたいなカッコで仕事してます。

10月にはもう1冊出ます。

2019/08/29

撮影しなくていいんですか?

先日渋谷の渋い和食のお店で食事をしていた時のことです。

4人で2つのグラタンが出てきました。

「お取り分けしますか?」とお店の若い女子店員さんに訊かれたので、

お願いします、と答えました。

ところが、彼女、なかなか立ち去らない。

???

そしたら、「撮影しなくていいんですか?」ときた。

別に変わった料理でもなんでもない、なんの変哲もないグラタンです。

そもそも全然インスタ映えとかしそうない。

というか、その場にいた全員(プロデューサー1名・ディレクター2名と私)

インスタやってない。

そして、全員で言いました。

「なんか、すいません」

横のテーブルでは、カップルが出てくる料理すべてを撮影してました。

ちょっと前まで、お店で撮影するのはつくる方からしたらどうなのか?

と言われていたと思うけど、今じゃ逆に撮らないと悪いのかしらん?

と思えた出来事でした。

2019/08/27

拾ってはいけない

背中が痛いです(涙)

激務、もうしばらく続きます。

そんな中、ちょっとご飯を食べに外に出て、野鳥のヒナが落ちているのを見つけてしまいました。

整体院のガラスのドアに突進していくので、隣にちょうど動物病院があることだし、

つい保護できるかな……と思った私が甘かった。

整体院の中に入ってしまったのを捕まえるところまではうまくいき、

動物病院に「すみません!これ、どうしたらいいですか?」と聞いたら、

近くに親がいますから、そのまま拾ったところに置いてきて!と。

そうだった。なんか聞いたことあったっけ。

帰宅してググる。

野鳥は決して触ってはいけないんだった。

人間が触ると親が手を出せなくなってしまう。

もちろん保護して鳥籠で飼うのは法的にもやってはいけないこと。

っていうか、親鳥と同じように飛び方やら何やらなんて教えられるわけでもない。

拾ってなんとかするなんて人間の傲慢以外の何ものでもないのです。

近くの公園にそっと放したら、もといた方へ必死で戻っていきました。

なんとかお母さんに無事会えたことを祈ります。

余計なことしてごめんなさい……

 

2019/08/22

今日は柔道のお話

当日の朝になってしまいました!

本日の「奇跡体験!アンビリバボー」後半のお話担当しました。

スポーツの世界は、一応国別対抗にはなっていますが、選手や監督は国際色豊かですよね。

どんな種目であれ、メダルと名のつくものを獲得できるのは、1つのクラスでたったの3人!

その下に何千何万の競技人口があると思うとクラクラします。

今回は間もなく日本で開催される世界柔道に先駆け、コロンビアの柔道選手のお話。

いろんなスポーツで師弟の絆ということは聞きますが、本気で選手のために

取り組む監督がいて、それに応える選手がいて、その選手の頑張りにさらに監督が……

こうやってリミットを超えていくんだなあと感じました。

そして、いわゆる貧しい国の人たちがスポーツをやる意味は、日本や欧米諸国とは

また違った意義がある、ということも。

どうぞご覧ください。

 

                      ★

 

来月、再来月と出版される本のために肩こりマックス、体重マックス(涙)、

絶賛睡眠障害発動中です。

電池切れるまで書いて、パタンと寝て、ハッとして起きる、の繰り返しなので

3時間以上睡眠が続かないのです。

若者と踊るために必死で絞ったカラダも、何週間もダンスに行けないと

元の木阿弥。トホホ。

数日中には、何週間も前から決まっている個人的な用もあり、どうすんだ!?

でも、やるしかない! そんな感じで夏が終わっていきそうです。

2019/08/11

OAのお知らせ ラジオ「かけるクラシック」

当日のお知らせになってしまいました。

本日14時からNHK-FMで「かけるクラシック」が放送されます。

(月曜朝に再放送あります。NHKラジオアプリが便利です)

構成作家の仕事はあまり多くないのですが、実はラジオ番組は初めてでした。

クラシック音楽に何かを掛け合わせちゃおう!というコンセプトで、

今回は「鉄道」です。

MCはモデルの市川紗椰さんとサクソフォン奏者の上野耕平さん。

ラジオでお顔を見せられないのがもったいないくらい美男美女のお二人です。

そして、今回は二人とも鉄オタという共通要素があって、多彩なゲストも

音楽×鉄道という視点で選んでいるので、収録の時のトークは広がる広がる。。

放送時間を大きく超えてました!

OAに当たっては、鉄分少なめに編集しました~とのことですが、それでも

十分ありますよ!

鉄道好きの方も音楽好きの方も楽しんでください!

 

ラジオ番組ですが、普段はEテレの教養番組をつくっているスタッフです。

とにかく知識豊富で頭がよくていつもうならされます。

自分のアホさ加減を自覚されに行くような……

「え?鉄道とクラシック? モーツァルトの時代って鉄道ありましたっけ?」

私なんてこの程度ですもん。

「ドボルザークがギリですね」

って答えが返ってきて、????

もう自分がバカでやんなる。その連続でした。

 

スタッフルームのホワイトボードの片隅にやけに上手なチコちゃんの

落書きを見つけて狂喜していたミーハーな私です。

 

どうぞお楽しみください。

 

 

2019/08/08

今夜のアンビリバボー・タイタニック秘話

今夜の「奇跡体験!アンビリバボー」は、あの映画「タイタニック」にも

登場したシーンの秘話です。

現実にこんな夫婦がいたんだなあ……と驚かされます。

私だったらたぶん同じことはできないと思います。

タイタニックのお話はもうあらゆるところで語られているので

知っている人は知っているかもしれませんが、

この方たちのことは知りませんでした。

あのアメリカのデパートMacy'sの経営者夫妻の物語です。

どうぞお楽しみに!

 

2019/08/04

踊ってる場合じゃない

間に合うのか、これ!?状態のスケジュール、怠惰な私にしては珍しく

コン詰めて書いてます。

ふだんこんなにコツコツやらないので、途端に具合が悪くなるという軟弱さ……(トシ!?)

外は猛暑だそうだけど、引きこもりだからわからんって感じで。

そんな中、何カ月も前から招待されていたパーティー。

Img_3963

安東ダンスに外デモで出演する長年のダンスお友達のお誘い。

これは絶対行きたい!行かないという選択肢はないっっ!

というわけで、久しぶりにシャバに出ました。女装して。

楽しかった。。。

節操なくあちこちのダンス教室に登録しまくってきた私。

無駄に知り合いの先生が多いのですが、今年引退を表明したばかりのラテンチャンピオン

瀬古組の知愛先生にバッタリ。覚えていてくれました(感涙)

懐かしい再会を果たした後、どの先生も言うのは

「またダンス始めてくれたんですね~」ということ。

自分が担当じゃなくてもいいから、ダンスを好きでいてね、という気持ちが感じられて

感動してしまいます。

有名ダンスブロガーのまゆさんにも会えた。

はっきり言って、仕事がら芸能人にはよく会うけど、まゆさんに

会えた方がなんか「わ~。きゃあ~」な感じでした。

先細りのダンス界を憂いて時に辛辣な、でも、声に出すべきことを

ガンガン書いていく姿勢には感服します。

だって今日のアマデモの平均年齢の高いこと……

昔ながらのやり方はいつまでもは通用しなくなっている昨今。

創意工夫ができた人だけが生き残れるのは、どこの業界も同じです。

今夜からまた引きこもりです。

シンデレラの気分。(見た目じゃなくて時間的制約のとこだけ)

 

2019/07/28

サブスク流行り

最近サブスクリプションが広がっています。

映画やドラマ、音楽などの配信、洋服やバッグや車といった普段使用の物、さらには

美容院(シャンプーセット通い放題とか)などのサービス、それにラーメンやコーヒーなどの飲食系

と、実に多彩です。

スポーツクラブの月会費なんかも昔からあるサブスクの一種ですよね。

うちで契約しているブラーバ(拭き掃除ロボット)もうそうか。

私はAmazonプライムを契約しているので、プライムビデオで映画やドラマが一部無料、

プライムブックで無料でダウンロードできる本がある。

でも、980円さらに払って読み放題の中には読みたいものがないし、ただでさえ未読の

本が山なので、これは契約せず。

試しにやってみてよかったのがAmazonMusic。

仕事中はずっと低く音楽をかけていますが、集中とかconcentration、studyなんて

キーワードで検索すると、邪魔にならずかつ集中するためにいいとされる周波数の音楽を

ひたすら流してくれます。(ま、気のせいもたぶんにあるけど)

CD買わなくていいわけで、いやあ~便利。

Netflix、fulu、dTVも契約したけど、一回も観ないうちに月会費だけが引き落とし……

なんてことになるので整理しました。

あとは……そうそう、今はコミックもネットで読む時代。紙の本はすたれても、

新しい読まれ方があるとかでめちゃコミは隙間時間にのぞいてます。

サブスクって、知らないうちに月会費が引き落とされるので、よくよく吟味しないと

無駄が出てしまうけど、使い倒せるくらい利用できればお得なサービス。

今後は何が出てくるんだろ。

2019/07/27

「僕とシッポと神楽坂」DVD発売

Img_3933

放送終了から半年以上経っての発売なので、皆さん覚えてくれてますか~?

というカンジかもしれませんが、配信で見るのとはまた違った楽しみ方を

していただけたら嬉しいです。

                 ★

今年はずっとゆる~いスケジュールが続いていて、それがいいとはいえない自営業、

どうしたもんか?と思っていたら、急に9月に2冊本を出すことになりました。

ノベライズなので、厳密な意味での生みの苦しみはないのですが、スケジュールが

しびれます。

編集さんから渡された時、「え……?マジで……?え、は……アハハハハ……」

最後には笑ってしまう。

どうやらこれは私だけじゃなく、デザイナーさんから印刷所の方に至るまで

全員同じ反応だそうで。

あんまりすご過ぎると、人は怒るより笑っちゃうんだな、というのがよくわかりました。

よって、今年は夏休みはありません。(ま、今までずっとボケボケしてたしね)

でも、ダンスのイベントがお呼ばれ含め、3つあるんです!

お呼ばれでも完全に丸1日つぶれるので、そこを見越してスケジュールを組まないと

いけない。って予定どおりにコツコツ書けるタイプだったら、苦労しない。

とにかく頑張ります。

 

 

2019/07/25

ラジオ番組収録

先日2時間のラジオ番組収録があり、見学してきました。

ラジオドラマではなく、トークと音楽でつないでいくものです。

脚本家はどうしてもセリフを全部書きたくなるのですが、要点だけ書いておけば

MCは見事に情報を入れ込んだ自分の言葉で話してくれます。

初対面同士のMCなのに、こんなに話を盛り上げられるんだ~と感心しきり。

何の分野でもプロってすごい。

そして、趣味を極めている人もすごいです。(マニアが多いアノ分野)

私は好きなダンスでもあそこまで語られないもんなあ。

いろんな意味で、知識の浅さを痛感しました。

まだ番組名は公表できないんですが、8月上旬にOAです。

お楽しみに!(いや、だから情報なのに……)

2019/07/21

Amazonの信じられないミス

AmazonのAudibleというサービスを愛用しています。
Kindleをsiriで人工的音声で読み上げさせるより、本職のナレーターさんが情感たっぷりに
朗読してくれるので、断然頭に残ります。

そこで最近↓を聴いてみました。

前から気になっていた世界的ベストセラー。
シリーズ1作目は上下に分かれてaudibleで販売されていました。
まず上巻を聴き始めてすぐに引き込まれました。
おもしろい!

と、ところが……
謎が全く解かれていないのに、いきなり最終章で真犯人から事件のからくりからその後まで
全部解決してしまった。
な、なんで!?
どこかで聴き飛ばしてしまったのだろうか。
もう一度頭から聴き始めました。
その結果わかったのは、第1章といいながらナレーションは「第2章」と読んだり、
ズレがあるということ。
そして聴き飛ばしてはいないということ。
いやな予感を感じつつ、下巻を聞くと、案の定オーディブル版上巻の最終章は
下巻の最終章でした。
つまり!
盛大なネタバラシ!
いやー、これは頭に来た。
当然、Amazonにクレームしましたよ。
「世界的ベストラセーの盛大なネタばらしを他ならぬAmazonにされるとは
思わなかったです」と嫌味たっぷりに。

結構真摯な謝罪メールが来ましたが、やはり人間のやること。
上巻の時のクレーム(章立てがずれていることだけ指摘)を受け付けた担当者からは
調査の結果を報告します、というメールとともに、後日ちゃんと直りました、という
報告メールが来ました。
下巻を受け付けた担当者からは「重大なご指摘と判断し、担当部署に連絡しました」
とだけ。

上巻担当の方には、報告の感謝と、下巻の最終章が上巻に入ってしまうミスも直したのか?
もう聴かないけど(聞くにはまた課金しなきゃだから)、他の人の楽しみを奪わないでくれ
と返信したら、ちゃんと直りました、とすぐに返事が来ました。
結果、今は上下巻とも正しく配信されているようです。

人間のやることですから、大手企業といえども、ミスは発現します。
結局、その後の対応なんだよなあ、と改めて思いました。
いずれにしても、半分読んだ(聴いた)時点で真犯人わかっちゃうって
ミステリーとしては、楽しみが半減でした。

2019/07/20

なぜこんな……

ニュースを見て泣く、なんてことはめったにないんですが、

京都アニメーション放火事件の被害者のことが明らかになり、

涙が止まりませんでした。

京アニさんとお仕事をしたことはありませんが、アニメシリーズをやったことが

ある身としては、アニメーターの方たちがどれほど真摯に身を削って絵を描いて

いたか身近で見ていたことがあるだけに……。

どれほどの若い命と夢と可能性と、未来の感動が奪われてしまったのでしょう。

最近理不尽な事件事故がやたらと多いです。

誰だって明日自分が被害者になるなんて思いもしない。

なんだか当たり前のことしかいえないのがもどかしいですが、無駄にしていい時間なんて

1分もないんですよね。

被害者の方たちのご冥福をお祈りします。

 

2019/07/16

ドタバタと……

この仕事、全く知識のない世界のことでも、番組で紹介するとなれば

ある程度のお勉強が必要になります。

今回番組構成に関わってしまったのは、もう自分の教養がないのがバレバレに

なるクラシック音楽。好きだけど、歴史も音楽のことも全然門外漢。

収録まで時間ないっていうのに、この3連休はダンスのイベント三昧でした。(いいのか!?)

Img_3920

同じ教室のYさんが出るというので、お邪魔したパーティー。

ゲストはWDSFで活躍する若きヨーロッパのトップ選手3組。

しかも、デモンストレーションだけでなく、オーナー先生とのジャンケン大会で

勝ち抜いたら彼らと踊れるというのです。

なにげなく挑戦したら、勝っちゃった!

Img_3919

プログラム左上のGabriele Cassai選手と踊っちゃったのです!

顔ちっちゃっ!細っっ。でも、体幹強い!

ジャンケンってあなたの国にもあるの?と訊いたら、同じだそうで。

で、タンゴ。ひえ~~。ジェットコースターに乗ってるみたい!

もうボディもヘッドもその位置にしかいかないでしょというリード。

あ~もっと細くてしなやかな体だったら、どんなにすごいダンスが

踊れることだろうと思いました。1分間の夢のような時間でした。

さらに。

最近なんだかクジ運がいいらしく、試写会に続いて舞台まで当選しちゃいました。

Img_3927

ダンスエンターテインメントFOCUS。

ダンス競技でおなじみのトップ選手がダンスで綴るコメディ。

脚本は大西大輔先生。(多彩ですねえ)

演出は大竹辰郎先生。(映画「刺青」でお世話になりました)

ストーリーの中にちゃんと全部の種目が組み込まれていて、

見ていて楽しい。

主役は宝塚のスター鳳翔大・星乃あんりのお二人。

それにバレエの岡田サリオと芸達者な人たちがコアな芝居を担うので

安定感がありました。

終わって、ロビーで村田雄基先生に十年ぶりくらいにご挨拶。

すんごくびっくりしてらしたけど、覚えててくれて、

「チャチャ踊りましたよね!」と。

すごいな。何百人もアマデモやってきたでしょうに、ちゃんと覚えててくれて嬉しい。

離婚直後で、女の自立みたいな曲を選んでくれたのが今となっては懐かしいです。

 

そんなこんなで遊んじゃったので、週明けて必死です。

2019/07/13

続いてしまいますが

ちょっと暗い話題が続いてしまいますが。

ジョアン・ジルベルトが亡くなったと少し前に報じられていました。

ボサノバの神様といわれた人。

十数年前にボサノバが好きだった時期があり、CDを何枚も持ってました。

(今もあります)

コンサートにも行きました。

囁くような歌い方をするおじいちゃん、という印象でした。

驚いたのは、ステージの上で黙り込んだまま動かなくなったこと。

観客はこれも演出もしくは考えているのだろうとじっと待ってました。

すると、スタッフが揺り起こしに行ったのです。

そう、ジョアン、寢てました!

70代の初めくらいだったんんじゃないかと思います。

ご冥福をお祈りします。

 

もう1つ訃報。

デビュー当時同じ番組をやっていて、その後映画監督をやるようになっていたHさん。

亡くなっていたと今日知りました。

ググッてみたら、去年の春でした。

ツイッターもフェイスブックもブログも全部残ってて、ツイッターが亡くなる2週間前

が最後の更新でした。

発信したものは、本人がいなくなっても、こうしてネットの海を漂い続けるのですね。。。

彼はたしか同い年だったはず。

同年代が亡くなることが珍しくないトシになってしまいました。

ご冥福を。

2019/07/12

同級生が……

5年前に高校の時の大規模な同窓会があり、幹事を中心とした50人以上の

グループLINEに登録だけしています。

しょっちゅう飲み会をやっている人たちの親睦を微笑ましく見ているだけですが。

そしたら、3年の時のクラスメートだった男子が亡くなったという知らせが

流れてきました。

Mくん。記憶力がアレな私は、親しく話した記憶はない。

でも、仔犬みたいにワイワイふざけていた中にいた元気な男の子だったと思う。

お通夜に行った人が会葬者御礼の手紙をアップしていた。

泣けた。

---「俺は生きてやるんだ!」「ジタバタしたいんだよ」

彼が残したノートに書かれていた文章を奥さん(彼女も同級生)が抜き出していた。

こんな会葬御礼見たことない。

もっともっと生きたかっただろうに。

なんで自分がって思ったと思う。

ボーッと生きててチコちゃんに怒られそうな自分じゃダメだと思いました。

Mくん……安らかに……

Img_3887

2019/07/10

ヤングサークルで踊ってきました

さんざんここで弱音(愚痴?)を吐いていたヤングサークルの発表会,

無事終わりました!

一週間前に私だけできてなくて、直前に猛特訓!

なんとか間違えずに(リーダーの足を何度か踏みそうになったけど)踊りきりました!

 

自分の出番以外は、完全にただの観客で特等席で見入ってきました。

若くてしなやかで本当にキレイ!

女の子なんてポケットに入れて持って帰りたくなるくらいかわいい。

世のおやじの気持ちが最近よくわかる自分がこわいです。

振り付けも音楽もすごくいいナンバーばかりなので、余計に引き立つ。

もちろん私がダントツの最年長なのですが、若い子たちが優しくしてくれたのは

ありがたかったです。

さすがにもう出演はしませんが。

 

しかし、つくづく思うけど、社交ダンスは生息域がキッパリ別れてしまうなあ。

なんのスポーツでもそうなんでしょうが。

招待した友人には「若くて上手なイケメンと踊れてよかったねえ」としみじみ

言われました。いや、まったくだ。

これから同年代、おばさん生息域に戻ります。

 

2019/07/03

クローゼットの片隅のトランプ!

トランプ大統領が誕生した時にも驚きましたが、娘夫婦をホワイトハウス入り

させた時にはもっと驚きました。

「え!それってアリ!?」

その後の言動を見てると、あーこの人は商売人としてはスゴイ人なんだなあ

とよくわかります。

って、別に政治談義じゃなくて!

この夏はダンス関連のイベントやらお呼ばれやらで、ちょっとこぎれいなカッコを

しなければいけないことが多いのです。

で、クローゼットをガサゴソやって、いつどれを着るか?を考えた。

別に高級品があるわけでも、数があるわけでもないです。

ちなみに私、手持ちの服のほとんどをアメリカのMacy'sで調達してます。

安価で人とかぶらないデザインが手に入るので。

で、もう何年も着ていなかったワンピースを発掘したわけです。

タグを見てびっくり。

Img_3857

イヴァンカ・トランプ~。

たしかいろいろ物議を醸して、ブランドを廃止したんじゃなかったか。

今となっては貴重です!

今さらですけど、イヴァンカさん、才色兼備なのは確かです。

パパのせいで、得もしているし、損もしていると思いますけどね。

今後の活躍が興味深い女性の一人です。

 

2019/06/29

趣味の世界

7月収録のラジオ番組に関わることになり、MCやゲストの方々への取材が

続いています。

どんな人なのか?ということを知っておくと、番組づくりが大きく

違ってくるのです。

今回はとあるテーマがあって、MCの方が二人とも趣味と公言し、

深い知識をお持ちなのですが、とにかく深いんです。知識と愛情が。

いわゆるオタクとしてはどこまででも掘り下げることができる分野でも

あるせいもあるのですが。

 

私なんて、ダンスが趣味といっても、そこまで語れるか?といったら

ステップの名前を全部知ってるわけでもないし、選手の名前もそんなにわかるわけ

でもなく。

それでも、自分がやってきたことなら、シナリオに取り込めるくらいには語れる

ので、なんでもハマッてみるのは大事だな、と改めて思ったのでした。

番組告知ができるのは、7月末くらいになりそうです。

 

2019/06/24

舞台「魍魎の匣」

Img_3848

京極夏彦ファンを公言している私ですが(ま、その割に全部読んでるわけでは

ないという体たらく……)、一番好きな百鬼夜行シリーズの中の「魍魎の匣」

が舞台になり、早速観てきました。

弁当箱と表される1000ページを超える原作をどうまとめるんだろうと

思っていたのですが、目まぐるしく変わるシーンなのに全く混乱せず、

舞台背面に浮かび上がるテロップとあいまって、とてもわかりやすく面白く

飽きずにノンストップの2時間でした。

終わった後、明らかに橘ケンチ(はまり役って感じです)ファンであろう、

原作を読んでいないに違いない女子が「あ~おもしろかった~!」と

言ってました。

Img_3844

これは京極先生のお花。渋い色合いです。

初日には京極先生もいらしていたとか。

やっぱり黒手袋はされていたそうです。

 

終演後すぐに出演者のNさんと同じビルの一階で打合せがてら

ご飯を食べに行ったら、さっきまで舞台を観ていたであろう

若い女の子たちが驚いた顔をしていたのが面白かった。

顔が売れている人はもはや慣れきっちゃってなんとも思ってない

みたいでしたが。

 

積ん読小説山ほどあるんですが、十数年前に読んだシリーズが読みたくなり

再びポチりました。(当時の本はもうブックオフ……)

「あなたはこの本を2007年に買っています」と出たけど、

今度は電子書籍で。

2019/06/22

「大変勉強になりました」メール

「先日はお話しできて嬉しかったです。

 大変勉強になりました。

 もう少しお話を伺いたいので、今度の木曜日にお食事いかがですか?」

というメールが来ました。

差出人の名前はなし。

一瞬受講生の誰か?と思ったものの、日時指定でそんなお誘いをしてくるような人は

周囲にはいない。あ~迷惑メールかと2秒でわかり、ソッコーでブロック+プロバイダーに報告。

かと思ったら、今度は「ICloudに不正なアクセスがWindows7のPCからありました。

心当たりがなければすぐにパスワードの変更を」というメールが。

一瞬クリックしそうになったけど、よくよく見れば、長ったらしい怪しげなメアド。

あぶない~。

オレオレ詐欺もそうだけど、メールも最近は宅配便業者を裝ったり、さりげなく

本物っぽいから嫌になります。

 

 

2019/06/20

先生のお仕事

間もなく午前3時。

明日の授業の準備中です。

シナリオ講座の受講生の作品講評。

直木賞の候補者が全員女性だと最近話題になっていましたが、

シナリオ講座の受講生も圧倒的に女性が多いです。

ここのところずっと毎期男性は6人に1人くらい。

ドラマを観るのは女性の方が多いんでしょうかね。

 

はじめてシナリオを書くという人を対象にした本科と、

その上の研修科ゼミを持っているのですが、最初はどうしたらいいんだ、これ?

みたいにとっちらかっていた子たちが、みるみるうちに上達していくことがあります。

これはなかなか感慨深い。

別に私の教え方がいいとかじゃないです。

本人がどれだけ勉強して、どれだけたくさん書いているか。

これに尽きる。(自戒を込めて)

半年もすると、びっくりするくらいプロットの文章も構成もセリフも

うまくなっています。

もちろん全員ってわけじゃないですが。

あとはどうやってチャンスを掴んでいくかなんだろうな。

でも、チャンスが来た時に逃さないだけの力をつけておいてほしい

と思う老婆心でいろいろやってます。

«映画「家族にサルーテ!」