2020/08/11

1人感染すると……

スタッフ1名が発熱、PCR検査で陽性になり、同じ会社に出入りして

いたスタッフ30名が検査を受け、全員陰性だったと連絡がありました。

マスクはつけていただろうし、こまめに手指の消毒もしていたと思うので

そうそう濃厚接触者ということはないだろうと思ってはいましたが、

とりあえず番組の制作は気をつけながらも進んでいくようでホッとしました。

でも、きっと陽性になってしまった子は今ごろつらいだろうなあと心配です。

もちろん体調もそうだけど、「自分のせいで……」なんて思ってなきゃいいと

思います。なんにも悪くないんだから。

 

この時期、お盆で帰省したはいいけど、匿名で嫌がらせの手紙が投げ込まれるとか

子供が帰ってくるのですみませんと親が周囲に謝って回っているとか……

逆に周囲に感染者なんていないから、リスクを心配して帰ってこないことを責める

親戚がいるとか、少し前までは考えられなかったトラブルが起きているそうで。

なんだかなあ。

アメリカでは、マスク着用義務に反対するデモをやってるし。

これは日本じゃあり得ないですね。

むしろどうしていいかわからないから、帰省してはいけないと政府に宣言してほしいなんて

言ってる人がいるくらい。

帰らない理由のお墨付きがほしいのだろけど、そういうことまで「お上」の判断に

頼るようになってはいけないと思います。

来年の今頃はどうなっているんでしょうねえ。

2020/08/09

今年も静かに原爆の日が

2020年コロナ禍の中、広島と長崎で平和祈念式典がいつもより規模を
縮小して行われました。

私は広島・長崎方面には知り合いも親戚もいませんが、この作品に関わったことで
他人事とは思えなくなりました。
この作品に浸っている間は、気持ちは広島にあったからです。

この作品の脚本を任せていただけて、本当に光栄で幸せでした。
後にも先にも初稿で準備稿になったのは、この作品だけです。
毎週のように映画賞の授賞式に呼んでいただけた華やかな思い出もありますが、
今年からは悲しい気持ちでこの時期を迎えることになってしまいました。

3月の佐々部監督の悲報……。

もうあの怖いのに優しい笑顔に会えないんだと思うと、やっぱり泣けてきます。
佐々部監督とは、この作品の数年後、やはり戦争関連のラブストーリーで、
準備稿までいった作品があったのですが、映画につきものの成立には至らない
という憂き目に遭いそれっきりになってしまいました。
あのときも、「ちゃんとギャラもらったかー?」って自分のことを差し置いて
心配してくれたんですよね。(ちゃんといただきました)
コロナのせいで、お葬式にも参列できずちゃんとお別れできてないんです。

自然災害、疫病、そして戦争……
一点の曇りもなく世界の隅々まで平和ということはない世界ですが、
希望だけは失いたくないと思います。


2020/08/07

じわじわきてる

コロナで入院したとか、あるいは陽性になってしまったという人で直接の知人

がなかったのですが、ついに。

今までも発熱したけど、検査してみたら陰性だったという人はいたのですが、

実際に感染したという人がいなかったので、どんなに毎日東京での感染者数が

数百人と発表されても、どこか遠かったのですが、番組スタッフが陽性と

連絡がきました。

発熱があったけどいったん下がり、また発熱……なんて話だったのですが、これは

以前ニュースキャスターでもあったパターンですよね。

その直前に家族が陽性になった社員がいたという話も聞いていたので、すでに

珍しいことではなかったのかもしれません。

今はスタッフ全員が検査を受けて結果待ちだとか。

それによって今後の収録スケジュールも変わってきます。

 

少し前からプロデューサーはこういう日が来ることも考えて、総合演出の1人を完全

テレワークにして、絶対に会社に来るなという方針を立てていました。

また、少しでも前倒しでつくっておくように、ということで今まで以上にスピード

アップしてVTRをつくってきていました。

だから、これで陽性の人が何人か出てもすぐに番組が休止に追い込まれることは

ないはずです。

やっぱりトップに立つ人って先を見た判断をしていかないといけないんだなあと

思います。

 

それにしても気の毒なのは、フリーランスの役者さんたちで、スタッフの誰かが

陽性になったと聞くたびに自腹で4万もするPCR検査を受けなくてはいけない。

人によっては毎週なんてこともあるようで、このあたりなんとかならないものかと

思います。

 

2020/08/05

放送文化基金賞

第46回放送文化基金賞が発表されました。

私は直接関係ないのですが、2つ携わっている番組が受賞していてすごく嬉しいです。

1)奇跡体験!アンビリバボー「仲間たちとの約束12年越しの約束SP」

  テレビエンターテインメント番組部門最優秀賞受賞!

2)ドラマ「そして、生きる」

  ドラマ部門奨励賞受賞!

 

1)はラガーマンたちの友情。ディレクターたちが富士山登山ロケで大変苦労して

 撮影してきた話を聞いていたし、出来上がりも本当にすばらしかったので本当によかった。

2)は、ノベライズを担当させていただきました。

 岡田さんの書く物語はいつも優しい。これを機会に本も手にとっていただけたら嬉しいです。

2020/08/02

ZOOMセミナー6時間!

今日はとあるテーマのオンラインセミナーを受講しました。

先生じゃなくて生徒の立場です。

途中休憩やワークの時間もあって、ずっと画面に見入っていたわけじゃないけど

6時間!

今日は配管清掃が入ったので、イヤホンで講義は聞きながらも途中抜けて

しまったり、バストショットだからいいやと思って、行儀の悪いカッコで聞いたり

してました。

が!案外講師の方からは見えていたみたいで……(オーマイガー!)

講師のブログを見たら、「オンラインの受講する姿勢にも個性が見える。

正座して聞き入っている人もいれば、フラフラどこかへ行っちゃう人もいて」と!

ひえ~、フラフラいなくなるのは私ですよね!?

じっとしてられないんです。

たぶん若干ADHDが入っているんじゃないかと思うくらい、子供の頃からじっと

座ってはいるものの、なんか動いちゃうんですよ。

いやあ、申し訳ない。

 

ちなみに私のゼミは、顔出ししなくてもいいことにしてます。

着替えたりメイクしたりしないと受けられないなんて思わなくてもいいように。

そのかわりこっちは一応顔出しするので、23時からのゼミでもスッピンってわけには

いかず(誰だかわからなくなる)、また外出しない日でもファンデくらいは塗るとか

涙ぐましい努力してるんですけどねえ。

講師と生徒の立場、どっちもやってると、どっちもイロイロ苦労はあるもんです。

 

2020/07/30

真夜中の講義

先日夜中に同業者の友人とおしゃべりしました。

情報交換しようということで、Facebookのビデオ通話で。

これ、初めてだったんですが、使い勝手はLINEビデオとかわりませんでした。

背景の替え方がわからなかったので、そのまま私の雑然とした仕事部屋丸見え!

話題は、ペットのことから仕事の現状、お互いシナリオ講座の講師(彼は別の学校)を

していることから、オンライン授業のやり方などなど。

例によってITに弱い私のために、急遽PDFファイルにコメントを書き込む方法を

講義してもらうことに!

まさに真夜中の講義。おかげでよーくわかりました。ありがとうKさん!

さすがに原稿をGoogleドキュメントで一括管理するとか、参考動画作品をドロップボックス

で管理するなどは、私の知識では無理!とギブアップしましたが。

 

興味深かったのは、お互い講師をやるモチベーションが同じだったこと。

はっきり言って、講師業は手間ばかりかかる割に全くお金にはなりません。

むしろ自分の企画を進めた方がよほどマシ。

しかし、それでもやるのは…………

業界のすそ野を広げること。これは長い目で見れば自分のためになる。

人に教えるということは、漠然とわかっていることも言語化するために

自分の勉強になる。

そして、自分を育ててくれた業界への恩返し。

そうそう!そうだよね!ということで、やっぱりみんな同じなんだなあと。

 

8月はコンクールの締め切りがあり、受講生たちは今ごろ必死に書いていることでしょう。

明日はオンラインゼミ、23時から。真夜中の講義になりそうです。

2020/07/29

真実のお岩さま

今日の朝日新聞夕刊におもしろいコラムがありました。

東海道四谷怪談で有名なお岩さま。

祀ってあるのは、四谷のお岩稲荷です。

もともとお岩さまは聡明な女性で、夫の田宮伊右衛門と寄り添い、

貧しい田宮家を盛り立てたということで、江戸の人々がその居住地後にできた

稲荷神社にお参りするようになった、というのは結構知られた話です。

そのお岩さまが今に伝わるおどろおどろしい怪談の主人公になったのは、

亡くなってからなんと200年後。

鶴屋南北が東海道四谷怪談を書いた時に、評判の女性だけど善人じゃおもしろくない、

実際に起きた惨殺事件と掛け合わせて今の形にしたのだとか。

平穏だった江戸の人たちが刺激を求めていたからゆえというのですね。

 

しかし~!

今でも四谷怪談を舞台やテレビで扱う時には要注意と言われます。

私もトーク番組の構成で四谷怪談をテーマにした時、「絶対に台本書く前にお参りしてくださいね」

とNHKの人に厳しく申しつけられましたし、セットの裏には御札が貼ってありました。

実際、お参りせずに怪我をしたというスタッフの話は、昔からいくつも聞いています。

……それって誰の祟り?

ホンモノのお岩様はいい人だったわけですよね?

それなのに勝手に脚色されたから?

それとも題材にされた実際の惨殺事件の被害者?

それとも物語自体に宿った得体の知れない何か?

……考えてもわかるものじゃないですね。

 

翻って現代。真実の姿がねじ曲げられて伝えられることは江戸時代の比ではありません。

自分が同じことされたら?

やっぱり化けて出るかも。

2020/07/26

映画「海底47メートル」

パニック映画「海底47メートル」を観ました。

 

なんか好きなんですよねえ。コワイ映画。

登場人物はめちゃくちゃ少ないです。

アメリカ人姉妹がバカンス先でシャークダイビングをやったら、ケージをつり下げていた

ワイヤーが切れて水深47メートルに落っこちた!

浮かび上がろうにも体長6メートルのサメがうようよ。

酸素はどんどんなくなっていく。さあ、どうする!?

姉は実は夫から退屈な女だと言われて捨てられた傷心旅行だったという前フリが

あったり、妹はとにかく冒険心に富んでいる、とか、旅先で出会ったばかりの

男たちの誘いに乗って海に出てしまった説明はしっかりあります。

怖いのは、襲ってくるサメと、海の深さ。

私、一応ダイビングのライセンス(オープンウォーター)は持っていますが、

海の中が怖すぎて、ほとんどやっていません。

あの先が見えない濃い青さの中でひとりぼっちになった時の恐怖ったら!

初めてエントリーした時のトラウマがすご過ぎて、ちょっともう無理(笑)

そんなわけで、私にとってこの映画の恐怖ポイントはサメより海そのものなのでした。

途中気になったので、うっかり検索してネタバレサイトを観てしまい、ラストの

どんでん返しまで知ってしまった!

それでも十分楽しめましたけど。

パニックものやホラーを見る時、怖すぎて無理という人は、悪役に感情移入すると

よいです。

つまり、この映画の場合ならサメ!主人公の立場に立つから怖い。

サメの目線で観れば、ご馳走めざせ!になるのです。

 

この映画、ヒットしたのか、この夏続編があるとか。

予告編を見たら、前作とは関係なくて、女の子たちがケーブダイビングしたら

遺跡を見つけちゃった!閉じ込められちゃった!というモチーフが同じ作品らしいです。

 

海洋モノは撮影シーンなど裏方が観てみたいです。

2020/07/25

餅は餅屋

このブログは私の完全なる身辺雑記で、テーマもカテゴリーもあったもんじゃない

ごくごく身内に向けているような日記なのですが……。

こことは別にアメブロを始めることにしました。

こちらは完全にテーマはダンスオンリー。

社交ダンスって、入ってみれば、完全にハマる沼なんですが、外から見るとたぶん

わかりにくい。

そんなこともあり、ちょっと体系的に書いてみようかと。

あわよくばいずれは出版に結びつけば……なんていう下心もあります。

 

というわけで、書くならちゃんとしたデザイン性のあるサイトにしたいと思いました。

しかし、私はITリテラシー、ほぼゼロ……。

このブログの立ち上げも、はるか昔に得意な友だちに手伝ってもらったのですが、

さすがに忙しいのわかってるし、頼めない。

デザイナーの友達に頼むのもかえって気が引ける。

むしろ知り合いだと言いたいことも遠慮しちゃうかも。

そこで、ココナラでwebデザイナーの人を探しました。

過去の作品を見て、いいなと思う人に見積もり依頼。

お値段一緒なのに、完成まで10日という人もいれば2日という人もいる。

結局、アメブロ構築丸投げできるプランでお願いしました。

なにしろ「2カランと3カラン選べ?カランってなに?」の世界です。

他にも「さすがにそれはサービス外です」と言われちゃうような質問もして

結構大変でした。(いや、大変なのはデザイナーさんですけど)

そんなこんなで出来上がったのがコチラ

「Shall we dance?」

ベタなタイトルですみません。思いつかなくて。

こちらとは連動させないので、ごくごくひっそりと続けていきます。

 

2020/07/24

毎日運動してみた

今週は世間が4連休ということもあって会議もなく(そもそもこのところないし

予定されていてもコロナ疑惑で急遽中止だったりなのですが)、月曜から金曜まで

毎日運動してみました。

ジムに行ったり、ダンスに行ったり、ダンスに行ったり、ダンスに行ったり笑。

結果、ちょっと痩せました。

体重は減っていたのに、体脂肪が妙に高かったもやっと落ち着いてきたところ。

運動した後って、インナーマッスルを使うせいか、意外とおなかすかないんですよね。

それに、玄米とマイブームであるところのぬか漬けがあれば結構満足しちゃう。(粗食!)

それとヨーグルトメーカーでつくるヨーグルト+甘酒もありますが。

ちょっと痩せてくると嬉しくなって、さらにがんばる。

太ってる時は、「もういいや!食べちゃえ!」となる。

どっちも経験しているので、今自分がデブモードか痩せモードかで食生活がガラリと

変わります。

いったんおいしいものを食べると、簡単にデブモードに戻るので、この夏はなんとか

普通の体型でいられますように!(←ちっちゃい望み

 

2020/07/23

ホントだったら今頃

Photo_20200723225701

スケジュール帳の今週のページを開いたら……

くっきりと印刷された「オリンピック開会式」の文字!

本当だったら、今頃東京はまさにお祭り騒ぎだったんでしょうね。

よもやこんなことになるなんて、誰が予想できたでしょう。

来年の今頃だって果たしてどうなっていることやら。

 

先週末、いくつかの教室のパーティーが行われたそうです。

マスクやフェイスシールドをつけて踊ったとか。

もはや興ざめとか言ってられる事態じゃないですから、仕方ないのでしょう。

 

レッスンも最近は検温、消毒、マスクをつけて受けるというのが当たり前になりました。

1つだけよかったことは、ラテンを踊る時、恥ずかしくて先生の顔をまともに見られなかったのが、

見えるのが半分だけになったために、結構慣れてきたこと!

見つめ合うって、できそうでできるもんじゃないんですよね。

そもそもスタンダードはドラッグというステップ以外顔と顔を見合わせることはほとんどないので

スタンダードメインでやってきた人ほどラテンに照れまくる傾向があるのです。

 

2020/07/22

好奇心が最大のアンチエイジング

母は80になりましたが、まだまだ元気で、頭の回転も早いです。
なにより関心するのは、好奇心が強いこと。
いいと思ったら、目新しいことでも面倒くさがらずにチャレンジするんです。
LINEをやってほしいのでスマホをプレゼントしようと思った時、高齢者向けのものを
考えたのですが、パソコンを自在に使いこなし、パワポを使って老人大学でプレゼンしたり
しているので、まあ普通のもので大丈夫だろうと思ったら、案の定問題なし。

先日は私が履いていたスニーカーを見て、それどこの?と。
ちょっとファッション性があって履きやすいfitfitのだと答えると、すぐさま店舗へ。
フットワーク軽いです。

私のマイブームのぬかづけも、この面倒くさがりの私がやってみて続くし美味しかったので
送ってみたところ、これまたいろいろ研究し、「パプリカ入れるといいわよ」と。
だったら、今まで私が数年やってきてよかったヨーグルトと甘酒づくりもやるかも?と
これ↓を送ってみました。(ちょっと手間かな~と思って今まで勧めていなかった)

結果、嬉々としていろいろつくってます。
甘酒もご飯を入れるタイプと米麹だけでつくるタイプを両方つくってみて、メリット・デメリットを
レポートしてくれました。
よしよし。
発酵食品はからだにいいので、食べてよし、とともに、あれこれ工夫する気持ちがボケ防止にも
なるんじゃないかと。

でも、一番なのは好奇心かなと思っています。


2020/07/20

はばかられる?

この週末、都内の有名どころのダンス教室のホテルパーティーがいくつか行われたようです。

ところが、おもしろいのは、毎日ブログを更新しているその教室のオーナーさんが一言も

パーティーに触れていないこと!

やっぱり時節柄はばかられるんでしょうね。

どんなふうに感染防止対策を施して決行したのか知りたいけれど、どうしたって批難も

あるからでしょう。

ダンスは屋内のスポーツだし、窓のないホテルの宴会場での換気もわかりにくい。

それに、なんたって濃厚接触だし。

ディナーパーティーとなれば、広い宴会場の端っこの方から料理が運ばれてくる。

いくらテーブルにつく人数を今までの半分にしても、カンペキとはいえないですもんね。

みんな発表会を目標にしているので、パーティーがなくなってほしくはない。

でも、クラスターなんかが発生したら大変なことになる!

 

最近は舞台の上で演技披露したり、プロのカメラマンによるプロモーションビデオ制作なんていう

ことも出てきたのだとか。

「目標」も徐々に形を変えつつあるのかも。

 

私としては、これを機にチケットノルマがなくなると嬉しいんですけどね笑

 

2020/07/19

見張られていないとできない

意思の違いなのか?なんなのか?

私は自分にとっても甘いので、切羽詰まらないと原稿は書けないし、トレーニングも

トレーナーが見張ってて追い込んでくれないと頑張れません。

ダンスも一人でシャドーがつまらな過ぎてできないので、これまたなかなか極めるには

ほど遠いです。

 

ところが、世の中には、誰にも何も言われなくても、コツコツと努力を続けられる人

というのはいる。

先週から始まった脚本家養成講座研修科に入ってきた若者がそんな一人。

毎週1本1時間のシナリオを書いてしまうという。

普通の受講生は何をどう書こうか考えあぐねて、アイデア段階から相談に乗るのに

その彼は書きたいことがあふれていて、プロットも構成もすっとばしてシナリオが

書けちゃう。

それがまた結構緻密な伏線や構成までできている。

コンクールにも、普通なら1本か2本応募するところを20本以上出して数本は

一次予選突破。

なんかすごい……。

もちろん内容的には、まだまだ直してほしいところはいっぱいあるけど、可能性だけは

無限大。

こういう子は勢いをそがないように指導していかないといけないんだろうなと思うと

同時に、めちゃくちゃ刺激になります。

たぶん他の受講生も圧倒されつつ同じことを感じているのではないでしょうか。

ただし、そういう時に自分と比べてはいけないんですけどね。

マイペースでいけることが必須。

今朝も早々に1本提出されてきました。

いやあ、負けてられません。

2020/07/18

SNSの距離感

LINEやFaceBookは仕事でも使えるけど、どちらかというと個人的交流のための

ツールというイメージがあります。

仕事相手とは基本メール、みたいな。

少し前に某テレビ局の女性ディレクターたちと話していたら、単なる仕事相手に

「LINEも教えて」と言われるのがすごくイヤだ、と。

既読がつくし、個人的な距離感を詰めてこられる感じがプレッシャーになるんだと思います。

だって、メールで十分なのだから。

そういう私も一緒にご飯を食べに行くくらいには仲良しだけど、彼女たちのLINEは知りません。

 

FaceBookはもう少しオープンで(私の場合は)、仕事相手の人が出てきた時には普通に

フォローし合ったりします。

まあ、ほとんど使ってないというせいもありますが。

逆に、今習っているダンスの先生が「知り合いかも」に出てきても、記事は読んでも

そっと立ち去ります(笑)

昔の同級生とは、普通につながり、たまにメッセージで元気?なんてやりとりもあります。

でも、基本的にタイムラインはめったに見ないので、イイネをつけたりつけなかったり

結構失礼なことをしているかもしれません。

 

Instagramも個人的なツールの感じは強いです。

仕事の情報収集のために私がアカウントを取った時にたまたまダンスの先生に使い方を聞いたら、

丁寧に教えてくれて海外の選手のおススメアカウントも登録してくれたけど、

先生個人のは教えてくれなかった。私も聞きませんでした。

そこはやっぱりプライベートを覗かれたくないと思うから。

 

LINEに関しては人によるのかもしれません。

仕事でも、台本の意見交換に使うこともあるし、海外ロケ中のDと長時間打合せを

する時に便利に使ったりします。

ダンスの先生ともたいてい初対面の時から交換。

むしろ個人情報が表に出ない分、お互いに気軽。

スタジオに電話してレッスンの予約をするのは、誰かのレッスン時間に食い込むことに

なるから、絶対避けたいです。

参考動画や写真を送り合うにも便利。

でも、世間話を送ったりはしない。

 

やや面倒なのがグループLINE。

同窓会など、一部の人たちだけで盛り上がっていても絶対に参加しない場合でも

あの未読の赤い数字が出ちゃうのが嫌で嫌で笑

読まずに既読処理しますけど。

退会すると目立つので、なんだかできないんですよね。

ゼミ生とのやりとりには便利に使っています。

一斉通知やら原稿のやりとりに。

質疑応答も楽だし。

そのため挨拶とスタンプは禁止してます。

 

LINEのタイムラインはちょっと不思議な存在。

私の回りでは、ツイッターやFBのように日記がわりに使う人はほぼいないのですが

たった1人だけお友達登録している人で毎日のように自撮り写真をアップしている人がいる。

無断で一緒に撮った写真をアップされたこともあります。

まあタイムラインは見なくても、これみよがしな未読お知らせがないだけほったらかして

おけます。

 

Twitterはたまに仕事の宣伝と番組放送直後のエゴサくらい。

といっても、私のタイムラインはほぼ9割くらいダンス関係なんですけどね。

たまに覗くと有益な情報が転がっていることもあるので、あなどれませんが。

 

というのが私のSNSの距離感です。

たぶん人によって全然違うと思います。

みなさんはどうでしょう?

 

2020/07/16

じわじわきてる……

本日の東京の感染者286人。

今日は2週間ぶりの番組の会議の予定だったのですが、開始数時間前に連絡が。

AD2名が発熱、1人は陰性だったとわかったが、1人はまだ不明。

先週今週と毎日出社していたため、接触していた可能性のあるスタッフは2週間自宅待機、と。

若いし、もし仮に陽性だったとしても、きっとすぐに回復すると信じています。

 

ここまで増えてくると、周囲でもぽつりぽつりと影響が聞こえてきます。

先週は友人の通うスポーツジムのインストラクターが感染し、全館休館になったとか。

 

感染したとしても、本人が悪いわけじゃないので、嫌な目に遭わないでほしい。

それでも、毎日劇場に通って感染したなんてことまで報道されちゃう昨今だから、

ゼロってことはないんでしょうね。

感染者の方が圧倒的に多くなったりしない限りは。

 

2020/07/15

こう見えてちょっと痩せたんです

ネットを開くと24/7(※ライザップの安価版)のちょっと小太りのおねーさんがマシントレーニングしている動画

がこれでもか!と飛び込んできます。

月額6800円というけど、ンなもん単純に分割したからでしょ。

コツコツ払い続けている時にリバウンドしていたら目も当てられない!

しかし、こういう広告が出てくるというのは、痩せたい気持ちを見透かされているようで気分悪いですね。

 

実はワタクシ、コロナ自粛期間中に痩せましたの。

元がデブなのであまり気づいてもらえませんが。

もとはといえば、7月の発表会でルンバを踊る予定があったからです。

もちろん中止になりましたが。

そのルーティンが今までにないタイプで。

というのも、今まで十数人の先生たちに個人レッスンを受けてきたけれど、

誰一人やろうと言わなかったリフト(先生が完全に私を持ち上げるステップ)があるのです!

 

無謀だ。無謀すぎる……。

もちろん遠慮しましたよ。まだ若い先生の今後の競技人生を縮めたら申し訳ない。

しかし、身体に自信があるのかT先生、「大丈夫ですよー」と軽やかに笑う。

というわけで、自分がみっともないというだけではなく、何がなんでも痩せなくちゃ!というのが

この3月くらいのお話。

そこからとあるストレッチジムのダイエットコースに入って、しばらくして仕事での外出がなくなった。

食べたものは毎日報告。

おなかがブヨってますといえば、「そのたい焼きが原因です」と厳しいツッコミ。

正しい姿勢で毎朝心拍数を100以上に上げて、玄米中心の食事にして……と特別なことは

何もしてません。

しいていえば、誰もがそうでしょうが、外食がゼロになった。

出前はおいしいものがないのでとらない。

ホットクックとヘルシオがあれば、なんとかなる!

これで体重は2キロちょっと減。(1月からだと6キロくらい。その前は断糖ダイエットしてたので)

ウエスト11センチ減しました。

 

緊急事態宣言が解除されレッスンが再開した時、ダンスの先生は、

「おっ、痩せましたね!バランス(重心の)がよくなりました」と気づいてくれたけど、

それ以外の人はほとんどわからないみたいです。そう言われてよく見れば、ってくらい。

 

ダイエットはほとんどライフワークと化している私です。

6年前にファスティングで誰もが気づくくらいガッとダイエットして、その後生活環境が

変わって、ゆっくりとリバウンド。

それでも動けていたので、ドレスが似合わね~と思いながらも発表会にも出てました。

去年は5月と9月に。今年は2月にプロアマ。

たぶん見た人は、「すばしっこいデブ」と思ってたでしょうね。

 

発表会は中止になりましたが、次を目指してレッスンは続けています。

もちろんダイエットも!

あと3キロは落としたい。体脂肪もあと2%は少なくしたい!

服やドレスのサイズが1サイズ下がったけど、まだしっくりこないし、見た目もイマイチ。

今は体重や体脂肪、BMI、筋肉量、水分量、タンパク量、睡眠の質なども

すべてデータをとって意識することで体調管理ができる時代です。

体重だけで一喜一憂するのではなく、内容が大事。

運動をするのが面倒でなくなったのが一番の収穫です。

なにしろこのトシになると、死ぬ直前まで元気でボケずにいる!というのは切実な望みですから!

 

2020/07/14

最近の年寄は年寄じゃない

日本人の精神年齢が実年齢より7掛けでちょうどいいと言われるように

なったのはいつごろからなんでしょうか。

確かに終戦後か、それ以前の同年代の女性たちの言動を見聞きすると

老成しているなあと思うことが多いです。

今は全体に気が若いというか。もちろん人によりますが。

それでも、自分よりはるか上の年代はやっぱり老人扱いしちゃうもの。

脚本家講座の生徒たちの作品を読んでいると、私くらいの年齢の女性が

えらく老けた言動をしていて複雑な気持ちになります(笑)

 

また、先日コロナ期間中にすっかり読書家となったダンス友達のK子さんが

「ちょっと前の小説読んでると、70過ぎの女性をあまりにもばーさん扱いで違うでしょ!と思う。

ダンスやってる人は80過ぎてもハイヒール履いてジャイブ踊ってるっつーの!」と憤慨してました。

そういうK子さんこそ、年齢不詳。

発表会で踊っている時は「え、娘さん?」てなくらい化ける人なんですけどね。

 

それにしても最近の年齢不詳な女性の多いこと。

受講生の中にも、どうみても30そこそこにしか見えないのに、もう成人過ぎの息子さんが

いて、息子の病院に付き添っていくと、「彼女じゃなくて母親連れてこいと言ったでしょう」

と医者に怒られるのがひどく嫌だといっている人がいます。

息子の恋人に間違えられるのってうれしくないんだ!?

と、この辺は子供のいない私にはよくわかりません。

美魔女という言葉は好きじゃないし、年齢は年齢として、気持ちの上で老け込まずに

いたいもんです。

2020/07/13

占いやめて?

朝のワイドショーのおまけみたいにやっている12星座の占い。

あれ、最下位だと1日気分が悪いのでやめてほしいというSNSの投稿があり、

ちょっとした論争になったそうです。

圧倒的多数は、「ヤなら見るなよ」だったそうですが。

そりゃそうだ。

私は、チャンネルによっても言うことが違う、しかもすべての人を

12星座のみで分けてしまう大雑把な占いの結果にそこまで引きずられてしまう純粋な

人がいるのだということに驚きました。

 

ま、かくいう私も、過去には結構占い師のもとに通ったことがあります。

仕事がうまくいかない、家庭がボロボロ……なんていう人生どん底の時です。

そうやってわざわざ出掛けていって、生まれた日時とタロットで見てもらう

オーダーメイドな占いなら、なるほどと思って指針になると思ってました。

実際当たったこともあれば、はずれたこともある。

それでも、その都度支えになっていたのは事実ですね。

つまり占いにはカウンセリングの要素もある。

実際占い師の人がコールドリーディングを勉強しているなんてこともあるみたいです。

最近はとんと行ってません。

あとは自分のがんばりのみと思えるので。

 

困った時に何を指針や頼りにするかはその人次第。

占いでもカウンセリングでも、自分を立て直すきっかけはあった方がいいと思います。

2020/07/11

チャコットボールルームダンス部門撤退

ダンスは、生活に潤いをもたらしてくれるものですが、感染症には弱い。

濃厚接触の最たるものだから。

踊れない、発表会も競技会もないということで、打撃が直撃しています。

私の住んでいるエリアでも2つの教室がクローズしました。

ドレス屋さんも支店をクローズというのが相次いでいたと思ったら、

チャコットのボールルームダンス部門撤退というニュース……。

アホな私は、ボールルーム(いわゆるモダン)のみ撤退でラテンは残るの?

なんて一瞬思ったのですが、ボールルームダンスとは、社交ダンスの別な言い方で

あり、つまり社交ダンス全般から手を引くということなんですね。嗚呼。

チャコットのドレスやレッスン着はとんでもなくお高いので、私はほとんど持ってなかったし、

ドレスレンタルすらしたことなかったけど、周囲で着ている人はいっぱいいました。

3分間踊るために、先生とおそろいでオーダーメイドのドレスをつくるマダムなんかもいましたし。

私がたくさん持っているのはせいぜいメイク用品ですけどね。

 

しかし、なによりダンスイベントの大きなスポンサーの1つだったチャコットが抜けるのは

ダンス業界にとって大きな痛手です。

 

今まで通っていた生徒が戻ってきているのは7割程度だそうです。

本人が高齢だったり、まだ幼い孫がいるからなど、愛好者の平均年齢が高いゆえ。

そのかわり新規に体験に来る人も多いのだとか。

じっと家にこもっていた人たちが体を動かしたくなっているのかも。

ホテルでディナーをいただきながら盛大な発表会というのも形が変わっていくんじゃないかと

思います。

私もホテルパーティーの形式を簡素化して、1回だったところを2回できるようにしてほしい

と思っています。目標があった方ががんばれるし楽しいから。

ダンス自体がなくなるとは思わないけど、変化に対応できる企業やスタジオ、生徒だけが

残っていく過渡期なのかもしれません。

2020/07/08

梅雨の隙間に

九州から長野にかけての豪雨災害。

疫病の次は天災かよと愕然とします。

ニュース映像を見ているだけで胸が痛みます。

すみません。そんな中で……。

梅雨の隙間のような晴れの1日。

静岡に用があり、熱海に一泊してきました。

Img_0628

奇跡のようなこの海の青さ!

半年ぶりに見た海です。場所は熱海沖の初島。

ついでに言うなら、温泉は1年ぶり。

星野リゾートグループのリゾナーレ熱海に泊まったのですが、こんな時期だからか

お手頃価格。

部屋はオーシャンビューで、とにかく海の色を眺めているだけで飽きない。

翌日は曇ってしまったので、本当にわずか1日だけの晴れ間でした。

実は↑の画像は初島。

リュウの散骨してきました。

もともとお寺がやっている散骨プランでお願いしようと思っていたのですが、

そうだ自分の手で流した方がいいじゃんと気づいて。

すでに過去2匹も海に行っているので、合流できたのならいいな、何年後かには

私も海に撒いてほしいなあ~と思いながら。

 

いまだ感染者数は怪しげな増減を続けています。

それでも、外出する用がいろいろ増えてきて、なんだか慌ただしい。

久しぶりに小旅行をしてみたら、めちゃくちゃリフレッシュできました。

引きこもっていても退屈するタチではありませんが、たまに外に出ればやっぱり刺激が

心地いい。

早くいろんなことが正常に戻ればいいのになあと願わずにはいられません。

 

2020/06/30

換気すると飛び込んでくるもの

シルク・ドゥ・ソレイユが経営破綻というニュースを見ました。

いつか観たいな、観られるだろうと思っていたのに。

近所のこれまたいつか行ってみようと思っていたイタリアンのお店もいつのまにか

なくなっていました。

本当なら、今ごろはオリンピック直前の好景気にわいていたはずなのに。

大災害が起きた時というのは、いつも「ウソでしょ。こんなの夢に違いない」

と思います。

地震や大雨で家がなくなったわけでなくても、やっぱり同じ。

きっと戦争の時なんかもそうだったんじゃないでしょうか。

 

と、センチになっても仕方ないんですが。

今はどこでも換気を徹底しています。大抵のお店は大きく窓を開け放っています。

すると飛び込んでくるのがアレ!

そう、虫です!

美容院では、なぜか夜になると鏡に虫がたくさんへばりついて困ると聞きました。

ラジオドラマを収録するスタジオでも、うっかり入ってしまうと、高性能のマイクが

ブ~~ンという羽音を拾ってしまうので、スタッフ総出で虫退治になるのだとか。

私がダンスのレッスンで「やめて~」と思ったのは、虫じゃなくて「におい」でした。

下の階に焼肉店が入っているので、においがあがってくるんです!

それもハンパじゃない!

それと「音」。

ゼミが再開されて、広めの教室でソーシャルディスタンスをとって授業をしてますが、

首都高に面して二重サッシにするほどなので、それを開けたら防音台無し。

すんごくうるさいです。

 

ウィズコロナとかいって、あと半年や1年はこんな生活が続くのでしょうか。

忍び込んでくるアレとの戦いは続きます。

2020/06/29

猫は猫がテレビに映ると気になる

テレビを新しくしたら、猫がよくテレビを見るようになりました。

Img_0511

やっぱり猫は猫が気になるらしい。

等身大の時にはウニャニャと話しかけながら、前足でチョイチョイと

つかまえようとしています。

画面の向こうに逃げた時には、テレビの向こう側を探してます笑

あんまり興味津々になるので、「世界ネコあるき」は猫のために録画して

私が見てなくても再生してやります。

そのうちに飽きてどっか行っちゃうんですけどね。

しばらくするとまたガン見してます。

鳥が飛び立っていく映像なんかもたまらないみたいです。

仲間がいる不思議な箱だとでも思っているんでしょう。

2020/06/28

「テグス」と「手ぐすね」

再現ドラマの中で犬のシッポが動いた!というシーンがあって

どう撮るかという話になり、てぐすで動かすかなんてディレクターがいうので、

いやいや、犬は名前呼べばすぐにフリフリするでしょ~と。

シッポだけアップで撮ればいいんだし。

なあんて話から、ここでいう透明な糸であるところの「てぐす」って、

ひょっとして「手ぐすね引く」と同じ?と思って調べてみました。

結果。

全然違う!

透明な糸の「てぐす」は「天蚕虫」

テグスサンの幼虫から取り出した絹糸腺を酢酸で処理してつくったもの。

 

「手ぐすねを引く」の「てぐす」は「手薬練」

松脂を油で似て練り混ぜたものだそうです。

弓の弦に塗って強くするのに使うとか。

手に薬練をとることが転じて、用意して機会を待つという意味になったんだとか。

 

全然違いますね。日本語って深い!

まだまだ知らないことばかり。

 

2020/06/27

濃厚接触者疑惑

知人に保健所から電話がかかってきたそうです。

「〇月〇日、▲▲にいましたね」と。

そこは六本木のとある格闘技ジム。

知人は体験入会に行ったのですが、接触する動きはなく、マスクをして

サンドバッグ打ちだけして帰ったそうです。

そのジムで感染者が出たらしい。

もちろんそれが誰かもわからないけれど、同じ空間にいたかもしれないということで

PCR検査を受けたいか?と聞かれたそうです。

その時点で全く症状はなかったので、受けないことを選択。

結局そこから2週間自宅隔離だったそうで。

その間すべての仕事はキャンセル。

そして、2週間目に再び電話がかかってきて健康状態のチェックがあり、晴れて

シャバ復帰となったそうで。

私は彼がそのジムに行った2日後に会ってたのですが、もちろんソーシャルディスタンス

をとっていたので、心配かけてもと思って連絡しませんでした、と報告を受けました。

なるほど案外追跡調査はきっちり行われているようです。

 

そろそろマスクもつらくなってくる夏。

布製のおしゃれなマスクもたくさん出てきました。

最近見た中には、レスでスケスケのものも!

えーと。それって効果あるんでしょうか?笑

デザイナーたちもこぞって服とコラボしたデザインのものを発表。

人間どんなところにも楽しみを見出すもんだと思います。

2020/06/24

またしてもこんな広告が

最近クルーズ関連の検索は絶対にしていません。

メールや原稿にも書いてません。

でも、頭の中では、「クルーズかあ。楽しかったけど、向こう数年は無理だよなあ」

と考えてました。

そしたら、これがedgeの広告に。

Photo_20200624225501

お正月に乗ってた船です。

予約殺到!? ウソつけ!笑

それにしても、考えてるだけで広告が出てくるから、ホント怖いんですけど。

私だけ!?

 

 

2020/06/22

個性に名前がつく

先日会ったとある女性。

とにかくアクティブ。

よくしゃべり、よく動く!

「あ~、ごめんね~。私、アスペ入ってるからー」だそうで。

詳しくないけど、アスペルガーよりADHDって感じじゃないかと?

でも、医療系の資格を持っている人なので、たぶん自己分析した上でのことでしょう。

 

最近You Tubeとしてものすごい再生回数を誇っている人たちの中にも、

「私は発達障害なんで」と、こだわりの性格だったり、おっちょこちょいな理由を

説明している人がいます。

「僕はコミュ障なので」とはっきり表明している人もいるし。

(厳密にいえば、コミュ障は発達障害とは違うと思うけど?程度による?)

たしかに昔教室に1人はいました。授業中にじっとしていられない子!

今思えば間違いなくADHDだったんだろうな、と。

私もこの思考の飛び方は尋常じゃないので、もしかして多少はその傾向があるんじゃないかと

自覚しているんですけどね。

 

なんにせよ「個性」と認識されるものにも、いろいろ名前がついて生きやすくなった人も

たくさんいるんじゃないでしょうか。

2020/06/21

3カ月半ぶり

最近とあるビジネス書のベストセラー作家のオンラインサロンに入ってみました。

10年以上著者のメルマガは読んでいたものの、なんとなく自分とは関係ないしなと

思っていたのが、最近時間があったので登録してみたわけです。

今はオンラインサロンはFacebookで管理。

SNSは気まぐれにしか覗かないし、FBは半月に一度くらい気が向いた時に見ていた

くらいでしたが、アカウントは持っていたので、なんとか入会。

入ってみて驚いた。

そこにはすっごくタメになる様々な情報がありました。

映像や小説の創作にはあんまり関係ないのだけど、刺激は必要ですから。

そんなわけで、今日はリアルセミナーへ参加。

その前に今までやったことのないような宿題もあって、ノーミソ振り絞りました。

本が売れる人は話もうまい!

勉強になりました。

とくに構成の仕事の時には生かせることばかり。

で、その後は懇親会。

大人数の会食は苦手なのですが、基本的に勉強熱心な人ばかりなので、話もおもしろかった。

会食は3カ月半ぶり。

オープンエアのビルの屋上のお店だったのですが、まああれだけ密集してマスクはずして

料理を突ついてたら、リスクはないとはいえません。

でも、徐々に日常が戻ってきた気がします。

 

2020/06/20

私にとっては昨日のこと

連ドラの制作がストップしたことで、たくさんの昔のドラマがゴールデンでOAされました。

受講生の1人が、「ドラマ『愛してると言ってくれ』を見て、いかにセリフに頼らずとも心を

動かすシーンができるかわかりました~」と語ってくれました。

大ヒットしたんだよね、と私にとってはちょっと前の意識だったのですが……

調べてみたら、な、なんと!25年前!

その受講生は22歳。

生まれる前……!?

私もまだシナリオライターになりたいという目標すら持っていませんでした。

年をとるほど1年が早く感じるというのは、1年という時間が、10歳なら人生の10分の1、

60歳なら60分の1だからといいますが、まさにそれかも。

そして、素晴らしいドラマは普遍的なんだなと思いました。

2020/06/19

走れない

今ストレッチジムで担当トレーナーにいろいろ指導を受けているのですが、

言われるのが「痩せたいなら朝水一杯飲んで走れ」ということ。

朝まだ糖質も脂質も採り入れる前に動くことで脂肪燃焼が加速するからです。

これができない……。

実はちょっとだけ外に走りに行ったこともあるんです。

これが結構楽しくて、こんなところにこんな立派な神社があったんだ!とか

発見もあったのですが……。

---日焼けしたくない。

言い訳か? 言い訳です。

だって、自慢じゃないですが、この程度の顔とはいえ美白に結構金かけてます笑

痩せたいけどシミだらけにもなりたくないっ!

そう言ったら、絶句されました。

たぶん「痩せる気あんのか?」と思ったはずです。

痩せる気はあるんです。

とにかく朝イチに心拍数を100以上に上げりゃあいいんでしょ。

だから、最近は家の中でジョギングしてます。裸足で。

毎日1分ずつ伸ばしてます。

結構汗かきます。

ライフログのスマートウォッチをつけているので、しっかり記録されます。

結構やった気になります。

いまだ全然痩せませんが。

やっぱり外じゃないとダメ?

2020/06/18

忘れちゃったんだ

また悲しい事故が起きてしまいましたね。

車の中に置き去りにされた2歳児の死亡。

新型コロナの影響で在宅勤務になったパパが仕事のことを考えていて

保育園に預け忘れて7時間……。

見付けた瞬間の、「ウソだ!」という全身の血が逆流するような気持ちは

想像に難くありません。

何年か前にも全く同じ事故がありました。

なんで覚えているかというと、子供のことを忘れるくらい集中できちゃうんだ……

と、常に思考があっちこっちに飛んでしまう私にしてみたら、驚くべきことだからです。

きっと当たり前のこと過ぎて、やることリストをたとえつくっていたとしても入れて

なかったんでしょうね。

今どれほど自分を責めていることでしょう。

たぶん夫にお願いしたママの方も。

コロナがなかったら起こり得なかった悲劇でしょう。合掌。

たとえ話で年代がバレる

昔むかし、大昔。

年配の人の言動を見ていて、「若ぶってるけど、やっぱり古いよなあ」なんて

思ったことがありました。

因果応報。今は自分に返ってきてます。

もうイヤというくらい!

アイドルのことを書きたいという受講生に「2人組とか3人組じゃダメなの?

昔だけどキャンディーズとかwinkとか」なんて言ってしまった。

当然怪訝そうな顔になる。

いや、今ってアイドルといえば大人数が当たり前だから、だそうで。

ハイ、すいません。

 

編集者と話していて、主人公のファッションを聞かれ、cancamじゃかわいすぎ、いってみれば

AneCanかなと言って、これまた絶句され……。

もう4年も前に廃刊になってたんですね(涙)

それでも一生懸命調べてくれた編集者さま。

「さすがに古くてどうかと思いました」。

ハイ、ごめんなさい。すいません。

 

若者の文化・ファッションにはやっぱり疎くなる。

同年代の自分と共通する部分もあるけど、流行り物はどうしようもない。

無理やりついていくも違うと思うし。

でも、作品に採り入れないわけにもいかない。

若い受講生の書きたいものにも寄り添いたい。

たぶんこれは永遠のジレンマかもしれません。

ただ、拒絶することなく、なるほどねと観察する冷静な目だけは持っておきたいものです。

2020/06/17

ああもどかしい:物語における携帯電話

今Audibleで「ミレニアム3」の下巻を聴いています。

ご存じ北欧ミステリーの大ヒットシリーズ。

聴いてると(たぶん読んでいても)ドキドキハラハラし過ぎて、一気に聴けなくて途中で

止めて、しばらく時間おいたりしてます。

今は突然登場の脇役、でもとっても魅力的なキャラが窮地に陥るシーン。

よりによって朝からとある人物と連絡をとろうとかけ続けたせいで、肝心のところでスマホの

充電がなくなるのです。もーっ!

おかげでズタボロになっちゃうわけですが……。

しかも、主人公がこれまたいちいち電源切るんですよ。

そりゃ、人と会ってる時とか、ブルブルですら失礼になるし集中を欠くからわかるんだけど、

渦中にいる時くらい頻繁に見ろ!といいたくなる……時点ですでにスマホに支配されてるんですかね。

でも、そこはたぶん日本人と北欧の中年以上の違いもあるかも。

 

携帯電話が普及したおかげで物語の世界では、すれ違い(大昔の「君の名は」みたいな)が

つくりづらくなったと言われます。それはホント。

だから、電波が入らなかったり、電池切れだったりと無理やり設定するわけですが、窮地に陥らせる

ためというのがわかり過ぎてしまうところも難しい。

今後はどこに行ったとか誰と接触したなんてことまでアプリで管理できるようになってきます。

そうなるとますます便利なようで管理されすぎた社会になる。

物語の枷は今後違う方向に向かう気がします。

2020/06/16

三つ子の魂

三つ子の魂百までとはいいますが、いくつになっても、何をやっても自分の根本的な

ことって直らないんだなあと思います。

私の場合は、ここぞというところで頑張り切れない……。

思いつきでバッと何かをやる瞬発力と行動力はあると思うんです。

でも、すぐに易きに流れる……。

ダイエットがいい例。

いいカンジに落ちてきたなーと思ったところで食べちゃう。

なんでそこでもうひと踏ん張りできないんだ!

一事が万事。全部そう。

 

なんでそんな自己嫌悪めいたことを言ってるかといいますと、とっくに出来上がっていたはずの

台本を送ったのが「今」だからです。

週末時間があったのにボケボケしてしまった上に昔より書くスピードが遅くなった。

もうひと踏ん張りできる人になりたい。。。

2020/06/15

やっぱり食いしばってた

透明なマウスピースができてきて、上顎だけにはめて寝ます。

邪魔くさくて夜中にはずしてしまうこともあるかもと言われていましたが、

密着するので、眠ってしまえばそのまま朝まで。

ただ、うつらうつらしながら意識することはあって、そうするとたしかに私、食いしばってる!

なんかギリギリ力かけてるな~という感覚がわかりました。

そして、最初の一晩つけて寝ただけで、あのしつこかった奥歯の痛みが消えた!

こんなに簡単なことだったの!?

そして、どんだけ力かけてたんだ!?

起きているときはやらないみたいなので、しばらく習慣化してみます。

ちなみにこの透明のマウスピース、以前審美歯科に通ってホワイトニングしていた時にも

上下つくったことがあったんですよねえ。

そのときはマウスピースの中にホワイト化させるための薬剤をつけてはめなくてはいけなくて

これがしみてしみて!

結局続かずやめてしまった上に、マウスピースも引越しのどさくさで捨てちゃいました。

貴重なオーダーメイドだったのに。

歯は健康の基本。

大事にしないと。(老い丸出し!?)

2020/06/13

外出すれば刺激がある

家の中にこもっていても、それなりに情報収集しているつもりだったんですが、やはり外に出て人に会うと

入ってくる情報の種類と量が全然違います。

今日は3カ月ぶりの講座。自分が生徒で通っているもの。

チフスのメアリーの話。

浅学な私は全然知らなかったのですが、公衆衛生の世界では有名な無症状のスーパースプレッダーの女性の

お話だそうです。

↓これ 広告だけでも面白いので、ぜひクリックしてみてください。

関連して、ジニ係数、ソドムとゴモラ、デカメロン、「コレラの時代」(マルケス)などなど

知っているべき教養の足りなさを毎度実感させられ、物書きだなどと名乗るのもおこがましい

気がしてきます。

 

そして、昨日は自分が講師になるゼミの再開。

マスクしてしゃべるのめちゃ苦しい!

そして、ここでもまたオンラインでは得られない空気感プラス情報の交換を痛感しました。

受講生の一人に「NARUTO」がいかにすばらしいコミックかということを力説され、

また読んでみたい、読まなきゃ、読んどいた方がいいなと思う本がリストに加わりました。

ボケボケしている時間に教養つけなきゃ。脂肪じゃなくて!

 

2020/06/11

虫歯じゃない歯痛

ここ2週間以上、なんだか左の奥歯が痛かったんです。

ヘッドホンをするようになったからかな?とも思いました。

というのも、いわゆる冷たいものがしみるとか、ズキズキするのとも違う。

なんだか凝ってるみたいな痛みだったので。

思い切り濃厚接触になる歯科医に行くもなあと我慢してきましたが、恐る恐る予約。

人気の歯科医でいつも混んでるのに、すんなり予約完了。

「見たところ問題ないですねえ。レントゲン撮ってみましょう」と先生。

結果。

虫歯じゃありませんでした。

なんと歯を食いしばり過ぎてた!ガーン。

それは何年か前にも指摘されたことがあったけれど、相当重症とのこと。

マウスピースをつくることになりました。あ~あ。

パソコンに向かう時間が長い人に起こりがちの症状らしいですが、起きてる時には

自覚はないです。

早速明日には出来上がるそうなので、試してみましょう。

                 ★

Facebookは月に1回くらいしか覗かないのですが、最近ある勉強会に入ったので、そのお知らせが

FBになるということで久々にログインしました。

基本知らない人からのお友達申請はスルーさせていただいているのですが、ずっとさかのぼって

見ていたら、大分前に亡くなったHさんからの申請がありました。

なんとなく彼のページに飛んでみたら、去年の暮れにお誕生日おめでとうとメッセージを送って

いる人が何人も……。

え……その頃ってもう亡くなってるんじゃ!?

知らないの……?

デジタル遺品という言葉があるように、SNSも本人が亡くなっても、そのままアカウントは

残り続けます。

なんとも妙な気持ちになりました。

 

2020/06/10

空気感

昨日2カ月半ぶりに電車に乗って出掛けました。

有楽町線の座席がすっかりリニューアルされていてびっくり。

2席ずつぐるりと回すことができるようになってる!

そして、駅も電車も以前にくらべるとグッと人が少ない~。

なんだか冬眠からさめたカエルの気分でした。

 

会議では、3カ月ぶりくらいにスタッフと顔合わせ。

ソーシャルディスタンスをとるために、社外の大きなレンタル会議室で。

リモート会議は一度もなく、テキストのやりとりと個別の電話打合せくらいだったので、なんとも新鮮。

やっぱり空気感みたいなものはあるよなあと思いました。

今後は撮影も透明アクリル板を使うなど、安全性に徹底的に配慮されることになります。

恐らくこの先半年以上は続くんじゃないでしょうか。

 

外出自粛になってリモートワークが推奨されるようになり、リモートでも効率が全く変わらないことが

実証された業種もあるようです。

確かに何がなんでも顔突き合わせてやることだけがすべてじゃない。

ただし、大抵の日本の家はリモートワークができるほど広くはないので、家庭内の問題も多く発生してますし

今後は人によって柔軟にできるといいですよね。

私が体験した限りでは、1対1の打合せなら、画面越しでも空気感はそれなりにつたわるのであまり問題なし。

1人が一方的に講義する形(いわゆる学校の授業)ならば、人数はある程度いても大丈夫。

5人くらいまでのやりとりだと、リードする人間が配慮すれば全員の意見を満遍なく聞ける。

オンラインのエクササイズについては、以前書いたように、編集までしたものを見るのが一番わかりやすい。

こっちのやっていることを直してもらうならオンラインで画面越しに。

ただし、ダンスは音楽を使えないし、動けないので全然面白くない笑

いずれにしても、画質はまだまだだし、音声もあまりクリアではないので、テレビ並の画像にならない限りは

空気感を感じられるほどの打合せはできないかと。

 

久しぶりにリアル会議に出てみて、対面することの意味を感じると同時に、往復の時間のもったいなさと

疲労も感じました。

これからまだまだいろんなことが変わっていくでしょうね。

 

2020/06/08

北欧ミステリーが面白い

数年前から北欧ミステリーにはまっています。

↑はデンマークのユッシ・エズラ・オールソンの「特捜部Q」シリーズの最新刊。(といっても出版は2年前ですが)

これはシリーズ7冊目。

映像化も4作目まで出ていて、Amazonプライムでレンタルできます。

ネットのレンタル、手軽でいいんだけど、48時間限定がちょっと面倒くさいです。

北欧ミステリーのおもしろさは、1つには、雄大な自然が背景であること。

小説の場合はややわかりづらいですが、映像化されたものを見るとつくづく思います。

WOWOWでやっていた「凍てつく楽園」シリーズなんかも、スウェーデンの本当に美しい場所で生活している人たち

を見ると、これこそ本当の豊かさでは!?と思ってしまいます。

映画が大ヒットした「ミレニアム」シリーズも今2作目をオーディブルで聴いていますが、夢中になります。

人間模様は、社会的な背景や文化の違いはあれど、普遍的で違和感はありません。

しいていえば、アメリカの科学捜査ものが大好きな私から見れば、警察の捜査がマヌケ過ぎて

やきもきすることでしょうか。

簡単に犯人を取り逃がしたり、被害者の自宅やオフィスを全然調べなかったり(笑)

 

「特捜部Q」シリーズは,いわゆる単純な犯人探しではなく、むしろ犯人や犯行は読者に先に

見せてしまって、主人公がどう真実や解決にたどり着くか?という手法になっています。

なんにせよキャラクターがよくできているというのがおもしろさの基本。

これは東西変わりません。勉強になります。

2020/06/06

サプライズ考

今週放送されたアンビリで私が担当したのは、「結婚14年目になる夫婦がウエディング写真だけの

つもりだった妻に夫がサプライズで結婚式をやった」というものでした。

結婚にまつわるサプライズ、賛否両論あって、うまくいくと今回の放送みたいに最高に幸せなことに

なるのですが、失敗すると結婚どころか破局、なんて話もよく聞きますよねえ。

私もこのネタを聞いた時には、結婚式なんていう一番女性が輝きたいものを夫が勝手に企画して

いいのか?これっていい話?と思ったのですが、よくよく聞いてみると、苦労の連続で結婚式どころでは

なく、ようやく余裕が出てきて、写真だけでも結婚式場で撮るか、となった時、奥様がステキな式場ねと

言った、その一言で決意されたそうです。

そして、もし本人に結婚式やろうと言っても、絶対に拒否するのがわかっていた、ということでした。

で、奥様を祝福してくれる友達や親戚を中心に集まってもらった、ということなんですね。

もちろん親しいご家族やご友人がいてサポートはバッチリ。

それに、一番問題になる衣装も撮影前提でご本人が選んだものなのでノープロブレム!

結果的にご本人が自分で企画してもこうなっただろうという結婚式ができたわけです。

インタビューで奥様が語ってくれたように、「サプライズは決してお勧めではないけど、信頼関係が

あればこそ」というのは本当だと思います。

 

今回組んだディレクターはまだ若くて独身なので、「間違っても自分の好みで指輪買ってきてプロポーズ

とかダメだからね」とよーく言い聞かせました笑

もしやりたいなら、ダイヤだけ先に選んで石でプロポーズするか、仮留めした指輪をつくってやるか。

その後、彼女が好きなデザインに仕立てればいいわけです。

あとフラッシュモブのサプライズプロポーズなんかも、彼女がドン引きってよく聞きますよね。

相手を喜ばせたいというのがサプライズの根本ですが、気持ちがあるのに空回りするのは悲しい。

そして、相手のことを本当によくわかっている人がやると、今回ご紹介したご夫婦みたいにステキな

サプライズができるのだと思います。

2020/06/05

財布レス キャッシュレス

昨夜の放送、観てくださった方ありがとうございました。

 

最後に電車に乗ったのは、3月27日なのですが、さすがに来週からは対面での仕事も始まり

3回ほど電車に乗って出掛ける予定です。

なんか緊張するなあ。

会社勤務の人はとっくに満員電車を経験しているので、そんなこと言ってられませんが。

 

最近は財布を持つ必要がなくなったので、思い切ってカード1枚とスマホだけで外出してます。

先日の小さなカフェでもキャッシュレスOKだったんで、きっと大丈夫!と。

ほとんどライフワークとなっているダイエットですが、今は特にトレーナーについてみてもらい、

食べたものも申告しているので、極力スイーツに近寄らないためには、スーパーに行く回数を減らすのが

なによりです。

マイブームのぬか漬けにするために、欲しいのはキュウリ!

でも、キュウリだけ買って店を出られる自信がない!

こういうことだけ胸を張って言ってどーする!?ですが、そんな意思力があったら、とっくに痩せてます。

(開き直り)

昨日美容院へ行ったのですが、いつもと違う道を通ったら、若い女の子がやっている八百屋が!

キュウリもあるじゃありませんか!

若い子ならきっと導入しているはず!と思って聞いてみたら、まさかの現金オンリー。

「まだなんですよ~」とすごく悔しそうに言ってくれました。

「ごめんねー。今度お財布持ってくるね~」と謝ってキュウリはあきらめ、帰ってナスを漬けました。(なんだそりゃ)

 

2020/06/03

明日の放送

明日6月4日(木曜)19時57分~フジテレビ

「奇跡体験!アンビリバボー」

番組紹介には出てませんが、後半の感動のコーナー書きました。

あるカップルのお話。

外出自粛期間だったゆえに、打合せは電話とメールオンリー、再現ドラマの撮影はできず、

その他もろもろ制約だらけの中での構成です。

それでも、このご夫婦の愛情物語のすばらしさに変わりはありません。

どうぞご覧ください。

2020/06/02

発酵生活

東京アラートなるものが発令されたようです。

具体的に何がどう変わるんでしょうか。

結局のところパンデミックは、ワクチンと特効薬ができるまでは、封じ込めるしかないというのが

最近読んだ「首都感染」でも描かれていたことでした。

小説では、めちゃめちゃ早くワクチンと特効薬ができてメデタシメデタシでしたが、現実はそう簡単には

いかないのでしょうね。早く収束してほしいけど……。

Img_0459

 

さて。発酵生活。(薄幸じゃありません)

この飽きっぽい私が、相変わらず甘酒とヨーグルトはつくっています。

つくるというほどのことじゃないから続くんですよね。

甘酒はあたためたミネラルウォーターと米麹を、ヨーグルトは1リットルの牛乳とLGヨーグルト1本

を容器に入れてスイッチ押すだけですから!

最近はぬか漬けを始めました。これ、冷蔵庫でできるというのがうたい文句でそんなにまめにかきまぜなくても

大丈夫。

というか、容器がそんなに大きくないので、1日つけたキュウリやカブを取り出す時にまぜまぜすれば十分。

よく昔から「糟糠の妻」とか「ぬか味噌くさい女」なんて表現がありますが、かいがいしい妻の象徴なんですかね。

確かに若干の独得な匂いはしますが、しみつくなんてことはありませんし、肌がしっとりします。

脱線しますが、20代の頃に見た映画で、もうタイトルも覚えていのですが、年齢トリックのあるストーリーで

首と手に年齢が出てバレてしまう……なんて表現があって、なんとなく昔から手だけは気をつけてます。

といっても、素手で洗い物しない程度ですけどね。

で、ぬか漬け。

まだ何時間つけるとどのくらいになるという加減がわからなくてテキトーなんですが、ちょうどよくつかると

「うまっ!」と感動します。

スーパーで売ってるものは、どうしても添加物が入っているし、妙に甘かったりするので。

糠味噌には、昆布や鷹の爪なんかを投入することでその家庭独得の味をつくっていけばいいらしいです。

その家の主婦の手についた乳酸菌なども菌の発酵に関係するから、家庭によって味が変わってくるみたいです。

調べていたら、手でかきまぜるのが嫌な人のために容器にかきまぜハンドルがついているものまで売ってました。

もう少しいろいろ研究してみようと思います。

 

 

2020/06/01

猫エンゲル係数

猫はテレビに猫が出ているとガン見します。

Img_0424

私の好きな「ネコメンタリー」という番組を見るミー嬢。

 

さてロシアンブルーの老猫リュウが天国に逝って1カ月が経ちました。

ちなみに命日はうちの父と同じ。

もっといえば、祖父とも伯父とも同じです。

なぜか春先ウチの親族(それも男性限定)は天に召される傾向があって、叔父なんかは戦々恐々

としてます。ピンピンしてますけど。

 

で、猫の数が3匹から2匹になったわけですが……

驚いたことがあります。

猫の食費が圧倒的に減った……。

3分の2になるならわかるんですが、半分以下!

どんだけ1人で食ってたんだ!って感じ。

ウエットフードは1日4袋は確実に開けてたから、毎週買い足さないと間に合わないくらいでした。

今若手2匹が残ったのに、ホントに食べないんです。

ウエットは2匹で1袋がやっと。嫌いな味だとかつぶしかけても残す!

いやあびっくり。

確かに老猫向けの高カロリーのいいものを購入してたのが大きいとはいえ、

猫エンゲル係数が大幅ダウンです。

 

あ、ちなみに人間のエンゲル係数も以前に比べたら圧倒的に減りました。

なぜか?

外食しなくなったから。

それと、これはここ数カ月のことではなく、ヘルシオとホットクック導入により

家でつくった方が楽だし体にいいものがおいしく食べられるからです。

これはいわゆるデジタルクッキングってやつですね。

 

2020/05/31

犬も歩けば:カフェ発見

運動不足も甚だしいので、傍から見たら限りなく歩いてるだけに近いジョギングへ。

最近はキャッシュレス決済がどこでもできるようになったので、長財布の必要性もなく、

スマホとデビッドカードを1枚、それと除菌クリーナーだけウエストポーチに入れて出掛けます。

ふだんは駅までの最短距離の道しか使いませんが、散歩がてらなので、気分次第で道を選んで

テクテク……

そうしたら、今日はステキなカフェを発見しました。

Img_0451

Img_0453

住宅地の曲がりくねった小道の奥にひっそりと佇む古民家風のカフェ。

緑いっぱいの庭に囲まれて、たぶん住居だったところを改造したんでしょうね。

すぐ裏は普通に人が住んでいる家屋になってます。

座ってマフィンを注文してからハッとして、「すみません!カード使えますか!?」

大丈夫でした。各種オッケー。

表通りの喧騒がウソのように静かな空間で、近所にこんなところがあるなんて全然

知らなかった。

ボーッとして、Kindleでちょっと読書して、すっかりリフレッシュ。

そして、またテクテク歩いて帰宅。

マフィン食べちゃったから、運動の意味ないけど。

今度はランチかディナーで来てみよう。

外出自粛でもなきゃ絶対に見付けられなかったものをいろいろ発見しています。

あじさいがすっかり色づいて、梅雨入りも間近のようです。

Img_0452

 

 

2020/05/30

ダンスマスク

外に出ない、人に会わないので、すっかり洋服を買わなくなりました。

当然ながらダンス関連の衣装なども購入するどころか、夏のデモのために予約しておいた

ドレスをキャンセルし、返金されました。

徒歩圏内にあって便利だったダンスショップが閉店したり、有名なドレスショップが東京から

撤退したり……さらには、去年まで通っていたダンススタジオが閉鎖になったりと、濃厚接触の

最たるダンスは被害甚大です。

スタジオが再開しても、生まれたばかりの孫がいる方とか、本人が高齢だったりすると、レッスン

はまず来られない。そういう層が中心だった高齢化ダンス界のあり方も変わっていくでしょう。

秋から冬にかけてもパーティーは予定されていますが、第二波を考えるとどうなるかわかりません。

そんな中でも、若手の先生が中心になってネットでオンラインレッスンや普及活動に熱心に

取り組んでいる姿が頼もしいです。

よくレッスン着を購入していたオンラインショップからこんなお知らせが!

Photo_20200530111501

まあステキ!このキラキラ感がいいですね。

使い捨てマスクがまだたくさんあるのと、洗うの面倒くさいので、特に購入の予定

はありませんが、レッスンを再開してから目立ちたい人はいいかも。

2020/05/28

「首都感染」タイムリーすぎる小説

本当はブックレビューは読了してからアップするべきなのですが、この小説は冒頭から
あまりにも「今」に即して、リアル過ぎる描写の連続に早くご紹介したくなりました。

 

刊行されたのは、今から10年前。

 

新型インフルエンザ、中国から発生、航空機乗り入れ制限、帰国者をホテルに隔離する、
PCR検査……などなど、今まさに毎日のように耳にする単語があふれています。

 

私はまだ26%しか読み終わってないのですが(Kindleなので表示が出る)、ドキドキします。
ちなみに本日現在の世界の感染者数は548万人、死亡者35万人。
重症化率は20%弱?
致死率は2%までいってないですよね。
でも、この小説に出てくる新型インフルエンザは、致死率60%なんです。
症状も激烈で、エボラ出血熱並。
こ、こわ過ぎる。。。

 

私が読んでいる冒頭から4分の1では、まだ日本に入ってきたかな、ぐらいのところですが、
この先どうなるのかドキドキします。

 

それにしても、著者の先見の明に感服。

 

海外に行く時などは、その土地が舞台になっている小説を選んでもっていったりしますが、
この作品はまさに今起きていることがリアルで、ページをめくる手(性格には画面をタッチする手ですが)
が止まらなくなります。
興味を持った方はぜひぜひご一読を!

2020/05/26

リアル店舗リオープン

東京都もようやく緊急事態宣言が解除になりました。

今日できっちり2カ月電車に乗っていません。

散歩コースにあるデパートも営業を再開し、本屋に行ってみました。

欲しい本がAmazonにも楽天ブックスにもなかったので、注文がてらと。

あ~やっぱりリアルはワクワクするなあと思いました。

本はいくらでもAmazonで手に入るけど、本物の紙の本が積まれているところにいると

何時間でもいられてしまいそう。(いないけど)

入り口では検温と消毒をされ、まだまだ今までの日常には戻れません。

それでも、店員さんと面と向かって話をできたのはすっごく新鮮でした。

 

ダンス教室は、東京でいうところのステップ2に入らないと再開できないということで

まだレッスンもできません。

ゼミの再開も6月からとは聞いているけど、どうなるのか?

すでに4月入学の講座は中止になりました。

3月で本科を卒業した受講生は研修科に進むことができず、宙ぶらりんな状態で

1人でモチベーションを保って書いていける人だけがコツコツやっているのでしょう。

 

欧米では、強制力を持たない日本の自粛要請、高齢化、過密な満員電車にも関わらず

死者が少ないことが不思議がられてますが、そこは文化の違いじゃないかと思います。

ハグ・握手をしない、「外から帰ったらおやつの前には手を洗う」と子供の頃から刷り込まれて

いること、マスクをすることはごく当たり前……などなど。

ちょっと前までは、海外に行ったらマスクをしているとヘンな病気を持っていると思われるから

やめた方がいいと言われ、乾燥防止のために往復の飛行機の中、それも離陸してしばらくしてから

マスクをしていましたが、今後は晴れて早めに着用できます。

 

あ。アベノマスク、我が家にもようやく届きました。

街中ではたくさん売られているし、洗うの面倒くさいからいらないので、どこか寄付できるところが

あれば寄付したいと思います。

2020/05/23

4Kがやってきた

巣ごもりの日々が始まって、日常生活のあれこれをいろいろ改善しています。

ダンスの発表会が中止になった分、いろいろ欲しかったものが購入できてしまうというか……。

(↑貯金しろ)

私の場合、何かが欲しい!と思った時、レビューをあれこれ調べている時間が一番

楽しいみたいです。実際に商品が届いた後より。

旅行の計画にワクワクする、みたいな感じですね。

最近キヨブタ(清水の舞台から飛び下りる)したモノは----

・イヤホン(Air Pods pro)

・ヘッドホン(Sony WH-1000XM3)

このふたつはノイズキャンセリングで、たぶんソニーのは今出ている中で最高のモノ。

ヘッドホンをつけると本当にスッと雑音が消えます。

エアコンの音、パソコンのモーター音、加湿器の音、キーボードの音……などなど。

完全に無音になるわけではないですが、限りなく遠くに聞こえる感じ。

集中するにはベストの環境がつくれます。

 

そして!テレビ!

東芝レグザ

ついに買ってしまいました!\(^o^)/

もともと映像のカメラマンさんに東芝がいいよと言われてレグザを使っていたのですが、

今回どうしてもつけたかったのが、タイムシフト機能。

NHKと民放6チャンネルが24時間(時間は選べるので私は朝6時~深夜3時)勝手に録画してくれるのです。

これでOAが終わった後で話題になった番組や録画し忘れた番組にもアクセスできるし、

録画するほどじゃないけど、バラエティーの1コーナーだけ観たいものなんかも思い立った時に

見られます。

HDDの容量次第ですが、4Tで大体丸4日分くらい録画できて、古いものから上書きされます。

 

そして、今回4Kになったことで驚いたのが、その鮮明さ。

今までアメリカ映画の女優さんたちを「なんて美しいんだ!」と思っていたのが、新しいテレビで見たら、

「え?こんなにシミとシワあったんだ……」←何サマ……

鮮明な画面は容赦なく事実を見せつけてきます。

あ、ちなみに今まで42インチだったものを55インチにしたので、画面の大きさもあるのかもですが。

リモコンにもYou TubeやNetflix、ひかりTVなどなどが標準装備され、11年ぶりの新製品に驚くばかりです。

ますます引きこもり生活が快適になって、いいんだか悪いんだかです。

 

2020/05/22

トレンド入り

昨日番組を見てくださった方、ありがとうございました。

普及している「アレ」ということで、ラテ欄でも商品名は出さなかったのですが、

結構みなさんすぐにわかったようです。(当たり前か)

今日は〇〇の誕生秘話を放送します!というのと、普及しているアレ!実は……

二通りあるかと思いますが、アンビリは後者ですね。

G-SHOCK(カシオ)とQRコード(デンソーウェーブ)の2ネタお届けしました。

驚いたことに放送直後からG-SHOCKがトレンド入りして、番組を見てない人も皆さん

マイコレクションをたくさんアップしてましたね。

それだけ愛されている時計だということでしょう。

 

今回はコロナの影響で、再現ドラマはギリギリ収録できたものの、

企業訪問ができなかったのは残念。

それでも、新作が出せただけですごいといわれるというのが、ホントに異常事態そのものなんだと

感じます。

再来週も私の担当回ですが、これも新作。

ただし、ここら辺までくるともう再現ロケもインタビューロケもできずです。

もちろん台本書きも打合せは電話で、あとはリモートワーク。

これはあんまり変わりませんが。

再放送続きで温故知新なテレビ番組表ですが、今こそエンタテイメントの役目を果たしたいですね。

«今夜の放送